「イエス・キリストは律法を成就するために来られた」
マタイ福音書5章17節から20節


5:17 わたしが来たのは律法や預言者を廃棄するためだと思ってはなりません。
廃棄するためにではなく、成就するために来たのです。
5:18 まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。
5:19 だから、戒めのうち最も小さいものの一つでも、これを破ったり、また破るように人に教えたりする者は、天の御国で、最も小さい者と呼ばれます。しかし、そ れを守り、また守るように教える者は、天の御国で、偉大な者と呼ばれます。
5:20 まことに、あなたがたに告げます。もしあなたがたの義が、律法学者やパリサイ人の義にまさるものでないなら、あなたがたは決して天の御国に、はいれませ ん。
マタイによる福音書5章17節から20節

【イエス・キリストが来られた目的】

「わたしが来たのは律法や預言者を廃棄するためだと思ってはなりません。廃棄するためにではなく、成就するために来たのです。(17)」

この箇所は、イエスさまが地上に来られた大切な目的を伝えておられる箇所です。
イエスさまが地上に来られたのは、律法や預言者、つまり旧約聖書を廃棄するためではなく、旧約聖書を成就するため、完成するために来られたのです。

イエスさまの教え、祈り方は、ユダヤ教の教師たちとはかなり異なっていました。
イエスさまは権威をもって弟子達と民衆に語り、また教えられました。
イエスさまは祈る時、「アバ父(お父ちゃん)」と祈られたのです。
パリサイ人を始め、民衆も、イエスさまが旧約聖書の教えを否定して、新しい宗教を造ろうとしていると疑っていたようです。

イエスさまはそれらの疑いをハッキリと否定されました。
旧約聖書を否定し、廃止するためではなく、成就するため、完成するために来られたと言われたのです。


【旧約聖書が目指していたものとは?】

聖書を読む時、多くの人は新約聖書から読み始めます。
イエスさまの愛と赦しに触れ、感動してイエスさまを信じます。
そして新約を読み終わり、旧約聖書を期待をもって読み始めると、だんだんと元気が無くなってきます。
レビ記の辺りで完全に読む気力が無くなってし まいます。

疑問が出てきます。新約と旧約につながりがあるのだろうか?
新約の愛の神と旧約の神は同じだろうか?
旧約の神は怒りと裁きの神ではないか?と。

結論から言うと、新約聖書と旧約聖書には密接なつながりがあり、旧約の神も、新約の神も、もちろん同じ愛と赦しに満ちた神さまなのです。

新約聖書も旧約聖書も目指しているものは同じです!それは神の国です。
山上の説教の主題が神の国であるように、旧約聖書も神の国が主題なのです!


【旧約聖書は未完の書である】

しかし、イエスさまが律法と預言者を廃棄するためではなく、成就するために来たと言われているように、旧約聖書だけでは神の国を実現することは出来ませんでした。

旧約聖書の教えが不完全なのでしょうか?そうではありません。
人間の罪があまりにも強力なため、正しい教えだけでは人は救われないのです。

神の国とは、唯一真の神との正しい関係、そして隣人との正しい関係にあります。
正しい関係とは、愛に満ち、いのちといのちが豊かに触れ合い、満たし合う関係です。

旧約聖書の律法、戒めは、私たちが神と正しい関係を持つために、また私たちが隣人と正しい関係を持つために書かれたものです。

旧約聖書の律法を完全に守ることが出来るなら、確かに私たちは神と隣人と正しい関係を回復し、愛といのちに溢れる豊かな関係、神の国を築きあげる ことが出来るのです。

旧約聖書の教えは正しく、戒めは聖なるものです。それは完全なのです。
しかし、その正しく聖なる教えを持ってしても、イスラエルは神の国の栄光を表すことが出来なかったのです。
それは私たちの内にもある罪深い性質の ためでした。

イスラエルが特別に罪深い国では決してありません。
イスラエル・ユダヤ人は、私たちの代表として神が選ばれた民族です。
イスラエルは神の強い御手によってエジプトの奴隷生活から救い出され、神の奇跡を体験し、律法と預言者、それに国までも与えられました。
神はイスラエルに、最高の救い、教え、指導を与えたにもかかわらず、イスラエルは真の神を捨て、偶像礼拝と罪深い生活を選びました。

イスラエルが特別に罪深いのではありません。神がもし日本を選ばれても結果は同じだと思います。

しかし、神は決してイスラエルを捨てませんでした!愛し、赦し、回復の道を用意されたのです。
これが旧約にハッキリと示されている神の変わること のない愛です。
イスラエルは自らの罪のために敵国の捕虜となり、約70年の間、敵国で暮らさなければなりませんでした。
これはイスラエルの矯正期間です。
罪の性質を懲らしめによって直そうと、神が計画されたのです。
バビロンから帰って後、イスラエルは確かに変わりました。偶像礼拝の罪から清められたのです。
聖書を学ぶための会堂が国中に建てられました。
戒めを徹底的に守ろうとするパリサイ派という宗教集団が誕生しました。
パリサイ派の信者は熱心に聖書を学び、律法を徹底的に守ろうとしていました。

