「神の御前にすべての人は尊い」

聖書箇所:ルカによる福音書15章

「さて、取税人、罪人たちがみな、イエスの話を聞こうとして、みもとに近寄っ
て来た。
 すると、パリサイ人、律法学者たちは、つぶやいてこう言った。『この人は、
罪人たちを受け入れて、食事までいっしょにする。』」ルカ15章 1.2節

たくさんの人がイエスさまの話を聞きに集まっていました。
その中にはパリサイ人や律法学者達の宗教家、宗教に熱心な人達もいれば、今ま
で宗教には無関心だった人たちもいました。
イエスさまは決して人を差別されず、誰でもご自分の話を聞きに来るものを歓迎
しました。

しかし、そのようなイエスさまの寛容さを快く思わない人たちがいました。
パリサイ人、律法学者たちです。
彼らは自分たちが「罪人」と見下げている人たちを、イエスさまが受け入れてい
ることが面白くありませんでした。

パリサイ人、律法学者は自分たちが「罪人」と見下げている人たちが、神の目に
はどれほど尊い存在であるのかが分かりませんでした。
神の御前に価値があるのは自分たち宗教家であって、それ以外の人間は価値がな
いと考えていたのです。

イエスさまは、たとえ罪人と呼ばれるような、神から離れ、罪深い行いをしてい
る者であっても、神の御前には尊い存在であることを示すために大切な 譬え話
をされました。
ルカによる福音書15章の三つの譬え話は、神の御前には全ての人は等しく価値
があること、天の父は全ての人がご自分に立ち返ることを願い、立ち返 るもの
を心から喜ばれることを伝えるための譬え話です。

この譬え話から、私たちは自分がどれほど神の御前に価値があるのか、また私た
ちの隣人もどれほど価値があり、神から愛されている存在なのかを覚え たいと
思います。

【一匹の迷い出た羊を捜しあるく羊飼い】

「そこでイエスは、彼らにこのようなたとえを話された。
『あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの一匹をなくした
ら、その人は九十九匹を野原に残して、いなくなった一匹を見つけるま で捜し
歩かないでしょうか。
見つけたら、大喜びでその羊をかついで、帰って来て、友だちや近所の人たちを
呼び集め、「いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んでく ださ
い。」と言うでしょう。
あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、
悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるので す。」
ルカ15章4−7節

迷いでた羊とは、神を知る以前の私たちを指しています。
神を知り、行いが正しい人だけが神の御前に価値があるのではなく、神にとって
は迷いでた、たった一匹の羊も同じように尊いのです!

羊飼いはたった一匹の羊のために野原を捜し歩きます。
谷に落ち込む前に、悪い狼に襲われる前に、飢えて病気になる前に何としても救
い出したいと必死に迷いでた羊を探し歩きます。

天の父なる神も、神に背を向け、神の御前を迷いでた人間を同じように捜し求め
ておられます。父は失われた人を捜し出すために御子イエスを遣わされ ました。
誰でもイエスに応答するなら救われるのです!

迷いでた羊を見つけた羊飼いは、「大喜びでその羊をかつい(だ)」とあります。
失われた羊が見つかることは喜びです。天の父はイエスを通して、失われたもの
が帰ってくることを大喜びして迎え入れて下さるのです!

【失われた一枚の銀貨】

「また、女の人が銀貨を十枚持っていて、もしその一枚をなくしたら、あかりを
つけ、家を掃いて、見つけるまで念入りに捜さないでしょうか。見つけ たら、
友だちや近所の女たちを呼び集めて、『なくした銀貨を見つけましたから、いっ
しょに喜んでください。』と言うでしょう。あなたがたに言いま すが、それと
同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、神の御使いたちに喜びがわき起こ
るのです。」ルカ15章8−10節

この銀貨は嫁入り道具に用いる十枚で一組の記念銀貨と考える人もいます。
一枚でも欠けるなら、その値打ちが大きく損なわれるというのです。
十枚揃った銀貨を眺めながら、嫁入りを夢見るのがこの女性の楽しみだったのか
もしれません。ところがある日、よく見ると一枚足りない!何度数えて も一枚
足りない!
気が動転しながら、家の中を掃いて、家具の裏やベットの裏まで丹念に掃き出し
て銀貨の大捜索を始めたのです。食事を取るのも忘れ、熱心に捜し、 やっと見
つかった!
大喜びです!「一緒に喜んで下さい」と近所の人達まで集めて喜びました。

皆さんは、これほど喜んだことがありますか。近所の人を集めるほど喜んだこと。
「かなり大げさじゃないか?たった一枚の銀貨で」と思われませんか。
確かに大げさなのです。この女性は喜びの故に我を忘れて喜んでいるのです。
喜びの故に、周りが見えなくなるぐらいに喜んでいるのです。
周りが見えなくなるくらいに、この女性はたった一枚の銀貨を喜び、愛していた
のです。

本当の愛は、時に周りが見えなくなり、時には自分を見失います。それが愛です!
天の父は私たちを愛する愛の故に、考えられないことをされました。
愛するひとり子を十字架に付けてまで、罪人である私たちを赦し、救おうとされた!
天の父は、あなたがイエスに応答し、ご自分に立ち返ることを気が狂わんばかり
に喜んでくださるのです!

