「イエスさまが教える本当の幸せA」

【悲しむ者は幸い】

「悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」マタイ5:4

「あなたはイエスさまにあって幸せになります!」回りの人に祝福の挨拶をしま
しょう。

イエスさまは私たちに本当の幸せをもたらすために来られました。
羊がいのちを得、それを豊に持つために来られたのです。
イエスさまにあって、本当の幸せを知りましょう。みことばに従い、幸せになり
ましょう!

しかし、なぜ悲しむ者が幸せなのでしょう。

悲しみは否定的な感情です。
もし悲しみが、慰めを得ずに終わるなら、それは幸せではありません。

慰められなかった悲しみは、やがて怒りに変わり、恨みに変わります。
それは自分も、回りの人をも不幸にし、滅ぼしてしまうでしょう。

どれほど多くの人が過去の辛い出来事を抱えたまま、苦しい人生を歩んでいるで
しょうか。
傷を、痛みを抱えながら生きている。
過去を恨み、傷つけた相手、親や教師、兄弟を憎みながら生きている。
慰めのない悲しみ、苦しみは決して幸いではありません!

悲しみが幸いになのは、イエスさまにあって、必ず慰めを得られるからなのです。

「神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせ
ますが、世の悲しみは死をもたらします。」Uコリ 7:10

天の父の慰めをしっかいと受け取りましょう。それが本当の幸いです!

【慰めと回復のステップ】

誰もが悲しみを抱えています。誰もが苦しい過去を持っています。
私たちはイエスを通して、天の父の慰めをしっかりと受け取りましょう。
心に残った悲しみ、傷は、健全な霊的成長を妨げます。
他人の幸せを心から喜べません。隣人の祝福に生きられる人が成熟したクリス
チャンです。
私たちは約束された父からの慰めがあるのですから、しっかりと慰めを受け取り
ましょう。
天の父から慰めを受け取るためには、必要なステップがあります。

@悲しみ、苦しみを認める。

特に男性は悲しみを認めることをしません。悲しみを認めることは弱いこと、男
性として劣るという間違った文化の影響を受けています。
たとえ認めなくても、悲しみは悲しみです。慰められなかった悲しみは怒りに変
わります。慰めを体験しなかった男性は、心が硬くなり、他者の悲しみ に対し
て心を閉ざします。

悲しみを認めることは大切です。そして、悲しみや弱さを打ち明けられるコミュ
ニティーに参加することも大切です。エクレシアの中で、聖書の文化に よって
支えられた仲間を持つことはとても大切です。

A悲しみ、苦しみを天のお父さんに注ぎ出す。

悲しみ、辛さを表すことが大切です。それを批判せずに聞いてくれる存在が必要
です。
優秀なカウンセラーが必要です。そして天の父に勝るカウンセラーはおられません!
私たちを愛し、私たちの罪深さ、弱さを知っている上で、私たちをご自分の子ど
もにして下さったのです。イエスさまという大変な値を払って、私たち をご自
分の子にされたのです!天の父に、痛み、辛さをすべて注ぎ出して告白しましょう。

※どうやって良いのか分からないという方、牧師に相談して下さい。一緒に祈り
ましょう。

注ぎ出しは、心にあるマイナス感情を吐き出すことです。
心がスッキリするまで、辛い思い、痛み、悲しみを吐き出しましょう。

B神の視点から悲しみを見る。

悲しみ、辛さを自分の視点からだけ見るなら、それは悲劇であり、自分は被害者
です。
悲しみ、辛さをしっかりと吐き出した後は、自分の視点から離れて問題を見るこ
とが大切です。神の視点に立って自分の問題を見ることが、被害者意識 の泥沼
から私たちを開放させます。

(1)悲しみと、苦しみの中にも神の完全な守りがあった。

どんな苦しみ、辛い出来事の中にも、神の完全な守りがあったことを覚えましょう。

ヨブは辛い試練を通りました。彼は家族を失い、財産を失いました。そして健康
さえも失いました。しかし、そのすべての試練の中でも神の守りは完全 に働い
ていました。

ペテロも試みを受け、イエスさまを否定する大きな失敗をします。
彼は選ばれた弟子でしたが、信仰を失う危機的な状況でした。
しかし、その中にも神さまの守りは完全に働いていました。

「シモン、シモン。見なさい。サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけ
ることを願って聞き届けられました。しかし、わたしは、あなたの信仰 がなく
ならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、
兄弟たちを力づけてやりなさい。」ルカ 22:31.32

「キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからで
す。」ヘブル7:25

(2)悲しみ、苦しみの意味を見出す。

「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。私はそれであなたのおき
てを学びました。」詩 119:71

「あなたがたのあった試練はみな人の知らないようなものではありません。神は
真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会 わせる
ようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練ととも
に、脱出の道も備えてくださいます。」Tコリ 10:13

C自分の体験を証しする。

「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうし
て、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみ の中
にいる人をも慰めることができるのです。それは、私たちにキリストの苦難があ
ふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているから です。もし
私たちが苦しみに会うなら、それはあなたがたの慰めと救いのためです。もし私
たちが慰めを受けるなら、それもあなたがたの慰めのため で、その慰めは、私
たちが受けている苦難と同じ苦難に耐え抜く力をあなたがたに与えるのです。」
第二コリント1:4-6