「キリスト誕生を喜ぼう!」
マタイによる福音書2章1節から12節
牧師 小林智彦

【喜ばしい報せを伝えたのは何と・・・!】

ユダヤ人が長い間待ち望んでいた王、キリストが誕生した!
この喜ばしい報せは、まったく意外な人物たちによってユダヤに伝えられました
遠い東の国から来た占い師達によってです!
新改訳聖書では「博士たち」と訳されていますが、ギリシャ語ではマゴスになっています。
このマゴスは新約聖書の他の箇所では、魔術師と訳されています。(使徒13章6節)
なぜここではマゴスが「博士」と訳されているかと言うと、魔術師、もしくは占い師がイエスさまの誕生を伝えるのは可笑しい、奇妙に思えるからです。
占いは旧約聖書の中で禁じられ、占い師、魔術師はユダヤ人から憎まれる存在でした。
旧約聖書では魔術師は神に敵対する暗やみの世界に属する存在、悪魔の手下でした。

マタイはユダヤ人の王キリストの誕生に、ユダヤ人が気付かないで、何と憎むべき魔術師、それもユダヤ人が、これもまた蔑む外国人によって伝えられたと記しているのです。
ユダヤ人にとって最も名誉になること、それがキリストの誕生でした。
キリストの誕生は長い間、預言としてユダヤ人に伝えられ、待ち望まれていたのです!

ところが一番肝心なユダヤ人が救い主の誕生に気付かず、外国人の、それも憎むべき魔術師達が気付き、わざわざ遠いエルサレムまで来て伝えてくれたのです。
これはとても皮肉です。
マタイは福音書をユダヤ人のために書いたと考えられていますが、それは決してユダヤ人を喜ばせるために書いたのではありません。霊的に覚醒させるために書いたのです。
当時のユダヤ人は自分たちを救う王が来られたのに、まったく気が付かないほど、霊的に堕落していた、神を見上げる目が曇っていたことを戒めているのです。

マタイはユダヤ人を戒めるために、マゴス(外国人魔術師)による福音伝達を取り上げているのですが、私たちへの戒めとしても受け取りたいと思います。

私たちはの神を見上げる目は曇っていないでしょうか?
自分の欲望、自分の願望を叶えてくれる都合の良い神さまとして神を見上げていると、生きて働かれている真の神は見えなくなります。
今も生きて働かれる神は、私たちの都合や願望通りには決して動かれないからです。

神の民と呼ばれていたユダヤ人の霊的な目を曇らせていたものが幾つかあります。
私たちの内にも、彼らと同じ過ちがないかを吟味し、清い心で主を見上げましょう。
イエスさまが教えられたように、心の清い者は幸いです。その者は神を見るからです。
清い心で、私たちは救い主キリストを見上げて行きましょう。

【喜ばしい報せに対するユダヤ人の反応】

喜ばしい報せを伝えたのが魔術師だったと言うのはビックリするほど以外でしたが、更にビックリすることが続きます。それはユダヤ人にとっては最高の喜びである王の誕生、キリストの誕生がまったく喜ばれないことです。

先ずヘロデ王の反応です。
「それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。(3節)」
次ぎに神の都、エルサレムに住むユダヤ人達の反応です。
「エルサレム中の人も王と同様であった。(3節後半)」

「キリストが、あなた方の待ちに待った王が誕生した!」この報せに、神の都エルサレムは喜びの反応を示さなかった!喜びとはまったく別の反応、恐れ惑ったのです。
「恐れ惑った:taravssw (ギ)タラッソー」はかき乱される、混乱する、狼狽するなど強い恐怖を表現する言葉です。

魔術師達はビックリ仰天したと思います。
「あなた達の待ち望んでいた救い主がやっと生まれましたよ!何処におられますか?
私たちにも拝ませて下さい!」その思いでやって来た魔術師達。
ところが神の都エルサレムでは誰もキリスト誕生を知らない。
それどころかヘロデ王を始め、エルサレムの住民は深い恐怖に突き落とされたような、精神的に狼狽しているのが目に見える。
伝える場所を間違ったのか?魔術師達はそのように思ったのではないでしょうか。

エルサレムに住むユダヤ人はヘロデ王を始め、キリストの誕生を喜ぶのに相応しい人たちではなかったのです。

人の心を良く知っている神の天使達は、キリストの誕生の報せを羊飼い達に伝えたことがルカによる福音書には記されています。

神の都エルサレム、エルサレムの名は神のシャローム、神の平安と言う意味にもかかわらず、真の神の登場に平安と喜びではなく、深い恐怖に包まれたのでした。

何が!?このような悲劇的な状態にユダヤ人を変えてしまったのでしょう。
まずヘロデ王ですが、彼は権力を何よりも愛する人物でした。
お金と、人を自由に操れる権力、強力な軍隊が彼にとっては全てでした。
彼は自分の力を増し加えてくれる者なら大歓迎でした。
ローマ皇帝に対しては、ヘロデ王は子犬のように可愛く、従順な態度を取りました。
しかし自分の権力、地位を脅かす存在には残虐な本性を丸出しにしました。
彼は息子達が自分の王位を狙っている、その噂で実の子どもたちを次々処刑しました。
最愛の妻も、親せきも彼の地位を脅かす存在には容赦せず殺害しました。

