「人生のゴールデン・ルール」
聖書箇所:マタイ福音書7章7節から27節

今月はマタイ福音書の「山上の説教」から分かち合ってきました。
山上の説教は、幸せな人生、そして自分に与えられた神の使命を果たすための教 えが書かれています。今日はその最終回です。人生のゴールデン・ルー ルを分 かち合います。

【求める者に必ず応えて下さる天の父】

「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかりま す。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれであれ、求める者は受 け、捜 す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。あなたがたも、自分の子がパンを 下さいと言うときに、だれが石を与えるでしょう。また、子が魚 を下さいと言 うのに、だれが蛇を与えるでしょう。
してみると、あなたがたは、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与 えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天におられるあ なたが たの父が、どうして、求める者たちに良いものを下さらないことがありましょ う。」マタイ福音書7章7-11節

先週の箇所でも、私たちの必要は必ず与えられることを分かち合いました。
私たちは偶然、たまたま、今の時代に生きているのではありません。
神は私たちにご自身の使命を与えて、今の時代に、この国に遣わしておられるの です。
神から与えられたそれぞれの使命を果たすために、神は必要をすべて与えてくだ さいます。

大切なことは、必要を満たすために生きるのではなく、神の使命を果たすために 生きることです!神から与えられた人生の目標に気付き、それに向かっ て取り 組むことです。

神の国と神の義、神がそれぞれに与えておられる大切な使命に取り組む者には、 神は必ず必要を満たしてくださいます。

それでは、自分の使命とはいったい何か?何のために自分は生かされているのか?
人生の目標とはいったい何か?という大きな問につながっていくと思います。
それに対して、今日の聖書箇所、イエスさまのことばから確信を得ましょう。

「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかりま す。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれであれ、求める者は受 け、捜 す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。(7,8節)」

先ず第一に自分に与えられた神の使命、人生の目標を求めましょう!明確にしま しょう!
「自分はこの目的のために、今を生きています。これが神から与えられた使命で す」と、確信を持って言えるまで、自分の人生の目標、目的、神からの 使命を 明確にして下さい。
必ずその確信が与えられます。
自分の人生のゴールが明確に分かるなら、確信が持てるなら、誰も人生迷いません。
マラソンも、ゴールがどこにあるのか、今自分がどこを走っているのかが分かっ て初めて勝負することが出来ます。ゴールが分からないマラソン、それ は走っ ていて不安でしょう。どれくらいのペースで走っていいのか分からない。
ゴールは一人ひとり違います。短距離もあれば、マラソンもある。一人ひとり違 います。隣に走っている人と競いあっても意味がありません。
自分のゴールを求め、それを明確にすることが大切です。求めるなら必ず与えら れます。

神は人生の目標を明確にするために、聖書と助け主聖霊を一人ひとりに与えて下 さっています。神のことばを心に豊に蓄え、賛美と祈りを通して聖霊と 深い交 わりの時、黙想の時を持つ時に必ず道は示されます。

【具体的には・・・】

 9:24 競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、 ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるよ うに走り なさい。
 9:25 また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる 冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうす るので す。
 9:26 ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていませ ん。空を打つような拳闘もしてはいません。Tコリント9章24-26節

人生は望むと望まないとに関わらずレースです。
滅びに向かって進む道から、私たちは神の憐れみと恵みによって永遠のいのちへ の道に移されました!私たちはキリストによってすでに勝利者です。
いま走っているのは、多くの実を結ぶためのレースです。その実とはキリストの 心にどれだけ近づくか、キリストにどれだけ似た者になるかのレースで す。

パウロは彼自身がアスリート、競技者だったのか、手紙の中には競走のことばが 出てきます。ただ、だらだらと走っているのではなく、賞を受けられる ように 走りなさいとパウロは勧めています。やたら滅多にパンチを繰り出すのではな く、的確なパンチを繰り出しなさいとボクシングのたとえまで出し ています。

