「私たちが置かれている霊的な状況」

聖書箇所:ルカによる福音書11章20-26節

【私たちが置かれている状態】

「しかし、わたしが、神の指によって悪霊どもを追い出しているのなら、神の国
はあなたがたに来ているのです。強い人が十分に武装して自分の家を 守ってい
るときには、その持ち物は安全です。しかし、もっと強い者が襲って来て彼に打
ち勝つと、彼の頼みにしていた武具を奪い、分捕り品を分けま す。(20-22節)」

イエスさまが地上で救いの働きを始めてから、神の国は私たちのもとに来ています。
イエスさまは悪霊を追い出し、病を癒されました。それは既に神の国が来ている
ことの証明だと言われました。神の国は私たちのもとに来ているので す!

イエスさまは私たちを神の国に導き入れる唯一の道です。
イエスを信じる信仰によって、誰でもイエスさまを通って神の国に入れるのです。
神の国は天の父が治めている国です!そこはいのちに溢れ、死も悲しみも、叫び
も苦しみもないところ、病も悪霊もないところです。
この神の国が、イエス・キリストによって既に来ているのです。
そしてイエス・キリストが再び地上に来られる時、神の国は完全な姿で現れます。

キリストが再臨されるまでは、神に逆らう世界と、神の国が混在する中間状態と
言えます。
なぜこの説明をしているかと言うと、私たちが置かれている状況をよく理解する
ためです。
神の国を死後に訪れるものと勘違いしたり、キリストの再臨まで希望がないと勘
違いしないためです。また信仰を持ったら全てが大丈夫と、この世界で 気を抜
かないためです。

私たちは神に逆らう世界と、神の国の中間状態に置かれています。
神の国からいのちと平安、希望と信仰に満たされることも出来れば、神に逆らう
世界からの悲しみや失望、落胆、不信仰、不安、恐れの悪影響を受ける ことも
出来るのです。
私たちは自分が置かれている状況を良く理解し、進んで神の国に近づき、留まら
なければならないのです。

「終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。悪魔
の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身 に着け
なさい。私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世
界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するもので す。ですか
ら、邪悪な日に際して対抗できるように、また、いっさいを成し遂げて、堅く立
つことができるように、神のすべての武具をとりなさい。」 エペソ6章10-13節

パウロは私たちキリストを信じるものが置かれている状況を戦争に喩えています。
神に逆らう世界と神の国の霊的な戦争状態に私たちは置かれているのです。
パウロは私たち全てキリストを信じる者に、神の大能の力によって強められるこ
と、神のすべての武具を身につけ武装することを命じています。
なぜなら邪悪な日がやってくるからです!

この世界はキリストにある救いの喜び、聖霊による心の満たし、平安、希望と信
仰を私たちから奪い取ろうと攻撃してくるからです。

自分がこのような戦闘状況に置かれていることに気が付かないで、もしくは忘れ
てしまって、武装を怠り、神の恵によって充分に強められていないのな ら、邪
悪な日に再びこの世の支配に落ち込んでしまうのです。

神に逆らうこの世に支配されると、私たちは生きる目的、自分の価値を見失い、
不安と絶望、嘆き、怒り、憎しみ、闘争心で心の中は掻き乱されてしま います。

私たちは自分が置かれている霊的な状況をしっかりと把握しましょう。
私たちは神の国の力と神に逆らうこの世の力がぶつかり合う中間状態に置かれて
います。それは戦闘状態なのです!

キリストの恵によって強められ、神の備えた全ての武具で武装しましょう!
キリストにある救いの喜び、キリストから与えられた地上での使命、心の平安、
希望、信仰を奪い取られてはならないのです。

「強い人が十分に武装して自分の家を守っているときには、その持ち物は安全で
す。しかし、もっと強い者が襲って来て彼に打ち勝つと、彼の頼みにし ていた
武具を奪い、分捕り品を分けます。(21-22節)」

愛する兄弟姉妹の皆さん、主にあって、その大能の力によって強められなさい。
神のすべての武具を身に着けなさい。

【霊的な戦いに負けてはならない】

「汚れた霊が人から出て行って、水のない所をさまよいながら、休み場を捜しま
す。一つも見つからないので、『出て来た自分の家に帰ろう。』と言い ます。
帰って見ると、家は、掃除をしてきちんとかたづいていました。そこで、出かけ
て行って、自分よりも悪いほかの霊を七つ連れて来て、みなはい り込んでそこ
に住みつくのです。そうなると、その人の後の状態は、初めよりもさらに悪くな
ります。」ルカによる福音書11章20-26節

この話は中途半端な信仰者、受け身姿勢の信仰者を喩えています。
誰でもイエス・キリストを心に受け入れるなら救われます!
主イエスを救い主として信じるなら、私たちは神に逆らい滅びに向かうこの世か
ら救い出され、あらゆる闇の力、死の力、悪霊の束縛から解放されるの です。
しかし、その救いと解放の後も同じように大切であると、この喩え話は教えてい
ます。

イエス・キリストによる救いと解放を受けた後の私たちの心、霊の状態は、きれ
いに掃除された部屋のようだとイエスさまは喩えています。ある意味、 空っぽ
の状態です。
しかし、私たちの心と霊を空っぽの状態のままにしていてはならないのです。

以前は悲しみや、絶望、無意味、無目的、恨み、憎しみで満たされていた心が、
イエスを信じることによって、これら否定的な思いと感情から解放され た。
しかし、そのままにしてはならないのです。

イエスによって清められた心を、今度は神のみことばと聖霊、神のいのち、信
仰、希望、愛で溢れるばかりに満たさなければならないのです!

