「あなたがたは地の塩、世界の光です!」聖書箇所:マタイ5章13-16節

先週に続き、今週もイエスさまの山上の説教からみことばを分かち合います。
山上の説教はクリスチャン・ライフの土台と言える箇所です。
先週は幸いな人生について、今日の直前の箇所から分かち合いました。

今週の箇所はイエスさまの弟子としての地上の使命、役割が正に示されている箇 所です。
地の塩、世の光として生きる!

とても力強い言葉であり、覚えやすいことばです。有名な聖書箇所でもあり、こ のみことばを教育理念として掲げているミッションスクールもありま す。
地の塩、世の光として生きるとはいったい何を意味するのか、明らかにしたいと 思います。

【あなたがたは、地の塩です】

イエスさまはご自身に従う弟子たちに対して「あなたがたは地の塩です」と言わ れました。
イエスさまはいったい何を私たちに伝えようとしているのでしょう。

この箇所の解釈では多くの注解書、説教者が塩の機能を取り上げています。
今の時代、塩は残念ながら嫌われています。減塩が求められています。
塩の取り過ぎは高血圧などを引き起こす原因になるからです。

しかしイエスさまの時代、塩は貴重であり、無くてはならないものでした。
当時は食品を保存する冷蔵庫がありませんでした。
肉でも野菜でも塩漬けにして保存しました。
塩は大切な食品の腐敗を防ぐ防腐剤の働き、調味料としての働き、旧約聖書には 捧げ物に塩を添えることが命じられています。このような礼拝での役割 も塩に はありました。
また生まれたばかりの赤ん坊を塩でこすったことが聖書に書かれているので、医 薬品として、また肌を清潔に保ち、汚れから守る役割もあると考えられ ていた ようです。
ある聖書学者は塩には十一もの機能があると言っています。皆さんは幾つ思いつ きますか。

塩はそのさまざまな機能により、貴重で、無くてはならない存在でした。
イエスさまは弟子の大切な価値、またこの世における役割を塩に例えられたと考 えられています。塩が食品の腐敗を防ぐように、この世の腐敗を防ぎ、 清める 働きが弟子に与えられているのです。

「あなたがたは地の塩である」とイエスさまは言われました。
自分に与えられた役割とはいったい何か、求められている役割とは何かを明確に することは大切なことです。

あなたは地の塩です! あなたの家庭に、地域に、職場に学校に、塩として使わ されています。自分の果たすべき役割、使命はいったい何かをいつも祈 りの中 で覚え、果たしていきましょう。

【塩気を失うな!】

「もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役 にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。」13 節

この箇所でイエスさまは塩が塩気を失ってはならないことを強調されています。
塩が塩気を失ったら、確かに役に立ちません。外に捨てられ、踏みつけられると 言っているのは、この塩はもともと岩塩、大地から取り出されたからで す。私 たちが使っている海の塩、真っ白な塩ではありません。塩気が無くなったらただ の灰色の岩、ただの石です。

私たちクリスチャンも塩気が抜けてしまったら、何の役にも立たないというのです!
外に捨てられ、人々に踏みつけられるだけなのです。
これを失ったらクリスチャンで無くなる、クリスチャンにとっての塩気とはいっ たい何でしょうか。

視点を変えて考えてみたいと思います。
ユダヤ人にとっての塩気とはいったい何でしょうか。彼らも選びの民です。
これが無くなったらユダヤ人で無くなるもの。
それは先ず第一に割礼です。そして律法と安息日を守ることです。
これを失ったらユダヤ人はただの人です。他の人々と何の違いもありません。
しかし、これらを守ることによって、ユダヤ人は二千年近くも祖国を離れながら もユダヤ民族を維持してきたのです。住む国も、話す言葉が変わって も、ユダ ヤ人のままなのです。
これは驚くべきことです。

クリスチャンの塩気とはいったい何でしょうか。これが無くなったらクリスチャ ンではなくなるものとは? ぜひ、ご自分で見つけて欲しいと思いま す。
いったい何が自分をクリスチャン、キリストの弟子としているのだろかと。
これだけは失ってはならないもの。これを失ったらキリストの弟子でなくなるもの。

