「赦されたしもべのたとえ話」聖書箇所:マタイ18章21-35節

【赦しは人生の大きなテーマ】

人間の苦しみや心の問題の原因が人間関係にあるなら、その最善の解決策は赦し
にあると言えるでしょう。問題のない人間関係、残念ながらそれはどこ にも存
在しません。
なぜなら自分も相手も、ともに不完全な人間だからです。
悪いと知りながら止められない、正しいと分かりながら出来ない、それが私たち
です。
互いに赦しあう、進んで相手を赦すことを学ばなければ、どんな人間関係もいつ
かは破綻する日がやってくるでしょう。

心の幸せ、心の癒しも解放も、隣人との正しい関係の中にあります。
赦すことこそ、人間関係の基盤であり、豊かな関係を築き上げる鍵です。
今日はイエスさまのたとえ話から、赦しについて学びましょう。

【ペテロの限界】

赦しが大切であることは誰でもが分かっていることでしょう。
ペテロも赦しの大切さを知りながら、赦すことの難しさに直面していました。

ある日ペテロにいつも迷惑を掛けている友人がまたも彼を怒らせるような問題を
引き起こしました。皆さんにも、そのような家族や友人、会社の同僚は いませ
んか?

「もう限界だ! 彼を何度今まで赦し、我慢してきたか?数えてみればもう七回
にもなる!これだけ赦し、我慢してきたのだから、もうこのあたりで彼 と関係
を切った方が良いのではないだろうか?もう付き合っていられない!」

「でも!まてよ、イエスさまならどうされるだろう?早速イエスさまに聞いてみ
よう!」

イエスさまならどうされるだろう?イエスさまは何と言われるだろう?
すべての答えをイエスさまの模範に、神のことばである聖書に求めることは素晴
らしいことです。

ただペテロの中には、自分が友人を七度も赦してきたこと、それを誉めてもらい
たい、認めてもらいたいという思いがあったのではないかと思います。
イエスさまも、きっと友人と絶交することを認めてくれる、そこまでよく頑張っ
たと誉めてくれると期待していたのではないでしょうか。

しかし、イエスさまの答えはペテロの予想、期待を大きく裏切るものでした。

「七回を七十倍するまで赦しなさい!」つまり、いつまでも赦し続けなさいとい
う意味です。
ペテロはどれほどイエスさまのことばに驚いたことでしょう。

七回赦すことさえ、私たちには難しいものです。ペテロは良くやったと思います。
私たちは七度どころか、赦すことさえすっかり忘れて怒りに心を奪われる時もあ
ります。
七回を七十倍するまで、問題を起こす隣人、私たちに罪を犯す隣人を私たちは赦
すことが出来るのでしょうか。

【一万タラントの負債を赦されたしもべのたとえ】

驚いて何も言えなくなったペテロに、イエスさまは赦しの秘訣をたとえで伝えら
れました。一万タラントの負債を赦されたしもべの話です。
先週のたとえ話の中にはデナリという額が出てきました。デナリは労働者の一日
の賃金に当たります。ところが今回出てくるタラントは、デナリに比べ ると遥
かに高価です。
なんとデナリの六千倍がタラントになります。デナリを一万円にすると、タラン
トは六千万円、一万タラントは何と六千億円です。普通の人なら決して 返済で
きない金額です。
決して返すことのできない負債、それが一万タラントの意味です。
ところが王は、その負債あるしもべを赦された! 驚くべき赦しです。条件を付
けずに!
これは天の父の心を表しています。そして、イエス・キリストの十字架における
無条件の赦し、キリストの身代わりの死、十字架で流された血潮が私た ちの罪
の負債をすべて帳消しにしたことを表しています。

到底返済できない負債を赦されたしもべの気持ちはどうだったでしょうか?
当然、うれしいに決まっています!
もし赦されなかったら、借金返済のため一生奴隷となって働き続けなければなり
ません。
ところが何の条件も付けずに赦されたのですから!躍り上がるほど嬉しかったで
しょう。

イエスさまが、このたとえを通して教えている赦しの秘訣、赦しの鍵、それは自
分が赦されたことの喜びにあるのです!
自分が途方もない罪の負債を抱えながらも、神に完全に赦され、子供にまでされた!
その喜び、神への感謝、その気持ちが隣人を赦す原動力だと主は教えておられる
のです。

これは決して赦しだけではありません!
神のことばを守り、神を賛美し、礼拝する動機も、ただ神に赦され、愛され、受
け入れられている!この喜び以外にありません。

赦さないと神に罰せられるから赦すのではありません。礼拝しないと、祝福を得
られないから、ご利益を受けられないから礼拝するのでもありません!
すでに完全に赦され、イエスの命がけの愛で愛されているから神を礼拝し、隣人
を愛し、赦すのです。赦しも、愛も自発的でなければ赦しではなくなり ます。
赦さなければならない、愛さなければならない、何かをしなければならないと、
自分の努力や頑張りで神のことばを守ろうとしても限界があります。
ペテロのように七回赦すのが限界でしょう。「○○しなければ!」では愛せない、
赦せないのです。

「宗教はみな同じでしょう」と言われる方がいます。「キリスト教も仏教もイス
ラム教も、宗教なんて、みな同じ教えでしょう」と。そのとおりです! 優れた
宗教はみな愛と赦し、感謝すること、家族を大切にすること、進んで仕えること
を説いています。
その通りです。だから宗教には限界があるのです!

