「あなたが変わる信仰」

聖書箇所:マルコ福音書5章25-34節

【あなたの信仰があなたを直した】

「イエスは彼女に言われた。『娘よ。あなたの信仰があなたを直したので
す。』」マルコ5:34

十二年もの間、重い婦人病を患っていた女性がイエスさまによって癒されました。
イエスさまの命と癒しの力が女性を癒したのですが、イエスさまは彼女に「あな
たの信仰があなたを直したのです」と言われました。

イエスさまはなぜ、彼女の信仰について語られたのでしょうか。
それは、この女性が正しい信仰を持っており、彼女がこの信仰を持ち続けること
を励まされたためと、彼女の信仰を模範とするように私たちを教えるた めと考
えられます。

私たちはこの癒された女性の信仰から、問題を乗り越えさせる力ある信仰、私た
ちの人生を変える命ある信仰を模範としたいと思います。

あなたの信仰は、あなたの人生を変える命のあるものですか。
あなたの信仰は、人生の苦難を乗り越えさせる力あるのものですか。
この女性の信仰から、力と命に満ちた信仰について学びましょう。

【あなたの人生が変わる信仰】

この女性の例から、人生を変える信仰の秘訣を見出すことが出来ます。

@み言葉を聞く信仰

「彼女は、イエスのことを耳にして…(マルコ5:27)」

この女性はイエスさまのことを耳にしてから、信仰が生まれました。

「信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによる
のです。」ローマ人への手紙10章17節

あなたの人生が変わる力ある信仰、それは神のみ言葉を聞くことから始まります!

み言葉は私たちの心を変える力があります。
私たちの心、心の中心である霊の部分は、言葉を蓄える器だと考えて下さい。
私たちの心の中心、霊の部分には何かの言葉が必ず満ちているのです。
問題は、どのような言葉で私たちの霊が満たされているかなのです。

消極的、否定的、破壊的な言葉で私たちの霊が満たされているなら、その言葉は
私たちの思い、感情、行動に直接影響を与えます。

人を傷つける言葉で霊が満ちている人は、自分を傷つけ、他人を傷つける、思い
と感情に満ち、やがてはそのように行動するでしょう。
その反対に、思いやりのある言葉、励ましと慰めの言葉、肯定的な言葉に満ちて
いる人は自分にも他人にも優しく、肯定的な思いで満ち、そのように語 り、行
動するでしょう。

私たちの霊に満ちる言葉が私たちの思考、感情、行動を変えるのです。

その始まりは、どのような言葉を聞くのか?どのような言葉で霊を満たすのか?
なのです。
ある意味、霊はコンピューターのような部分があります。
間違った情報を入力すれば、間違った情報が出力される。正しい情報を入力すれ
ば、正しい情報が出力されるのです。

この女性は正しい情報を入力しました。だから正しい行動を取ることが出来たの
です。

私たちもこの女性に倣い、神のみ言葉で心と霊を満たしましょう!
聖書の中にある命と力のある神のみ言葉を心に蓄えましょう。
あなたの思考、感情、行動は必ず変わります!
その量を増やして下さい。あなたの霊が神の言葉で絶えず満ち、溢れるほど聞く
ことです。
※聖書の勉強ではありません!それも大事ですが。信仰の言葉を心に蓄えること
です。

A告白する信仰

「『お着物にさわることでもできれば、きっと直る。』と考えていたからであ
る。マルコ5:28」

この聖書箇所は「考えていた」と書いてありますが、原語では「ギ)レゴ−」が
使われています。この言葉は「告げる、言う、呼ぶ、命じる」の意味 です。
「考える」は意訳です。

言葉に出す、告白する信仰には力があります!
もちろん、口先だけの信仰には何の力もありません。
しかし、心から信じて告白する信仰の言葉には、神の力が伴います。

「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを
死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われ るから
です。
人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。ロマ10:9.10」
私たちがハッキリと救われたのも、心で信じて、口で告白したからです。
神が天と地とそれに満ちるすべての物を創造されたのも、頭で考えて出来たので
はありません。神ご自身が「光よあれ!」と信仰の言葉を語られたから 出来た
のです。

心で信じて、口で語られる信仰の告白、告白された信仰には神の力が伴うのです!

フィリピンに行った時、お世話になったマー宣教師の話を分かち合いたいと思い
ます。
マー宣教師は刑務所でも宣教活動をされています。ある死刑囚が初めて福音を聞
きました。
イエスの十字架の死と復活を通して示された神の愛と赦しを心から信じました。
そして福音は、この死刑囚を新しい人に変えたのです!彼は新生しました。
彼は毎日聖書を読み、神を賛美し、み言葉と聖霊によって満たされていました。
彼の表情は優しくなり、彼の言葉は愛と希望に満ち、彼の行動は変わりました。
ある時彼が祈っていると、彼は出獄して福音を伝える伝道師になる思いが与えら
れました。
この思いは、祈る度に強くなり、やがて確信になりました。彼は自分に与えられ
た希望を他の囚人にも分かち合うようになりました。告白と証の実を結 んだの
です。
しかし、彼の回りの囚人は彼の証と希望を聞いて、彼を馬鹿にし、冷笑しました。
なぜなら彼は死刑囚です。過去に人を殺した死刑囚です。死刑が延期されること
があっても、牢屋から出られることは絶対に考えられない人物です。
しかし、そんな事実があっても、彼の信仰は衰えませんでした。日増しに強くな
りました。
そして、奇跡が起きたのです!マルコス大統領が失脚し、アキノ大統領が当選し
た時、大規模な恩赦が実施されました。その中に彼は含まれたのです!
彼は神に与えれた確信の通り出所して福音を伝える伝道師として活動しているの
です。

