「ヨセフの夢」聖書箇所:創世記37章

今週から三週連続で旧約聖書の創世記からヨセフの生涯について語ります。
ヨセフの生涯から信仰を学びましょう。

【ヨセフの見た夢】

「あるとき、ヨセフは夢を見て、それを兄たちに告げた。5節」

ヨセフは夢を見ました。その夢は彼の人生に対して神が描いておられる偉大な計 画でした。神は夢を通して私たちに語り、偉大なご計画を示されること があり ます。

あなたは夢を見ていますか?神からの夢を見ていますか?

夢、いろいろな夢があります。寝ているときに見る夢も、すぐに忘れてしまう夢 もあれば、ずっと忘れられない不思議な夢もあります。また小さいころ から胸 にしまっている願望、希望なども夢と呼びます。

夢には不思議な力があります。夢には人を動かし、変化させ、成長させる力があ ります。
また夢の実現に向かって生きる人には喜びがあります!夢が実現することにまさ る喜びはありません。私たちにとって夢はなくてはならないものです。

あなたはどんな夢を見ていますか?

夢で思い出すのはディズニーランドです。めったに行きませんが、ディズニーラ ンドの中はいつも清潔でごみ一つ落ちてません。専門のスタッフが一生 懸命に ゴミ拾いをしているからです。ところが彼らはゴミを拾っているのではないそう です。「お客様の夢のカケラを拾い集めている」そうです!

ディズニーランドはウォルト・ディズニーの情熱によって建てられたものです が、彼は残念ながらディズニーランドの完成を見ずに亡くなったそうで す。さ ぞかし残念だったでしょうが、ある人は「ウォルト・ディズニーはディズニーラ ンドが完成する前に既に夢の中にその完成された姿を見ていた」 と言います。 その通りだと思います。夢は現実を変え、無から有を作り出す創造の力があります。
多くの人がウォルト・ディズニーの見た夢を楽しむためにランドに訪れています。

天の父なる神も、夢を描くお方です!
私たちが手にしている聖書、聖書には神の描いた夢が貫かれています。
そして神はご自身の夢を実現するために、私たち一人一人を呼び集めて下さった のです!

「神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あな たがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。その日、 わたし のしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると、彼らは預言する。」 使徒の働き2章17.18節

神の霊を受ける者は、全て神の夢の実現に向けて選ばれた者です!
神の聖霊があなたに臨むと、ある者は神の夢を語り、夢を見、幻をみるのです。

あなたは神の夢をともに見ていますか?全人類を救い、全世界を再び神の国に回 復する偉大な神の夢、神の計画をあなたは語り、夢に見、幻を見ていま すか?

聖霊と神のことばを心から求めましょう!夢には力があり、夢に生きる者には喜 びがあるように、神の夢に生きる者にも力があり、喜びがあります!

まだ神の夢を見ていない方、神に夢を求めましょう!神の偉大なご計画を聖書の 中に確かに見て、そして自分に委ねられている部分を明確に夢、幻とし て見せ ていただきましょう。ヨセフのように、神からの夢を語る者となってください!

【夢見る者への試練】

「あるとき、ヨセフは夢を見て、それを兄たちに告げた。すると彼らは、ますま す彼を憎むようになった。」5節

神からの夢を見たヨセフは喜びのあまり、兄弟たちに、両親に夢を語りました。
すると予想外の反応が起きました。兄弟たちからさらに憎まれるようになったの です!

ヨセフは父ヤコブの偏愛によって、兄弟からねたまれていました。
一人だけ良い服を買い与えられ、特別に可愛がられていたのです。
ヨセフは兄弟たちの憎しみから穴に投げ込まれ、奴隷として売られるのですが、 その本当の原因は何でしょうか?父に特別に可愛がられていたことで しょうか。

「彼らは互いに言った。『見ろ。あの夢見る者がやって来る。今こそ彼を殺し、 どこかの穴に投げ込んで、悪い獣が食い殺したと言おう。そして、あれ の夢が どうなるかを見ようではないか。」19.20節