自分の権力を守るためなら、家族すら平気で殺害する男、彼は神が自分の権力を脅かすなら平気で神とも戦い、神をも殺そうとしたのです。
ベツレヘムの幼子を皆殺しにすることなど、ヘロデには平気なことでした。

ヘロデには権力こそ神であり、力こそ全てでした!
なぜなら権力、お金、軍事力は自分を神にしてくれるからです。

権力、お金、人を自由に操れる力が欲しい、そう願っている人にはキリストの誕生は喜びではなく悲しみであり、恐怖であり、憎しみに変わるのです!

権力、お金、人を自由に操れる力が欲しい。キリストを信じれば、人を押しのける力を得られるかもしれない、そのような動機でキリストを信じるなら、最後は失望と怒りで終わります。心の深い喜びにはなりません。

イエス・キリストは私たちの欲望を満足させるために来られたのではありません。
キリストが来られた目的は、後ほどお話しします。

エルサレムの住民たちもヘロデ王のように深い恐怖に陥ったとマタイは伝えています。
これはヘロデ王がまた血を流すことを恐れたからとも考えられます。
エルサレムの住民は、静かで落ち着いた暮らしがかき乱されることを恐れたのです。
彼らには王キリストを迎え入れることよりも、自分の落ち着いた暮らしが大切でした。

自分の今までの考え、自分の今までの生活、習慣を変えたくない人にとっては、キリストの誕生は喜ばしい報せにはならないようです。
このエルサレムの住人たちの不安は当たっています!
それはキリストが来られた目的とも合致しています。

キリストを心に受け入れ、彼を王として迎えることは、人生の大変革をもたらします!
キリストを主としながら、生き方が変わらないという人はあり得ないのです。
エルサレムの住人達は変化を嫌いました。今までの生き方に安住し、変革をもたらすために生まれたキリストを歓迎できなかったのです。

私たちはどうでしょうか?進んで心を変えて欲しい、自分の人生に変革をもたらして欲しいと願っているでしょうか?私たちの心が柔軟で、砕かれているなら、キリストの存在はいつも喜びです。キリストともに歩む人生は、キリストの心に私たちの心が近づく喜ばしい歩みになります。

しかし、心が頑なで、過去の生き方に固執し、変革にたいして防御的になるなら、キリストの存在もその言葉も心をかき乱すだけのものになるかもしれません。

【キリストの誕生をこの上もなく喜んだ人たち】

驚いたことに、ユダヤ人の王が誕生した報せはユダヤ人には喜びにはなりませんでした。しかし、この報せにこの上もなく喜んだ人たちがいます。それがこの魔術師達でした!

2:9 彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。
2:10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。
2:11 そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた

魔術師達は、この上もなく喜びました!
この上もない、最上級の喜びです。ギリシャ語ではメガが使われています。
メガと、激しくという、これも強さを表す副詞が繰り返され用いられています。
メチャメチャ喜んだ、メガ激しい喜びを喜んだという表現です。

これは!真理です。救い主キリストとの出会い以上に、私たちに喜びを与えるものはないと聖書が私たちに教えているのです。

キリストとの出会いを体験して欲しいと心から願います。
これは最高の喜びです。そして、これは決して一回限りの出来事ではありません。
日々キリストに出会う時、私たちの心には喜びが湧き上がってきます。

それにはキリストに出会う相応しい心の態度が必要です。
またキリストが来られた目的を正しく知る必要があります。
キリストに出会う相応しい態度、キリストの来られた目的を、私たちはメチャクチャ喜んだ魔術師から学びたいと思います。

【キリストとの正しい出会い方】

2:11 そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた

魔術師が幼子イエスに捧げた贈り物の中に、キリストの来られた目的とキリストを心に迎えるための相応しい態度が表されています。

@黄金

魔術師は幼子イエスにひれ伏して拝みました。そして先ず黄金を捧げました。
黄金は錆び、朽ち果てることがありません。これは王の権威を象徴すると考えられます。
魔術師は幼子イエスにひれ伏し、自らの王としてイエスを心に迎え入れたのです。

