「神の愛があなたを取り囲んでいる」

聖書箇所:詩篇139編から

【あなたがたの内なる人が強められますように】

「どうか父が、その栄光の豊かさに従い、御霊により、力をもって、あなたがた
の内なる人を強くしてくださいますように。」エペソ3:16

パウロはエペソの手紙で「あなたがたの内なる人が強められるように」と祈って
います。
内なる人が弱い時、自分に自信が持てなくなり、不安や孤独を覚えるようになり
ます。
内なる人が弱いならば、否定的な言葉や思いに心が負けてしまい、問題を乗り越
える力がありません。

私たちの内なる人、心と霊が強められる大切さをパウロは良く知っていました。
私たちが幸せになり、教会を通してキリストの素晴らしさを表すには、まずクリ
スチャン一人ひとりの内面が強められなければならないことをパウロは 良く
知っていたのです。
パウロは16節に続き、このように祈っています。

「人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。こうして、
神ご自身の満ち満ちたさまにまで、あなたがたが満たされますよう に。」エペ
ソ3:19

人知をはるかに超えたキリストの愛を知ること、これこそがあなたの心を満た
し、キリストに似た者へと成長させるのです。

キリストの愛を知るとき、私たちの内なる人は慰められ、励まされ、満たされます。
キリストの愛を知るとき、内なる人は強められ、キリストに似た者へと変えられ
ます。

努力や頑張りで内なる人を強めることは出来ません。
無理すれば無理するほど、心は疲れ果て、力を失います。
また、自分に無理をさせている人は、まわりにいる人にも無理をさせます。
無理をしてる人、頑張りすぎてる人は、リラックスしている人を見るとイライラ
します。
キリストの愛だけが、あなたの心と霊を強め、回りの人にも愛を分かち合う者へ
とあなたを変えます。キリストの愛、人知を超えた神の愛を知りましょ う。

【神はあなたを知っている】

「主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。あなたこそは私のすわるの
も、立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。あな たは私
の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。ことばが
私の舌にのぼる前に、なんと主よ、あなたはそれをことごとく 知っておられま
す。」詩篇139編1-4

神は私たちを知っています。ただ単に顔と名前を知っているレベルではありません。
神は私たちの行動を知っておられ、何をするのかも御存知です。
神は私たちの思いを知っておられます。何を考え、何を言うのかも知っておられ
ます。
私たちの道を知っておられるとは、今まで歩んできた人生、これからの人生も
知っておられるのです。

神が私たちのすべてを知っておられるとは何を意味するのでしょうか。

@あなたは神に愛されています。

愛の反対は憎しみではなく、無関心だと言います。。
相手を知ることは関心があるということ、その対象に対する愛を表しています。
神は愛です。神はあなたを愛しているので、あなたのことを全て知っておられる
のです。

皆さんは、神についてどのぐらい知っていますか。神についてと言うのは神への
知識のことになるでしょう。それも大切ですが、さらに、神をどのくら い知っ
ていますか。
これは神との個人的な関係、また体験のことです。

神以外でも、あなたは家族について、友人についてどのくらい知っていますか。
それが愛の深さと密接に関係することが分かると思います。

学校で習った教科も、好きなものは良く覚えられます。
しかし、嫌いな教科は、教科書を数行読んだだけでも眠くなります。関心がない
からです。

天の父は、あなたの髪の数さえも知っておられるとイエスさまは言われました。
天の父はあなたの髪の毛の数を一本いっぽん数えても退屈ではないのです。
なぜならあなたに絶大な関心があり、あなたのことを愛しているからです。

聖書は私たちが神を愛したのではなく、まず神が私たちを愛されたとあります。
ここに愛があります!神はあなたを愛され、関心があるのです。

お母さんが、いつも自分の赤ん坊の様子が気になるように、天の父もあなたの
心、行動、歩みに気を配っておられるのです。
心が辛くないか、健康か、これから歩もうとする道は正しいか。

神は聖霊とみ言葉で、あなたを慰め、励まし、導きたい、癒したいと願われてい
ます。
これほど大きな愛で私たちを愛しておられる天の父の愛を覚えましょう!

Aあなたは決して孤独ではない

多くの人が孤独を抱えています。都会に住む私たちは、たくさんの人に囲まれな
がらも孤独を感じるのです。誰も自分のことを知らない、理解してもら えな
い。辛いことです。
しかし、神は決してあなたのことを忘れません!見放しません!見捨てません!

放蕩息子の父親は、家でした息子が帰ってくるのを毎日待っていたのです。
家からまだ遠かったのに、父親は息子の姿が直ぐに分かりました。
天の父は、あなたが父の愛に気づくことを願っています。父の愛に心を開くこと
を待っています。あなたは決して孤独ではありません。信仰を持って天 を仰ぎ
見るなら、そこには天の父が両手を広げて待っておられるのです。

【神の愛があなたを取り囲んでいる】

「あなたは前からうしろから私を取り囲み、御手を私の上に置かれました。
 そのような知識は私にとってあまりにも不思議、あまりにも高くて、及びもつ
きません。」詩篇139編5.6

ダビデは自分を取り囲む神の愛に圧倒されています。
パウロも「キリストの愛が私たちを取り囲んでいる(Uコリ5:14)」と言っています。

これがキリストの愛に満たされることです。

神の愛は決して追いかけても得られない蜃気楼のようなものではありません。
求めるなら、求める以上に、満ち溢れるほど、神はご自身の愛で私たちを満たし
ます。

私たちが心を決して満たすことが出来ない、この世の名誉、物欲、異性からの愛
などを追いかけるのを止め、神の愛に心を開くなら、神のみ前に謙って 求める
なら、聖霊は豊に神の愛であなたを満たします。