兄弟たちがヨセフを殺したいほどに憎んでいた理由、それは彼が見た夢にありま した。
ヨセフが見た神の夢の故に、ヨセフは兄弟たちから殺されるほど憎まれたのです。

神がご自身の夢を分かち合う者には、試練が訪れます!
神の夢を背負う者として相応しく、神がその者を鍛え、整えるためです。

夢には二つあります。この夢は霊的な夢です。霊的な夢は一度見ると忘れません。
夢として見る人もいれば、情熱や強い願望として与えられる人もいます。
そのことをずっと考え続けることが出来る、寝ても覚めても忘れられない思いが あるなら、それは霊的な夢、幻と言えるでしょう。

二つある夢とは、一つは神からくる夢です。ヨセフが見た夢は神からのものでした。
もう一つは神ならざる者からくる夢です。霊的な夢はどちらも力があります。
神からの夢は永遠のいのちへとその人を導き、その人だけでなく多くの人がその 影響を受けます。しかし神ならざる者からくる夢は人を破滅へと導きま す。
しかし、どちらも力があります。

天の父は私たちに大切な夢を託そうとされます。神の夢を担う者になってほし い、その実現に自らを捧げてほしいと願っています。
しかし悪魔・サタンは神の夢を妨げ、妨害し、自分の破滅的な夢を私たちに押し 付けようと私たちを誘惑してきます。

「今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々と その栄華を見せて、言った。『もしひれ伏して私を拝むなら、これを全 部あな たに差し上げましょう。』イエスは言われた。『引き下がれ、サタン。「あなた の神である主を拝み、主にだけ仕えよ。」と書いてある。』」マ タイ福音書4章 8-10節

悪魔は大胆にも神の御子イエスさまをも誘惑します。それも全世界の国々とその 栄華を見せてです。悪魔の力で幻・夢を見せたのです!目から入る情報 は強力 です。
父から与えられた十字架による救いの夢を捨てさせようと主を誘惑したのです。
イエスさまは不動の神のことばによって悪魔の惑わしの夢を退けました。

神の夢を担う者は試練が訪れます! 神のことばが私たちを誘惑に気付かせ、守 ります。信仰の失格者、夢を捨てたものとならないためにも、神のこと ばを心 に蓄えましょう。

しかし、試練は決して私たちを滅ぼすために来るのではありません。
神は耐えることのできない試練は与えないと約束されています。第一コリント10 章13節試練は私たちを霊的に鍛え、神の働きに相応しい者に整える ためにあり ます。

「そして、あなたがたに向かって子どもに対するように語られたこの勧めを忘れ ています。『わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。主に責め られて 弱り果ててはならない。
主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるから である。』
訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるので す。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。もしあなたがた が、だ れでも受ける懲らしめを受けていないとすれば、私生子であって、ほんとうの子 ではないのです。さらにまた、私たちには肉の父がいて、私たち を懲らしめた のですが、しかも私たちは彼らを敬ったのであれば、なおさらのこと、私たちは すべての霊の父に服従して生きるべきではないでしょう か。なぜなら、肉の父 親は、短い期間、自分が良いと思うままに私たちを懲らしめるのですが、霊の父 は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さに あずからせようとして、懲ら しめるのです。すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえっ て悲しく思われるものですが、後になる と、これによって訓練された人々に平 安な義の実を結ばせます。」へブル人への手紙12章5-11節

信仰の道を歩むことで試練を受けている兄弟姉妹のみなさん、あなたが歩んでい る道は決して間違ってはいません!周囲の理解を得られず、時に孤独を 味わう かもしれませんが、しかし、その道はいのちへの道です!自分だけでなく、多く の人にキリストの救いを伝えるため、いのちを伝えるため、その 器に相応しく 整えられるための大切な訓練です。
神が用いられるすべての器が通った道です。

