「主の祈り@」

聖書箇所:マタイ福音書6章9節から15節


【主の祈り】

「だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。
 御国が来ますように。みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。
 私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。
 私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。
 私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』
 国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。
 もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。
 しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。」
                         マタイ福音書6章9節から15節

先週に続き、今週も祈りについて学びましょう。
今週は「主の祈り」として知られる箇所です。
伝統的な教会では、礼拝の中で「主の祈り」が祈られてきました。
祈り心をもって「主の祈り」を祈ることは大切です。
しかし一方で、形式や習慣になり、大切な「主の祈り」の本質が見失われるなら残念です。「主の祈り」の本質を学び、イエスさまの祈りの心に触れる ことが大切です。
「主の祈り」の意味をしっかりと掴み、心から「主の祈り」を祈る時、私たちの心は真の礼拝者へと整えられていきます。
「主の祈り」の意味が深められる時、私たちはイエスさまの心に近づきます。
イエスさまの願いを、自分の願いとするからです。

【天にいます私たちの父よ】

「だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」

主の祈りは、祈る対象である天の父への呼びかけで始まります。
イエスさまは祈る時、神を親しく「アバ」と呼びかけられました。
幼子が父を呼ぶ時に使う「アバ」、これは「お父ちゃん」と同じ呼び掛けです。

私たちはイエス・キリストの十字架の死と復活によって罪が完全に赦されています。
全ての罪の負債、全ての罪の責めをキリストは十字架で身代わりに背負われたのです。
キリストの流された血潮によって、私たちの罪は赦されました。
私たちはキリストの命の代価によって、神の子とされたのです。これが救いです。
私たちはこの救いによって、キリストが神を親しく父とお呼びしたように、私たちも神をお父さんと親しく呼びかけることが赦されているのです!
これは驚くべき恵みであり、特権です。


祈りは神が与えられた愛と恵みに対する応答です。
私たちが神を愛したのではなく、神が先ずはじめに私たちを愛されました。
神の愛は変わることがありません。神は回復の道をキリストによって備えられました。
罪の赦し、神の子とされる特権、ただ信じるだけで救われるのです。
この救いは一部の人のためではありません。全ての人に等しく備えられている救いです。
それならば、全ての人が救われて神の子とされたのでしょうか?
いいえ、違います。神の恵みに応答した人だけが、この恵みによる救いを受けるのです。
応答することです!祈りは神の恵と愛に、信仰を持って応答することです。

救いも、回復も、成長も、全て神の恵と愛に応答することから始まります。
イエスさまがたとえ話として語った放蕩息子は、父の愛に報いることなく、好き勝手な罪の暮らしによって生活に行き詰まりました。どん底に落ちた 時、人間的な希望も回復も望めない時、やっと彼の心から父への思いがわき上がったのです。父のもとに帰ろう!

「こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼 を抱き、口づけした。息子は言った。『おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資 格はありません。』ところが父親は、しもべたちに言った。『急いで一番良い着物を持って来て、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめさ せ、足にくつをはかせなさい。」ルカ福音書15章20から22節

イエスさまが祈りの対象として示された天の父は、この放蕩息子の父と同じです。
天の父はご自分の息子・娘がご自分の方に帰ってくるのを待っておられます。
私たちでは神の御許に近づくことが出来ないのを知っておられ、神の方から私たちに近づいて下さるのです。そして、私たちが「お父さん」と呼びかけ る声に答えて下さるのです。
天の父は息子・娘にとって何が一番必要なのかご存じです。
天の父は私たちに最善の答えをもって応えて下さるのです。

私たちが信仰によって「お父さん」と呼びかける天の父なる神は、このような愛と恵みに満ちておられる方です。心から信頼と親しみを持って「お父さ ん」と祈りましょう。

父は私たちの祈りを聞いて下さいます。罪に汚れ、どん底にまで落ちた放蕩息子を責めず、ありのまま受け入れて、その罪を赦して下さったのです。
私たちは天の父に隠すことをせず、ありのままの自分を告白しましょう。
赦し、受け入れていただくためです!父の御前に罪を隠す必要はありません。
罪を隠すなら、その部分は神の恵みと回復を受けられなくなります。
父の前にありのままの姿で出て、愛と赦し、回復する力をいただきましょう。



【御名があがめられますように】

「御名があがめられますように」と言う願いが、一体何を願っているのか知らなくてはなりません。御名とは、神のお名前のことです。

名前が大切なことは言うまでもありませんが、聖書の文化では特に大切です。
「名は体を表す」と言われますが、聖書の考え方も同じです。
名前はその人自身を表し、その人自身のように扱われるのです。
聖書には神の名が幾つも示されています。エル・シャダイ=全能の神、神(エロヒーム=力に満ちる神)、主(アドナイ=主人)、ヤーハウェ(イスラ エルと契約を結ばれ、わたしはあると宣言される神=主)、創造主・・・等。
これらは皆、唯一の神を示す名前です。多くの神々ではなく唯一の神のお名前です。

神の名前には、神の御性質が表され、また私たちとの関係によって名前が示されてきました。私たちの救い主の御名はイエスです。イエスは「主は救 い」を意味するヘブル語から来ています。私たちはこの神の御名を信じる信仰によって救われました。
神の御名は神の御性質の表れであり、私たちとの関係を示しているのです。

神の御名があがめられるためには、神の御名とその意味を知らなければならないのです。
しかし、神の御名を神学書を開いて研究するのではありません。
神の御名は救いにおいて、また関係が深まることにより、選びの民に示された名前です。

イエスの名前は救いを体験していない人にとっては、教祖の名前にしか思われないでしょう。しかし救われた者にとっては、救いの喜びと平安をもたら す麗しい名前なのです。
救いを体験した者にとってイエスの御名は崇められる、礼拝される御名になるのです。

「御名が崇められますように」という祈りは、一人でも多くの人がイエス・キリストにある救いを体験し、心から父・子・聖霊の神を礼拝するようにと の心からの願いなのです。

また、「御名が崇められる」ことの反対は、「御名が汚されること」です。
神の御名を知っている私たちの残念な言動によって、御名が汚されることは何としても避けたいことです。宗教戦争、十字軍、魔女狩りなどの残念な教 会の歴史によって、神の御名に否定的な思いを抱く人は少なくありません。

私たちはキリストの救いに与り、神の御性質に触れることによってキリストに似たものに変えられたいと願います。それこそが神の名を知ることなので す。神の名を知る私たちの生き方を通して、この世界が真の神を礼拝するようになることこそ私たちの願いなのです。

まだ救われていない家族が、神を崇める者になりますように、イエス・キリストによって変えられた私の生き方を通しても、家族がイエスさまに心を開 き、救いを求めるようにと願い、主の祈りを祈りましょう。