人生の中では、走るべき競技場があります。
学生ならば、進学する学校。大学進学するときには専攻する学科を決めなければ なりません。卒業したら、どの会社に就職するか、何を自分の職業にす るかを 決めなければなりません。社会人になったら社会人としての役割があります。結 婚して家庭を築くのか、独身者として一生、神の家族に仕えるの か?父親の役 割、母親の役割。教会での役割もあります。
 9:26 ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていませ ん。空を打つような拳闘もしてはいません。Tコリント9章24-26節
家庭、職場、あなたが置かれている状況、人間関係に於いて、決勝点はどこにあ るのか?
どのようにキリストの素晴らしさを表し、キリストを生きられるのか?
求め続け、叩き続け、探し続けましょう!必ず見つかります。
その能力と知恵、導きはあなたに与えられています。

また、みなさんがすでに置かれている職場、家庭、親子関係、夫婦関係を神が遣 わした場所と確信を得ることも大切です。新たな夫、新たな妻を求めな いで下 さい!
今置かれている状況を神からの使命として受け取ることが大切です。
そこでしか果たせない使命、役割が必ずあります。
神のみこころでない状況、環境なら必ず神が他の場所へと移してくださいます。

【人生のゴールデン・ルール】

7:12 それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのよう にしなさい。これが律法であり預言者です。

これが人生のゴールデン・ルールです!

あなたが幸いな人生を送るためのゴールデン・ルール!
あなたが人生で多くの実を結び、成功するためのゴールデン・ルールです!

神に与えられた使命に取り組む者には、必要はすべて与えられます。
だから私達は今日、明日の必要については心配しません。
与えられた使命に取り組むことだけが求められています。
どのように神が置かれた状況においてキリストの実を結んでいくのか?
このゴールデン・ルールがその答えです。

自分にしてもらいたいことを、ほかの人に行う!

決して、自分にしてもらいたいことを他の人がしてくれるまで待つのではありま せん。
待っていてもしてくれない時は、脅したり、不平を言ったり、なんとかしてさせ ようとすることではありません。してくれない時に人を恨むことでもあ りません。

自分にしてもらいたいことを、ほかの人に行うことです!これがゴールデン・ ルールです。

教会を失望しながら去って行く殆どの人が口にすることば、それは驚くほどに似 ています。

それは「誰も自分に、○○○○してくれない!」です。

「誰も私のことを理解してくれない!」、「だれも友だちになってくれない!」
「誰も愛してくれない!」・・・、などです。

このことばを聞く時、もっと早くからゴールデン・ルールを分かち合うべきだっ たと思います。

「自分にしてもらいたいことを、ほかの人に行う」ことがゴールデン・ルールな ら、その反対は何でしょうか?人間を不幸にする法則です!

「自分にしてもらいたいことを、他人にさせる。誰がしてくれるまで待つ」
これは不幸になり、貧しくなり、人生を無駄に過ごすためのゴールデン・ルール です。

子どもの時は、親や周りの大人に世話をしてもらう必要がありました。
愛を受ける必要があります。弱さを受け入れてもらうことは大切です。
大人になっても、確かに人間は完璧な人はいません。弱さがあります。
それは謙遜になって分かち合う必要があります。そのために一対一の弟子づくり の関係、互いに祈り合い、励まし合う関係は必要です。これは特別な関 係です。

誰にでも、何かしてくれることを待っていたら、それは成長することを拒絶した 不健康な態度です。霊的な大人になるためには、弱さを分かち合う特別 な関係 を持つとともに、自分から隣人に積極的に愛を示すこと、仕えることを通して成 長するのです。

教会で朝、誰かに出会ったら「あ、あの人挨拶してくれない・・・」と思わず に、自分から大きな声で挨拶しましょう!

教会で親しいと思える人がいないなら、待っているのではなく、あなたが誰かに 親しさを表しましょう!あなたが積極的に友だちになり、理解する人に なりま しょう。

待っていても不幸しかやって来ません!求め、探し、叩き続けること!
自分のして欲しいことをしてくれる人が現れるまで待つのではなく、自分から隣 人の必要を満たすために動きましょう。そこに幸せが訪れるとイエスさ まは教 えています。

イエスさまは、私たちに単純ですが、非常に力のある真理を教えて下さいました。
これらの教えを実行しましょう。原則をよく理解し、自ら行動する人になって下 さい。
クリスチャンになっても、人生には荒波がやって来ます!
荒波がやって来たら、あなたは前進していると思って下さい。
そして波に打ち勝つには、イエスのことばを実践することです!
イエスさまのことばによって試練に打ち勝つごとに、あなたはイエスさまに似る 者に変えられていきます。