心に流れる水の流れは一つです。この世のもので満たそうとするのか、神の愛で
心を満たそうとするのか、それはあなたの決断に懸かっています。

【あなたは神の最高傑作】

「それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。
私は感謝します。あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。私の
たましいは、それをよく知っています。私がひそかに造られ、地の深い 所で仕
組まれたとき、私の骨組みはあなたに隠れてはいませんでした。あなたの目は胎
児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされまし た。私のために
作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。神よ。あなたの御思いを知る
のはなんとむずかしいことでしょう。その総計は、なん と多いことでしょう。
それを数えようとしても、それは砂よりも数多いのです。私が目ざめるとき、私
はなおも、あなたとともにいます。」詩篇139 編13-18

神が私たちの思いを知り、ことばが舌にのぼる前にご存知なのは、神が私たちを
造られたからです。

「主は、彼らの心をそれぞれみな造り、彼らのわざのすべてを読み取る方。(詩
篇33:15)」
神は私たちを一人ひとり、それぞれみな造られました。大量生産品ではありません。
一人ひとり造られたのです。人間は一人として同じ人はいません。
だからあなたは神の最高傑作です。神に手抜きや、失敗はないからです。

皆さんは、何か物を造られたことはありますか。
小学校の図工の時間は、それほど準備しなくても作れましたが、中学での技術家
庭になると必ず設計図が必要になってきます。簡単な折りたたみ椅子を 作るに
も、図面を見ながら寸法に合わせて木を切らなければなりません。

何か単純な物を作るにも、計画が必要なのです。
折りたたみ椅子も、使う用途、持ち運びの便利さを考えて寸法を決めるのです。

あなたが人と違うのは、優れているとか劣っているからなのではありません!
あなたには、あなたしか出来ない人生の目的に従って神がそれぞれ設計されたの
です。
あなたには、人生で直面するすべての問題を乗り越えるための、能力、力が神に
よって備えられているのです。それに相応しい個性が与えられているの です。

神はあなたが喜びと勝利に満ちた人生を送ることが出来るように、特別に設計さ
れました。

だから人と比べないで下さい!
あなたの人生にとって、あなたは最高の人なのです。
自分ではない、誰かになろうとしなくて良いのです。あなたのままで良いのです。
ありのままのあなたが最高なのです。なぜなら神があなたを造られたからです。

【ダビデの祈り】

しかし皆さんの中には自分が神の傑作であると思えない人がいるかも知れません。
自分に自信が持てない人。これからの人生、試練を乗り越えられるか不安な人。
今までの人生が失敗や敗北ばかりで、これからの人生に希望を描けない人。
自分が嫌いな人、出来るならば自分の人生が早く終わって欲しいと思っている人。

聖書はハッキリと神があなたを計画を持って造られたと書いてあるのに、実際の
自分が神の傑作とは程遠い存在に思えるのはなぜでしょうか。

@罪があなたの人生を破壊している。

「神よ。どうか悪者を殺してください。血を流す者どもよ。私から離れて行け。
彼らはあなたに悪口を言い、あなたの敵は、みだりに御名を口にしま す。主
よ。私は、あなたを憎む者たちを憎まないでしょうか。私は、あなたに立ち向か
う者を忌みきらわないでしょうか。」詩篇139編19-21節

罪は神との関係を壊します。罪によって、私たちは神と断絶状態にありました。
どんなに優れた電気製品、日本の優れたコンピューターでも電源がなければただ
の箱です。
私たちは神に造られ、神との生き生きとした関係を通して初めて本来の才能、力
を発揮できるのです。

神との関係を罪が破壊してしまったのです。

天の父は、関係修復のためにイエスさまを送ってくださいました。
誰でも、自分に罪があること、神から離れていることを認め、イエスさまを受け
入れるなら、イエスさまは天の父との関係を修復し、再開させて下さる のです。
イエスを心に受け入れるなら、神からのいのちがあなたの中に流れてくるのです。
罪によって破壊された、あなたの本当の姿はキリストの復活のいのちを受けるこ
とにより回復されていくのです。

ダビデの祈りから学びましょう。彼は「あなたを憎む者たちを憎まないでしょう
か。私は、あなたに立ち向かう者を忌みきらわないでしょうか。」と 祈ってい
ます。
彼は神との関係を再開しただけでなく、罪を徹底的に憎みました。
神との関係を壊す一切のものをダビデは遠ざけ、憎んだのです。

罪をなぜ犯してはいけないのでしょう。罪の結果、神が計画された本当のあなた
の姿が失われてしまうからなのです。

「悪者を殺してください」とは、罪に陥りやすい性質が滅ぼされることを願う祈
りだと解釈して下さい。※キリストは敵を愛し、迫害する者のために祈 れと教え
られた。
私たちもダビデに倣い、神との関係を壊すもの、神が喜ばない思いを遠ざけま
しょう。

A傷があなたの人生を歪めている。

「神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知って
ください。
私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてく
ださい。」詩篇139編23.24節

ダビデは心の傷の癒しを神に祈っています。心の傷は私たちの人生を歪めてしま
います。
過去の失敗、過ち、挫折が心の傷になる時があります。
また親から受けた虐待、いじめ、悲惨な事故やショックな出来事が心の傷になる
場合もあります。原因は何であれ、傷は私たちの本来の姿を歪ませてし まいます。

ダビデが心の傷の癒しを神に求めたように、私たちも主に癒しを求めましょう。
心の回復、傷からの癒しへ導いて下さいと主に祈りましょう。