天の父の完全な守りと助け、導きがあることを覚えましょう!
私たちの救い主イエスさまも、同じ道を歩まれました。ヨセフも歩んだ道です。

【詩編105編】

 105:16 こうして主はききんを地の上に招き、パンのための棒をことごとく折 られた。
 105:17 主はひとりの人を彼らにさきがけて送られた。ヨセフが奴隷に売られ たのだ。
 105:18 彼らは足かせで、ヨセフの足を悩まし、ヨセフは鉄のかせの中には いった。
 105:19 彼のことばがそのとおりになる時まで、主のことばは彼をためした。
 105:20 王は人をやってヨセフを解放し、国々の民の支配者が、彼を自由にした。
 105:21 王はヨセフを自分の家のかしらとし、自分の全財産の支配者とした。
 105:22 これはヨセフが意のままに王の高官を縛り、王の長老たちに知恵を与 えるためだった。 105:23 イスラエルもエジプトに行き、ヤコブはハムの地に寄 留した。
 105:24 主はその民を大いにふやし、彼らの敵よりも強くされた。

ヨセフが受けた試練は過酷なものでした。
神はなぜ、ここまで過酷な試練を許されたのでしょうか。
兄弟に穴に投げ込まれ、奴隷商人に売り飛ばされたのです。
奴隷に売られることも神が計画したことなのでしょうか?
多くの人は直面する試練の激しさの故に、神さまのご性質を疑う時があります。
ヨセフが奴隷として売られることは決して神の計画ではありませんでした。
神は決して悪をたくらむお方ではないと書いてあります。(ヤコブ1章13節参照)

神は決してヨセフが穴に投げ込まれ、奴隷にされることを計画しませんでした。
しかし兄たちがヨセフに対して企んだ悪を一部、許されたのです。なぜ神は兄た ちの悪だくみを許されたのでしょう。それは悪の計画をも、神の良い計 画、ヤ コブの家族をみな飢えから救い、全人類の祝福となる神の部族をイスラエルを養 う計画に変えるためでした。
神は悪い企みをも良い計画に変えることが出来ます!
御子イエスが十字架上で殺されることを許されたのも、その死を通してすべての 人が信仰による救いを受けるためでした。そして復活の勝利を通して、 死を打 ち破られたのです。

ですから、いまさまざまな試練を受けている兄弟姉妹のみなさん、固く信仰に立 ちましょう。今すぐに試練の意味や目的を知ることは出来ないかもしれ ません が、必ずのちの日になって、神が許された理由が明らかにされます。神を信じ、 災いが祝福に変えられ、死がいのちに飲み込まれるまで信仰に立 ち続けましょう!

詩編の105編を見ると、ヨセフは足かせをはめられ、鉄の枷に入れられたとあり ます。
今まで父親の愛情を独り占めし、何の不自由もなかったヨセフにはさぞ辛い体験 だったと思います。エジプトに連れていかれるまでの期間、苦しみなが らヨセ フは何を考えていたのでしょう。お父さんの愛、懐かしい自分の家・・・そして 自分を苦しめ、穴に放り込み、奴隷に売り飛ばした兄たちのこと でしょう。

本当の試練は肉体の苦しみよりも、精神的なものだったと思います。

肉親に裏切らることほどつらいことはありません。泣いて赦しを乞うても一向に 聞いてくれない兄たち、殺気立ち、憎しみのまなざしを向ける兄弟た ち。
最初はヨセフも兄たちを恨み、家に帰られたら直ぐにでも父に兄たちの悪行を訴 えたでしょう。自分は兄の罪の被害者だと。

しかし、もしヨセフが被害者意識を手放さず、兄たちへの復讐を誓うだけだった ら、彼は決して神の夢を担う者にはなれなかったでしょう。一生、肉体 的にも 精神的にも奴隷のままで一生を空しく終えたことでしょう。
ヨセフは苦しみの中で、憎しみと復習を放棄し、自分の心を勝ち取りました。
信仰の試練は私たちの魂を清めます。

もしあなたが試練を受けているなら、誰のせいでこうなったのかと犯人捜しをし て人を恨むよりも、試練のなかで自分は何を捨て、何を学ぶべきか神に 聞いて みましょう。
あなたを愛するがゆえに、試練を許された神に聞いてみましょう。

神はあなたを、神の夢を実現する者として選ばれました!
聖霊によって、神の夢を受け取りましょう!神からの幻を受け取りましょう。
神の夢に生きるとき、私たちは喜びと力が沸き上がります。