初めから言っているように、私たちは不完全であり、止めなければならないこと
が止められない、すべき正しいことが出来ないものなのです。正しい教 えをい
くら教えてもらっても、分かっているけれど出来ないのです。それが宗教、教え
の限界です。

私は宗教ではなくイエスを伝えているのです!
イエスを歴史的な偉人ではなく、今も生きておられる神として皆さんに紹介して
います。
この方と、個人的な親しい関係を持つこと、あなたのために血を流し、今あもあ
なたのために祈り続けておられるイエスを救い主として、神として、友 として
心にお迎えすることを伝えているのです。

あなたの罪は赦されている!あなたの罪の負債は私が全て支払い、それだけでな
くあなたに必要な一切を私が責任をもって満たすとまで約束してくださ るイエ
スとの関係、それが愛と赦しに私たちを生かさせるのです。

聖書に書かれている、宗教が教えるどんな小さな教えも、私たちは神の愛に押し
出されなければ何一つ守ることはできません。
キリストの愛を知ること、その愛に留まること、やがて聖霊があなたの心に火を
灯し、必ずや愛と赦しの人生に押し出してくださると確信します。
だからいつもキリストを主として友として心に迎え入れ、親しい、深い個人的な
関係を築いてください。それが赦しの原動力です。

【友人を赦さなかったしもべ】

この神の愛と赦しが描かれているたとえ話ですが、後半は残念な結末が描かれて
います。
赦されたしもべが、赦しに生きることをしなかったのです。
あれほどの大きな愛と赦しを受けながらも、たった百デナリの借金を返さなかっ
た友人を赦さなかったばかりに、彼は牢屋に投げ込まれてしまいます。

これは私たちの中にも、赦しと愛に生きることを妨げる罪深い考え、古い価値観
が根強く残っていて、キリストを知る喜びに生きることを妨げてしまう ことを
覚えましょう。
赦されても、愛と赦しに生きることがないなら、私たちは再びキリストを知る以
前の罪の牢獄に閉じ込められてしまいます。
赦さない心、それは私たちの心を暗闇に閉じ込める牢獄のようなものです。
神が私たちを罰して牢獄に、または苦しめるのでは決してありません!
ここは誤解しないで下さい。天の父はあなたを愛して、イエスさまを差し出した
のです!そこまでしてあなたを赦し、自分の養子に受け入れた方が、 たった一
つの間違いであなたを神の国から追放することがあるでしょうか?救いを失うこ
とがあるでしょうか?
絶対にありません!神のあなたへの愛は変わることがありません!

牢獄は神ではなく、私たち自身が自分を縛るために作り出した罪の産物です。
赦さない心、それは怒りであり、憎しみであり、復讐心です。
それらは自らが作り出すものであり、自分を再び罪の奴隷に束縛するものなのです。
赦さない心、怒り、憎しみ、復讐心は私たちの心から喜びを消し去ります。

赦しと愛に生きることを妨げている古い価値観、私たちのうちにはないでしょうか?
イエスさまはパリサイ人や律法学者のパン種に気を付けなさいと言われました。
古いパン種、神の国と異なる価値観を私たちのうちから捨て去ってしまいましょう。

【赦しを妨げている間違った考え】

@赦すことは負けること

赦すことは、相手に負けると勘違いしてはいませんか?
相手を憎み続けることで、復習していると誤解してはいませんか?

赦すことこそ、悪に打ち勝つ最善の道です。
憎しみ、怒りは決して相手を変えることも、伝わることもありません。
憎しみ、怒り、復讐心は燃える火のようで、それを抱えている人の心を滅ぼすの
です。

人を呪わば穴二つです。相手も自分もともに滅びるのです。
復讐によっては喜びや、幸せは手に入りません。復習はさらなる悪を招くだけです。

キリストは進んで赦すことで、自らが救い主であることを世に示されました。
私たちも赦しこそが勝利であり、解決であることをしっかりと知りましょう。

A赦すことは許すことではない。

赦すことは決して隣人の悪を許可することではない。 私たちは隣人の罪深い行
為や考えの犠牲者にとどまっていてはなりません。相手の悪を大目に見 ること
が赦すことではありません。私たちが赦すのは相手の人格であって行為ではない
のです。
B感情で赦そうとする間違い

赦しは感情ではありません!赦しは意思です。 赦せるような気持ちになったら
赦すでは、決して赦せないでしょう。信仰と意思によって赦しを決断す るのです。
気持ちでは赦せなくても良いのです。赦しを選択するとき、必ず神の癒しが臨
み、感情も癒されていきます。時間は掛かるかもしれませんが。

【赦しとは何か:具体的な行動】

@自分がまず神に赦されたことを覚え、神に対する感謝と喜びに生きる。

神の愛に押し出されること、神と生きた関係を持つこと、それが赦しの始まり。

A罪を犯している隣人が、自分の罪に気付き、心から悔い改め、神に立ち返るよ
うに祈る。

B罪を犯している隣人も神の愛の対象であることを認める。

イエスさまが隣人のためにも死なれたこと、愛されていることを認め、その愛に
気付くように祈る。

C自分で復讐すること、怒り、憎しみを放棄すること。

D神の御前に隣人を赦すことを宣言すること。