「聖書で学ぶ霊的戦い@」

聖書箇所:マタイ4章1−11節

「さて、イエスは、悪魔の試みを受けるため、御霊に導かれて荒野に上って行か
れた。
 そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられた。すると、試みる者
が近づいて来て言った。『あなたが神の子なら、この石がパンになるよ うに、
命じなさい。』
 イエスは答えて言われた。『「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から
出る一つ一つのことばによる。」と書いてある。』」マタイ福音書4章 1−4節

全人類を救う働きを初められたイエスさまが、まずされた働きは悪魔の試みを受
けることでした。人類が罪の束縛を受ける切っ掛けが、アダムとエバが 悪魔の
誘惑に負けたからでした。悪魔の誘惑に勝利することなしに、人類を悪魔と罪の
滅びから救い出すことはできません。

イエス・キリストは私たちの救い主であるとともに、私たちの信仰の模範でもあ
ります。
イエスさまを誘惑した悪魔は、今日も私たちを同じ方法で誘惑してきます。
この聖書箇所から、誘惑の本質を見抜き、主イエスの模範に従い勝利を得ましょう。

まず、クリスチャンが悪魔について知らなければならないことを分かち合います。

@悪魔は存在し、あなたを試みる。

キリスト教会の中でも、悪魔に対してさまざまな考えがあります。
悪魔は存在せず、人の心の中にある悪い考えを擬人化したと考える神学者もいます。
また悪魔の存在を否定はしないが、説教や信仰の学びで取り上げない教会もあり
ます。
またその反対に、悪魔を極端に強調し、体の不調から、蚊に刺されることすら悪
魔のせいにする教会もあります。

私たちエクレシアは決して極端に走ること無く、聖書が教える範囲内で理解した
いと思います。聖書が教えていることを無視したり、それ以上のことを 言うこ
とは健全ではありません。そして聖書はハッキリと悪魔・サタンは存在すると教
えています。
悪魔・サタンはアダムとエバを誘惑し、堕落に導きました。
悪魔・サタンは神の御子イエスをも誘惑し、救いの働きを阻止しようとしました。

悪魔・サタンは必ずあなたをも試みます!

A悪魔があなたを試みる目的は、あなたを神から遠ざけ、実を結ばない者にする
ためです。

「盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。
わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためで す。」ヨハ
ネ10:10

悪魔・サタンは決してあなたに良いことをしません!
悪魔・サタンは必ず神の御心に反することをあなたに提案し、そうするように勧
めます。あなたを罪の奴隷のままに留め、平安と喜びを奪い、実を結ば ない者
にするためです。

B主イエス・キリストは悪魔・サタンに完全に勝利された。

「わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあっ
て平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。 しか
し、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」ヨハネ 16:33

イエスさまは十字架に付けられる前、「すでに世に勝った」と悪魔・サタンに対
する勝利を宣言されました。そして十字架の死と復活を通して、勝利を 証明さ
れました。
世に勝利された主イエス・キリストが心の中に住んで下さり、主イエスの信仰に
従う者は誰でも悪魔・サタンに勝利するのです。悪魔・サタンを恐れる 必要は
ありません!

私たちが悪魔・サタンに対して勝利するには、主イエスを信じ受け入れること、
そして主イエスを信仰の模範として、その歩みに従うことです。

まだイエスさまを信じていない人はあなたの罪のために身代わりに十字架を背負
い、死んだ後に復活されたイエスさまを救い主として心に迎え入れて下 さい。
心で信じ、口でイエスは私の救い主であり、神であると告白するだけで救われます。
そして聖書を読み、神のことばとイエスの模範に従うのです。

あなたは必ず聖霊に満たされ、悪魔・サタンに勝利し、キリストの復活のいのち
に満たされ、神の平安を体験するでしょう。

【人を生かすものは神のことば】

「そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられた。すると、試みる者
が近づいて来て言った。『あなたが神の子なら、この石がパンになるよ うに、
命じなさい。』イエスは答えて言われた。『「人はパンだけで生きるのではな
く、神の口から出る一つ一つのことばによる。」と書いてあ る。』」マタイ4
章2-4節

悪魔・サタンは人を破滅に導くプロフェッショナルです。専門家です。
人間が罪を犯しやすい時を良く知っています。

満たされない欲求を抱えている時が一番誘惑しやすい時のようです。
イエスさまは、ここでは空腹という欲求がありました。食欲です。
しかし食欲は決して罪でも悪でもありません。人間には自然なものです。
性欲も自然なものです。もし性欲がなかったら、次の世代を生み出すことはでき
ません。性欲自体を悪く考える傾向がキリスト教会にはあります。しか し、こ
れは偽善です。
性欲自体をなくそうとするなら、不健全で非聖書的な信仰になります。

自然な欲求を不健全な信仰で抑圧すると、必ずどこかで爆発します。
食欲も性欲も自然なものであり、これを無くすことは出来ないのです。
ただし不健全な食欲や、不健全な性欲は別の問題です。これには癒しが必要です。

欲求そのものは自然であり、満たされる必用があるのですが、その欲求をどのよ
うに満たすのか?これが問題なのです!

