top of page

私たちは神様の驚くべき愛と喜びと平和のために喜んで神様を賛美しています。

PAZキリスト宣教団(通称名・登戸エクレシアキリスト教会)は、1988年4月、現代表役員のティモシー・ポール・ヒューバー(以下ティム・ヒューバーと言います)牧師によって創立されました。

ティム・ヒューバー牧師は、アメリカ人で幼少の頃宣教師であった両親とともにブラジルに移り住み、主に、ブラジルのアマゾンで育ちました。

両親と同じように宣教師となったティム・ヒューバー牧師は日本宣教の招命を受け、川崎市登戸の自宅(二間の賃貸アパート)でコタツを囲みながら英語による聖書勉強を始めたことが日本宣教の第一歩となりました。

登戸エクレシアキリスト教会としての最初の賛美集会は、1989年9月、彼のアパートで行われ、参加者数は牧師を含め僅か6人でしたが、その後、登戸エクレシアキリスト教会は神様の祝福によって発展し、信徒は100名を超えるようになり、2009年8月川崎市登戸3209番地に念願の教会不動産を購入。


2010年1月より新会堂で集会が開かれています。

私たちは、聖書は誤りがなく、絶対確実な神の御言葉であるという信条に基づく福音派の教会です。


私たちの救いは、イエス・キリストを通して実現されます。
イエス・キリストは私たちの罪のために十字架上で死なれ、死からよみがえられた、永遠の勝利者です。


私たちのルーツはアメリカ合衆国にあるApostolic Christian Church にあり、PAZ Japan宣教団体はプロジェクト・アマゾン(Project AmaZon)が拡張したものです。


プロジェクト・アマゾンはブラジル北部にある宗派を超えた開拓教会の使命を担っています。(「PAZ」とはポルトガル語で「平和」という意味です。)
https://pazinternational.org/

1997年に、ティム・ヒューバー牧師は、アマゾンで宣教師として働いていたクリスティーンと結婚しました。


さまざまな献身的スタッフと共に、神様の愛と救いを地域社会と分かち合い、最終的には日本中また世界中に広げることを目指しています。


主イエスが聖書を通して教えられたように、霊的・社会的・物理的に人々の必要に応じて手助けできたらと思っています。
イエスは私たちにまず第一に神を愛し、それからイエスが私たちを愛してくださったようにお互いに愛し合うようにと教えられました。

千葉にある船橋エクレシア・キリスト教会(http://www.ekklesia-funabashi.org/)は、2001年に発足しました。現在の主任牧師は、ティム・ヒューバーです。


私たちは現在日本の他の地域でも教会を始めており、また他の国々の宣教活動も支援しています。

PAZ宣教団体組織図.jpg
PAZ宣教団体組織図②.jpg
bottom of page