誰でも心の中心に王座があります。
その王座に誰が座るのか、それがその人の人生を左右します。
お金が王座に座っている人がいます。その人はお金の僕であり、お金に支配されます。
異性が王座に座っている人。異性に振り回され、考えていることはいつも異性のことです。会社が王座に座っている人、他人にどう思われるかが王座にすわっている人、様々です。
自分が王座に座っているヘロデ王のような人もいます。自己中心で傲慢です。
ヘロデは真の王キリストに、決して心の王座を明け渡しませんでした。

救いとは心の王座にキリストをお迎えすることです!
心の王座にキリストが座られ、私たちがキリストに仕える時、深い喜びが私たちの心に沸き上がってきます。

心の王座はもともと、人間を創造された神のためにあるのです。
罪が心に入ってきて、心の王座から神を追いだしてしまったのです。
人間はそれ以来、神以外のもので心の王座を満たそうと彷徨ってきました。
その結果、いつも不安と恐れ、孤独、憎しみ、迷いで心が満たされ、生きる意味も目的も喜びも見いだせないものになったのです。

しかし神は救い主キリストをわたし達に遣わされました!
その王座に、私を着かせなさいと、私たちの心を叩いておられるのです。
心の王座に自分が座っている人は、王座から降りてイエスを迎え入れて下さい。

今まであなたの心を占めていた不安、恐れ、迷いからキリストは解放してくだいます。
心には喜びが溢れてきます。

A乳香

魔術師が捧げた二つ目の捧げ物は乳香でした。
これは中東では今も礼拝や祈りの時に焚く香として用いられています。
乳香は神との和解、神との正しい関係を象徴しています。

礼拝とは神との心と心の交流です。
心が自由に神に触れ、神の似姿に私たちの心は変えられていきます。

頑な心、自己防衛的な心は礼拝を妨げます。
心を神に開き、神のことばに対して素直に聞き従いましょう。
神に変えて頂くことを期待して、神のことばを聞きましょう。
みことばは私たちの心を変えます。神の似姿に心が変えられる時、心には喜びが溢れます。

B没薬

没薬は私たちにとって馴染みのないものです。
イスラエルでは死体に塗る香料としても使われます。これはキリストの来られた目的を象徴的に表していると考えられます。

キリストが来られた真の目的は、私たちの罪の為に身代わりとして死なれることでした。
罪の代価は誰かが支払わなくてはなりません。
私は犯罪者ではないと言う方もおられるでしょう。私も犯罪者ではありません。
ここで言う罪の代価とは、神と再び関係を築き直すために必要とされる正しさを私たちは失っていることです。誰かが身代わりに罪の代価を支払い、神の前に立てる正しさを取り戻す必要があるのです。

罪のない、神の一人子イエスがご自身の血といのちをもって私たちに神の前に立てる正しさを取り戻して下さいました。

キリストの十字架で流された血が私たちの罪を赦し、邪悪な良心を清めるのです。
キリストの死は私たちの悪を喜ぶ罪深い性質を滅ぼし、キリストの復活のいのちは神とともに歩む新しい神の子どもとしての性質を私たちに与えるのです!

あなたはキリストが自分の罪のために死なれたことを信じ、受け入れますか?
キリストが自分の罪の為に死なれことを信じ、自分の罪を、罪深い性質をキリストに告白し、十字架で滅ぼしていただくとき、私たちの心には新しい心が与えられます!
神の子どもとしての新しい性質、これが喜びの原点です!永遠へと続くいのちの源です。

私たちも、黄金、心の王座をキリストに明け渡し、乳香、神との礼拝を通し、没薬、罪に死んでキリストの復活のいのちで満たされましょう。これが喜びの源です。

【なぜ魔術師がキリストに出会えたのか?】

最後になぜ魔術師がキリストに出会えたのでしょう?
マゴスは魔術師、占い師ですが、彼らは自分の未来を正確に占ったのでしょう。
占いは聖書が禁じている罪ですから、どんな占いにも関わらないで欲しいと願います。
すべての占いは悪霊の言葉です。悪霊に自分の未来を委ねることになります。

だから皆さんに、聖書の占いをして上げましょう。これは確実に当たる占いです。

先ず確実に当たる占いです。皆さんの将来に一番大きなことです。

「そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」
ヘブル人への手紙9章27節

これは一人の例外なく、私たちの人生に待っていることです。
そしてもう一つ。

「罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。」ローマ人への手紙6章23節

誰も死から逃れられません!しかし、死が永遠の滅びとなる人と、死が更に完全ないのちのスタートになる人がいます。

神が遣わした救い主イエス・キリストを受け入れるなら、肉体の死は永遠の滅びにはなりません。却って不完全な肉体が滅び、完全な栄光の体を受け、神との永遠を過ごす始まりとなるのです。

ヘロデ王のように、エルサレムの頑なな住人のようにではなく、マゴス達のように、聖書のことばを受け入れて、私たちを救うために神が遣わした救い主キリストを心に迎え入れましょう!最上級の喜びをともに喜びましょう。