この女性が「喜んでください」と近所の人達を集めたように、天の父も私たちが
救われた時、天国の天使を全員集めて「喜んでください」と我を忘れて 喜ばれ
たのです!
それほど、天の父はあなたを心から愛し、あなたの存在を尊く思われているのです。

【帰ってきた放蕩息子】

「またこう話された。『ある人に息子がふたりあった。「おとうさん。私に財産
の分け前を下さい。」と言った。それで父は、身代をふたりに分けて やった。
それから、幾日もたたぬうちに、弟は、何もかもまとめて遠い国に旅立った。そ
して、そこで放蕩して湯水のように財産を使ってしまった。何 もかも使い果た
したあとで、その国に大ききんが起こり、彼は食べるにも困り始めた。それで、
その国のある人のもとに身を寄せたところ、その人は彼 を畑にやって、豚の世
話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいほどであったが、だれひ
とり彼に与えようとはしなかった。しかし、我に 返ったとき彼は、こう言っ
た。「父のところには、パンのあり余っている雇い人が大ぜいいるではないか。
それなのに、私はここで、飢え死にしそう だ。立って、父のところに行って、
こう言おう。『おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯
しました。もう私は、あなたの子と 呼ばれる資格はありません。雇い人のひと
りにしてください。』」こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。
ところが、まだ家までは遠 かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思
い、走り寄って彼を抱き、口づけした。息子は言った。「おとうさん。私は天に
対して罪を犯し、また あなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と
呼ばれる資格はありません。」ところが父親は、しもべたちに言った。「急いで
一番良い着物を 持って来て、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめ
させ、足にくつをはかせなさい。そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。
食べて祝 おうではないか。この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっ
ていたのが見つかったのだから。」そして彼らは祝宴を始めた。』」ルカ15章
11−24節

この放蕩息子の話は有名です。私も何度もメッセージして来ました。
この放蕩息子も、神を知る前の私たちの姿です。放蕩息子の父は、天の父なる神
です。
父は財産を湯水のように使い果たした息子を、赦し、再び自らの子どもとして権
利を全て回復しました。そして帰ってきた息子を喜び、子牛をほふって パー
ティーを開いたのです。

【福音の三つの要素】

この三つの譬え話には共通する三つの要素があります。
この三つの要素はイエス・キリストが私たちに伝える福音そのものです。

一つ目は、価値あるものが失われている状態です。

私たちは、神の似姿に造られた者、神が造られた被造物の傑作です!
神はご自身の栄光を表すため、また愛の関係を持つために私たちを造られたのです。
しかし、その人間は創造主である神に背を向け、滅びに向かって歩みだし、自分
の生きる目的、自分の尊い価値を見失ってしまったのです。

日本では、未だに多くの人が失われています!
毎年、三万人もの人々が尊い自分のいのちを自分で終わらせてしまっている。
どんなに自分が父から愛されているのか、どんなに自分が価値ある存在なのかを
残念なことに、その人達は気が付かないままで終わってしまった。

テストの点数が悪かっただけで自分をダメ人間だと思い込む子どもたち、ブラン
ド物のバックや服を持つことが自分の価値だと思っている人たち、自分 の価値
がわからず、隣人の価値も分からず、人を傷つける人たち。

天の父はどれほど悲しまれているでしょうか。天の父は失われている人々を変わ
らず愛しておられるのです!

二つ目は、失われていたものが見つけられることです。

見つけられた一匹の羊、見つけられた一枚の銀貨、家まで遠かったのに父に見つ
けられ抱きしめられた放蕩息子です。

このことは失われたものが見つけられるためには、誰かが捜しにでなくてはなら
ないことを教えています!

天の父は預言者を遣わし、そしてひとり子イエスを遣わされました!
そしてご自身の聖霊を弟子たちに遣わし、弟子たちを全世界に遣わされて失われ
た者たちを探し求めておられるのです。

失われた者の価値に気付き、我を忘れて失われた者を探し出すものを天の父は今
も求めています。誰かが伝えなければ、誰かが見失っている者の価値を 伝え、
帰るべき場所を伝えなくてはならないのです!

既にキリストの福音によって自らの価値を知り、天の父の愛を知っているなら、
私たちは回りにいる失われた人たちに、彼らの価値を伝えましょう。彼 らがど
んなに神から愛され、大切な存在なのか、父の懐には赦しと愛といのちが満ちて
いることを伝えましょう!
天の父なる神とともに、我を忘れて失われた人々を探し出しましょう。

三つ目は、大きな喜びです!

失われた人たちが、イエスさまの福音に応答して父のもとへと帰る時、そこには
大きな喜びが湧き上がるのです!

天の父はあなたの存在を心から喜んでおられます!
神に背を向けた私たちをも愛しておられたのです。
ご自身のもとに帰ってきた私たちは尚さら神に愛されているのです!

信仰生活が退屈だと思ったり、ただの習慣、義務に感じている人はもう一度、こ
の喜びに目を開いて下さい。天の父がどれほどあなたを愛され、喜ばれ ている
のかを。
そしてこの喜びを広げるために、私たちを遣わして下さいと天の父に聖霊を求め
ましょう。

伝道は決して義務でも強制でもありません。強いられて、イヤイヤするものでは
ありません。これは喜びです!決して退屈な宗教を押し付けるのではあ りません。

失われているその人の価値を伝えることです。神が愛されていることを伝えるこ
とです。
福音ではなく、宗教を伝えるから、人々は伝道が嫌いなのです。福音を伝えま
しょう。
福音は神の愛そのものです。

先ず私たちが福音を正しく受け取りましょう。自分がどれほど神の御前に価値あ
る存在であり、愛されているのか。神の愛で心と霊を満たしていただき ましょう。
天の父があなたを喜ばれているように、心が神の喜びで満たされるまで、福音の
ことばを自分の心に語りかけて下さい!

そして、この福音を伝えるために天の父とともに我を忘れて、失われた人たちを
探しましょう。日本に失われることのない本当の喜びが満たされるよう に、福
音を伝えましょう。