神の喜ばれる方法で欲求を満たすのか、それとも悪魔・サタンが提案する方法で
欲求を満たすのか?これが問題なのです。

アダムとエバも神のようになりたいという向上心がありました。成長、また自己
実現の欲求があったのです。罪を犯す前の欲求ですから、当然、この欲 求は良
いものです。
しかし、アダムとエバはその欲求を満たすために、神さまと親しい関係を保ち、
関係を深めるという正しい方法ではなく、悪魔・サタンの提案した善悪 の知識
の木の実を盗み食いする手段を取ったのです。これが彼らの罪でした。

イエスさまが空腹を覚えられた時、それも四十日四十夜の断食の後の空腹です。
直ぐにもお腹を満たさなければ命の危険がある状態です。
悪魔は石をパンに変えて、直ぐに空腹を満たしなさいと提案したのです。
悪魔はイエスさまが持っている奇跡の力を使って、自分の空腹を直ぐに満たすよ
うに提案したのです。イエスさまが持っている奇跡の力を持ってすれば 石をパ
ンに変えることぐらいは簡単に出来ることでした。
しかし奇跡は食欲を満たすためにあるのではなく、父なる神の栄光を表すための
ものです。
食欲は正しい手段で得た食物によって満たすのが正しい方法なのです。
悪魔・サタンはここを誘惑してきたのです。

イエスさまが自分の欲求を満たすために、天の父の御心に従うか、それとも自分
勝手に、本来は父の栄光を表すための奇跡を用いいるのか。

イエスさまは「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのこ
とばによる」と申命記8章3節のみことばでサタンの誘惑を退けられま した。

これは神の民には神の備えた天からの食物があるという意味です。
石をパンに変えるような奇跡を乱用して食欲を満たすインチキなどしなくても、
天の父は必ず必要を満たしてくださるとの信仰を表明されたのです。

イエスさまの模範から学ぶべきポイントを整理したいと思います。

@欲求そのものは決して罪ではない。

食欲、性欲、自己実現の欲求・・・それらは決して罪ではなく、大切な物です。

A悪魔・サタンは欲求を神の喜ばれる方法ではない方法で満たすように誘惑する。

神の喜ばれる方法で欲求を満たすことは、喜びと平安、成長と命をもたらします。
しかし神の喜ばれない方法で欲求を満たすなら、神との関係は妨げられ、神の命
から遠ざかることになります。欲求は満たされても、霊的な命は決して 満たさ
れません。

悪魔はこのことを通して、神と私たちの関係を壊そうとするのです。
聖書は神との関係が壊れている状態を霊的な死と呼びます。

Bイエスさまは神のことばによって、悪魔・サタンの誘惑に勝利した。

イエスさまは神のことば、聖書のことばを引用することで悪魔・サタンに勝利し
ました。
しかし何か呪文を唱えるように、聖書の言葉を口にするなら悪魔が恐れて出てい
くのではありません。オカルト映画ではありません。

大切なのは、聖書の言葉に従って自分が生きることです。

聖書を良く読み、良く学んで、私たちの父なる神が何を喜び、何を悲しまれるの
かを知ることです。聖書を通して天のお父さんの心に近づくことです。
これは言葉を変えると、聖書から大切な原則を学び、優先順位を学ぶことです。

聖書が教える原則、優先順位を知り、それにしたがって生きることが悪魔に勝利
し、神に近づくための秘訣なのです。私たちは聖書を私たちの実際の生 活に適
用できできる原則、優先順位を学び、行うために読まなければなりません。悪
魔・サタンは私たちが実際の生活で起こる様々な選択において、神 の願いでは
ない選択をさせようとするのです。

私たちが自分の生活に適用できる聖書の原則、優先順位が分からなければ、何が
悪魔の誘惑なのかも分からないでしょう。

人生において最も大切な、人生の目的、自分の価値、また結婚、就職、お金の使
い方について、聖書は大切な原則を私たちに教えています。神の願いを 聖書を
通して私たちは知ることが出来るのです。

今日、悪魔・サタンの最大の誘惑は神の民を聖書から遠ざけることです。
また聖書の学びを、実生活に適用するための原則、優先順位を学び、み言葉を行
うことから遠ざけ、ただの知的満足、実を結ばない議論で終わらせるこ とです。

行いの伴わない聖書知識に、悪魔を打ち破る力はありません。
聖書を神の言葉、神の原則、優先順位の書と信じ、み言葉を行う者が悪魔を退
け、実を結ぶのです。イエスさまの模範に従いましょう。