あなたの心と霊を神の良いもので満たさないならば、この世の悪いもの、以前心
に満ちていた悲しみや失望、憎しみ、絶望が戻ってきて、イエスを信じ る前よ
りももっと惨めで残念な状態になるとイエスさまは注意しているのです!

中途半端な信仰は良くありません。その人の為にならないからです。
これは霊的な戦いです。勝つか負けるか、どちらかしかないのです。
霊的な戦いでは、中庸の美徳はありません。
一度イエスを主と心に受け入れたのなら、神の国を目指して突き進むしかありま
せん。
この世に戻ろうか、どうしようか?と悩んでいるなら、間違いなく以前の暗闇に
引き戻されてしまいます。いや、もっと悪い状態に戻ってしまうと注意 されて
いるのです。

私たちのエクレシアには、そのような人は一人もいないと確信します!
神の国を目指して、積極的に、自ら進んで、神の言葉と聖霊、信仰、希望、愛で
心を満たしましょう。主を求めて、互いに励まし合って、信仰の道を進 みま
しょう。

【積極的な信仰を持ち、悪習慣を良い習慣に置き換える】

「わたしの味方でない者はわたしに逆らう者であり、わたしとともに集めない者
は散らす者です。(23節)」

私たちはイエスさまのみ言葉を批判ばかりして、結局は神の国に入れなかったパ
リサイ人や律法学者の信仰を見習ってはなりません。私たちはイエスを 主と信
じているのですから、イエスさまに積極的に応答する信仰を持ちましょう。イエ
スさまに積極的、肯定的な信仰を持ち続けましょう。

そして悪習慣を良い習慣に置き換えることを実践しなければなりません。

@価値観をこの世の価値観から、神のみ言葉による価値観に置き換える。

私たちはこの世の価値観から、神の国の価値観に変えて行かなければなりません。
まず大切なのは自分の価値についてです。

この世では人の価値を、学歴、務めている会社、収入、結婚しているか、子ども
が何人いるか、どんな車に乗っているか、どんなブランドで着飾ってい るか、
そのようなもので人の価値を決めます。

絶えず比較競争によって、自分の価値を決めます。相対的な価値観です。
上を見ては自分の存在を嘆き、下を見ては高ぶり、傲慢になる。惨めな価値観です。
相対的な価値観でしか自分を認識出来ないなら、それは悲劇です。
比べる対象によって、いつも自分の価値が変わってしまう。
相対的な価値観しか持ち合わせていないなら、自分という人間が分からなくなり
ます。
絶えず競争して勝つことだけが人生の目的になってしまいます。

どのような価値観を持つかが、その人を決定すると言えるのです!

私たちは御国の価値観を確かに持ちましょう。この世の空しい価値観ではなく、
神のみ言葉によって支えられた確かな価値観を持ち、自分に対する絶対 的な価
値を認識しましょう。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」イザ
ヤ43:4

これが神の国におけるあなたの変わることのない価値です!

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御
子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つた めであ
る。」ヨハネ3:16

この「世」と書いてあるところに、自分の名前を書き入れて下さい。
神はあなたを救うために、あなたが滅びないためには、ご自分のひとり子イエス
さまを与えられたのです。あなたの価値は神の御子と同じだと聖書は教 えてい
るのです!
これがあなたの変わることのない、神の国での価値なのです!

聖書は神の国における変わらないあなたの価値を告げる唯一の書物です。
この他にも、多くのみ言葉があなたの変わることのない価値を告げています。

神の国の変わらない価値に立ち続けることです!この世の相対的な価値で自分
を、そして隣人も見てはならないのです。それは霊的な戦いでは後退を、 負け
を意味します。

自分の学歴、収入、持ち物、外見などを誰かと比べて落ち込まないで下さい。も
しそうなら、あなたはまだ神の国の正しい価値観に立っていません。
この世に自分の価値を求めないで下さい!

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御
子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つた めであ
る。」ヨハネ3:16

これほど神に愛されているのに、なぜやがて滅びるこの世から愛されたいと思う
のですか。心を変えましょう!価値観を変えましょう!大切な自分の価 値を、
失ってはなりません。

A人生の目的を良い物に置き換える。

「わたしとともに集めない者は散らす者です。(23節)」

主イエスを知らない前の私たちは、ひたすら自分の為にだけ集めるものでした。
人生の目的を更に良いものに置き換えましょう!
イエスさまとともに、神の国のために積極的に集めるものになりましょう。

神の愛を知らず、赦しを知らず、自分の価値さえも知らない多くの人が私たちの
周りに沢山います。その人達をこの世の束縛から開放し、神の国へと連 れ帰り
ましょう。
神の愛を伝え、その人の本当の価値を伝えること、これが私たちの人生の目的です。

そして積極的に神の国を建て上げましょう。地上における神の国はエクレシア、
教会です。
教会とはキリストによって結び合わされている私たちのことです。
神の国は一人では決して存在しません。信仰による結びつきが神の国を建て上げ
るのです。
同じ目的に立たなければ、私たちは一致して神の国を建て上げることは出来ない
のです。

自己中心を捨て、エクレシアの建て上げのために互いを建て上げましょう。
神に仕え、神の家族に仕える生き方の中に、本当の充実した人生があります。

「あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。あなたがた
はすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神の うちに
隠されてあるからです。私たちのいのちであるキリストが現われると、そのとき
あなたがたも、キリストとともに、栄光のうちに現われます。コ ロサイ3:2-4

あなたの本当のいのちは神の国にあります!キリストの体、エクレシア、教会を
自らの身体として愛し、仕え、建て上げる時、あなたのいのちは輝き、 平安と
喜びに満たされます。この世に自分のいのちを求めてはなりません!空しいも
の、自分中心の喜びだけで満足しなで下さい。神の国にある失われ ることのな
い真の喜びを求めましょう。