私がクリスチャンの塩気と確信するものを分かち合いたいと思います。
それは十字架です!  パウロはこのように言っています。

「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするものが 決してあってはなりません。この十字架によって、世界は私に対して十 字架に つけられ、私も世界に対して十字架につけられたのです。」ガラテヤ6章14節
イエスさまもこのように言っています。

「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。ま た、わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしい者ではあ りませ ん。自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者で はありません。自分のいのちを自分のものとした者はそれを失 い、わたしのた めに自分のいのちを失った者は、それを自分のものとします。」マタイ10章37-39節

キリストが十字架を背負われたように、キリストに従う私たちも自分の十字架を 背負わなければキリストに従うことは出来ません!

十字架を負わないキリストの弟子はいないのです。十字架こそがクリスチャンを クリスチャンとする塩気、弟子を弟子とする塩気ではないでしょうか。

十字架を負う生涯とはいったい何でしょうか。イエスさまのことばに正に記され ています。

どんな大切な人間関係よりも、キリストとの関係を優先すること、第一とすること。
自分の栄光、快楽のために生きる生き方を放棄し、キリストの栄光、キリストの 目的のために自分の人生を捧げて生きること、それが十字架の生涯で す。

いったい誰が十字架を背負おうと思うでしょう?いったい誰が好きこのんで自分 を否定してキリストのために生きられるでしょう。この世の中にその理 由を見 つけることは出来ません!
私たちが十字架を負う理由、それはキリストの十字架の中にしか見出すことは出 来ません。

キリストが十字架を背負うことによって、私たちを愛し、私たちを罪から解放し て下さったことを体験しているから、十字架こそ愛と赦し、本当の自由 を与え る生き方であることを知ったのです。だから十字架を背負えるのです。
キリストは十字架で死なれ、しかし永遠のいのちへと復活されたから、私たちも 十字架のなかに希望を見出すのです。

キリストの十字架を知ること、それこそが自分の十字架を背負う原動力です!
あなたは、あなたのために十字架を背負われたイエスを知っていますか。
キリストの十字架はあなたにとって現実ですか。
キリストの十字架を見上げましょう!キリストの十字架があなたの中で現実にな ればなるほど、あなたはキリストの塩気を持つのです。




「あなたがたは世界の光です】

「あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。ま た、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置 きま す。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。このように、あなたがたの光 を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天に おられるあ なたがたの父をあがめるようにしなさい。」マタイ福音書5章14-16節

キリストの弟子には世界を照らす光としての使命が与えられています!
あなたは世界の光です!

私たちはどのようにして、世界を照らす光となるのでしょう。
何かの分野でチャンピオンになること、一番になることを言っているのでしょうか。
そうではありません。私たちが照らす光とはキリストのことを指しています。

「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがな く、いのちの光を持つのです。」ヨハネ8章12節

イエスさまこそ、世を照らす光であり、私たちはその光を受けて暗闇を照らすの です。
具体的には何を意味しているのでしょう?どうすればキリストの光を輝かす者に なるのでしょうか。

「私がキリストを見ならっているように、あなたがたも私を見ならってください。」
第一コリント11章1節

キリストをあらゆる点で見ならうこと、模範とすることでキリストの光を私たち は輝かせるものになるのです。生活のあらゆる点でキリストを見ならう ことです。

WWJDということばがあります。What would Jesus do? の頭文字をとったもので、 「イエスさまだったらどうする?」の意味です。これが大切です。
毎朝起きて、考えます。イエスさまだったらどうするだろう?
家庭で、職場で考えます。イエスさまだったらどうするだろう?
そして、イエスさまならきっとこのようにするだろうと思ったことを実践するこ とです。イエスさまが何をされるかわからない時は、祈り、聖書を読み ましょう。
必ず聖霊さまが導きを与えてくださいます。

人生のあらゆる点で、イエスさまを模範にしましょう。
そのようにして、イエスさまの光を輝かし、人々の模範になりましょう。