イスラエルの歴史の中では、イエスさまが来られた時代が一番、旧約聖書の律法を守っていた時代と言えるのです。
しかし、それは表面だけでした。形式だけだったのです。

旧約聖書の律法が目指しているものは、神の国でした。
神と隣人との正しい関係です。愛と赦しに満ち、人々を生かす関係、それが目標です。
ところが、パリサイ人は神ご自身であるイエスさまを拒絶しました。
十字架に付けて殺したのです。
彼らは神を愛していると言いながら、神を虐殺したのです。
またパリサイ人は、律法を守れない人々を差別し、見下しました。
律法が人々との和解ではなく、憎しみと敵意を生み出したのです。
(これは残念ながらキリスト教も同じ間違いを犯しています。
だからこそ、イエスが成就した救いをしっかりと受け止めなければならないのです!)

律法は神からの完全な教えであり、聖なるものです!
しかし、その聖なる律法がイスラエルを救えなかったのは、私たちの内にもある罪深い性質のためでした。

パリサイ人から救われたパウロは告白しています。

「私たちは、律法が霊的なものであることを知っています。
しかし、私は罪ある人間であり、売られて罪の下にある者です。
私には、自分のしているこ とがわかりません。
私は自分がしたいと思うことをしているのではなく、自分が憎むことを行なっているからです。
私は、自分でしたいと思う善を行なわないで、かえって、したくない悪を行なっています。
もし私が自分でしたくないことをしているのであれば、それを行なっているのは、もはや私ではなくて、私のうちに住む罪です。
私は、ほんとうにみじ めな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。」
ローマ人への手紙7章14.15.19.20.24節

だれでも真剣に律法に取り組むなら、パウロの告白が真実であることが分かります。
私たち人間は、正しさによっては救われないのです!
何が正しく、行わなければならないのか分かっていても、それが出来ないのです。
また、してはならないことが分かっていても、それを止められない惨めな者です。

旧約聖書の律法は完全に正しく、また聖なるものです。
しかし律法は私たちを救いに導くことは出来なかったのです。
律法は私たちを救うためにあるのではなく、どれほど神から自分が離れているのか、また自分の行いでは決して救われないことを示し、救いがどこにあるのかを私たちに示すために書か れたものなのです!
その旧約聖書の律法と預言者達が救い主として紹介されている方がイエス・キリストです!
そしてイエスさまは律法と預言者を成就するために来られた と宣言されています。


【キリストの十字架の死と復活が旧約聖書を成就した!】

イエス・キリストはどのようにして旧約聖書を成就されたのでしょうか。
律法と預言者が目標としていたのは、私たちが神と隣人と正しい関係を持つことでした。
しかし、私たちの内にある罪の性質がそれを妨げているのです。

イエス・キリストは私たちの罪を十字架として、身代わりに背負われました。
罪の罰である死を、私たちに変わって受けられたのです。
キリストの死によって、罪は滅ぼされました。これがキリストの救いの業です!

私たちは誰でも、信仰によってキリストの十字架と結び合わせられるのです。
キリストが私たちの罪を身代わりに背負われたことを信じるなら、誰でも罪の赦しを受け、キリストの死によって、私たちの内にある罪の性質も滅ぼさ れるのです。

イエス・キリストは十字架上で死なれました。私たちが本来、自分の罪のために死ぬべきでした。
しかし三日目に罪と死に勝利して復活されたのです。
この復活こそ、私たちの救い、また希望です。
なぜならイエスを救い主として信じる者は、罪の性質に死に、キリストとともに新しい者、神の子供としての性質に生きる、復活のいのちが与えられる からです。

キリストは十字架の死と復活によって、律法と預言者、旧約聖書が目標としていた救いを成し遂げられたのです。

イエス・キリストの十字架と復活を自分の救いのためであると信じる者は、罪と死からの解放を受け、神の子供としての新しい性質、罪に負けない復活 のいのちを受けるのです!

私たちには神と隣人との関係において、正しくない部分、愛と赦しを行っていない部分があります。
自分で止めようとしても、止められない自分の惨め さに嘆くだけです。
その罪のためにイエスが十字架を背負って下さったことを信じましょう。
また自らの罪、善に生きられない弱さを天の父に告白しましょう。
天の父は、ご自身の霊である聖霊を私たちに遣わし、私たちを強め、神の子供としての性質を養って下さいます。
聖霊に導かれ、聖霊の助けなしには本当の愛に生きられません。
しかし、イエスを信じる信仰によって、父に願うなら、父なる神は豊かに助け主である聖霊、神の力であり、約束を実現される聖霊を豊かに私たちに遣 わして下さるのです。

イエス・キリストは律法と預言者、救いを、十字架の死と復活によって実現、成就されたのです!
これが私たちの救いの源です。信じましょう。