「必ず自分は主の栄光のために出獄する!」 彼は信仰の言葉を語り続けました。
神の時に、彼の信仰は実を結んだのです。

※自分の願望を口にするなら必ず実現するという、自己暗示、自己啓発ではあり
ません。
神のみ言葉で心が満たされ、神の国と神の義を第一に願う時、聖霊は私たちの心
に信仰の幻、計画、願いを起こさせて下さるのです。それを語り続ける のです。

「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行な
わせてくださるのです。ピリピ2:13」

さて、これとは全く反対の事件を聞いて大変に驚いたことがあります。

その事件とは、ニックという男性の凍死事件です。
彼は鉄道の操車場で働く男性でした。ある日メンテナンスのために運び込まれた
冷凍車の中に彼は閉じ込められてしまったのです。大声で叫びましたが 同僚に
は伝わりません。
時間だけが過ぎました。このまま救出されなければ間違い無く凍死すると彼には
思われました。絶望に打ちひしがれ、彼は家族に遺書を書くことにしま した。
「とても寒い、身体の感覚がなくなってきた。速く救出されなければ、これが私
の遺言になるだろう」 
そして、残念ながらその通りになりました。
翌朝、出勤してきた同僚が冷凍車の扉を開けると、そこには凍死したニックの死
体がありました。しかし、ここで大きな謎が浮上しました。と言うのは ニック
が凍死した冷凍車の冷凍機能は作動していなかったからです。その夜の冷凍車の
温度は16度あったことも分かりました。普通だったら決して凍 死などしない
温度です。
「自分はこのままでは凍死するだろう」という否定的な思い込みが、本当に彼を
死に追いやってしまったのです。

ニックの否定的な思い込み、これもある意味信仰といえるのです。
彼の絶望的な言葉は、彼の人生で実現してしまったのです。

私たちは否定的な思い込みと言葉を捨て、命と力を与える神のみ言葉で心を満た
しましょう。そして信仰の言葉を語り続けるのです!

あなたが信仰によって語る言葉があなたとあなたの人生を大きく変えます。

B行動(実践)する信仰

「彼女は、イエスのことを耳にして、群衆の中に紛れ込み、うしろから、イエス
の着物にさわった。マルコ5:27」

癒された女性の信仰は、行動し、実践する信仰でした!
行動の伴わない信仰は、聖書では信仰とは呼びません。

「信仰も、もし行ないがなかったなら、それだけでは、死んだものです。ヤコブ
2:17」

最近、フィリピンの伝説的なプロボクサー、マニー・パッキャオの証しを聞いて
とても感動しました。彼は6階級制覇という偉業を成し遂げたチャンピ オンで
あるとともに、熱心なクリスチャンです。彼の人生の中心には神のみ言葉がある
と証をしていました。
彼は、ただ聞くだけでは充分でなく、聞いて行うことが大切だとい真理を発見し
ました。
彼にとってはボクシングと信仰の世界には共通点があるそうです。
それは、先ず揺るがない信仰を持つこと。自分は必ず相手よりも強いことを確信
する。
この確信がなければ試合しないほうが良いのですから当然です。
信仰の世界も同じです。イエスにあって自分は全く新しい人生を歩むことが出来
るという確信を持つことが大切なのです。自分は変われる!今までの敗 北した
人生から、勝利者へと変われる、この確信が大事です。

そして、次に大切なのが実践です。行いです。真理の適用です。
自分は世界チャンピオンになれると確信しても、それに相応しいトレーニングを
しなければ決して勝利することはないのです。それと同じように、福音 の言葉
を聞いて信じても、神のみ言葉に従わないなら、神のみ言葉を自分の生活に適用
しなければ何も変わらないのです。信じていることを行動に移 す!ただ聞いて
いるだけでなく、実践するのです。

病を癒していただいた女性は、イエスさまのうわさを聞きました。
イエスの語る福音を伝え聞いたのです。イエスの言葉を心に蓄え、心がイエスの
言葉で満ちた時、心に確信が生まれました。イエスさまなら私を癒して 下さる!
彼女は何度も何度もこの確信を口にし、信仰を告白しました。

そして、彼女は行動に移したのです。ただ家で待っていたのではありません。
イエスさまがどこにおられるのかを調べ、その後を追いかけ、イエスさまに触れ
たのです。

マニー・パッキャオは一日に4回、ボクシングの練習をするそうです。それはボ
クシングのチャンピオンになるためには必要な練習量です。
そして彼は信仰の勝利者になるために、一日に4回バイブル・スタディーするそ
うです。信仰の失格者にならないために、彼は学んだみ言葉の真理を必 ず適用
するそうです。

「また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者
であってはいけません。ヤコブ1:22」

イエスさまは「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです」と言われました。
この女性の信仰に習うようにと、私たちに模範とする信仰を示して下さったのです。

まず神のみ言葉を聞きましょう!聖書を読み、希望と励ましに満ちた言葉、愛の
言葉を心に満たしましょう。

そして、信仰の言葉を語りましょう。
否定的な言葉、人を傷つけ、不快にさせる言葉ではなく、人の徳を建て上げ、聞
くものに力を与える信仰の言葉を語りましょう。

そして、み言葉を行うものになりましょう。神のみ言葉を実践しましょう。
まず第一に、神の言葉を聞き、それを心に蓄えることから始めましょう。
心に力と励ましを与えるみ言葉をノートに書き出し、それを家族や職場の人にも
分かち合って見て下さい。信仰を持って賛美しましょう。
キリストにある新しい歩みを始めましょう。