「光の子どもらしく歩みなさい」
エペソ5章7節から21節
牧師 小林智彦

【闇から光へ、偽りの愛から真の愛へ】

「ですから、彼らの仲間になってはいけません。あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。――光の結ぶ実は、あらゆる善意と正義と真実なのです。――」エペソ5章7節から9節

パウロはキリストの救いを受ける前と、救いを受けた後を暗やみと光に対比しています。
私たちはキリストの救いによって、暗やみから光の子どもに変えられました。

私たちを変えたのはキリストの愛と赦しです!
私たちが以前、暗やみであったのは、本当の神を知らなかったからです。
キリストの無条件の愛、無条件の赦しを知らなかったからです。

愛を知らない人生は辛いです。生きるのが辛く空しく感じるのは愛を知らないからです。
愛を知らない心の渇きは激しく、心を癒すために偽りの愛でも求めてしまいます。
ある人は渇きを忘れさせる中毒、酒や薬等で心を誤魔化す人もいます。
しかし偽りの愛、渇きを忘れさせる毒は、私たちの心と体をボロボロにしてしまいます。

そして偽りの愛は心を完全に満たすことはありません!また渇くのです。
この暗やみ状態、希望が無く、滅びに向かって行く死の束縛状態から、イエスは私たちを救いだして下さいました。


イエスは私たちをありのままで愛し、ありのままを受け入れて下さいました!
イエスは私たちを無条件に赦し、いのちの交わりの中に私たちを招いて下さったのです。
私たちの罪と病を身代わりに背負い、十字架で私たちの代わりに罰と死を受けられました。私たちはキリストの十字架によって罪赦され、罪と死の束縛から解放されたのです!
これがキリストにある救いです。
三日目にキリストは死を打ち破り、復活されました。
いま私たちにはキリストの復活のいのちが注がれています。
キリストにある、新しい光の子としての性質が、聖霊によって与えられているのです!

だから、再び暗やみの仲間入りをしてはならないとパウロは二度も強調しています。
本当の神の愛を知っているなら、なぜ偽りの愛を求める必要があるでしょうか?
自分と隣人を傷つけ、一時的な快楽に過ぎない偽りの愛を求めるのは賢明でしょうか?

もし私たちがキリストを知る前の過去の生き方に未練を感じ、正しくない愛(不倫、ポルノ、結婚によらない性的関係)に心が引かれるなら自分の心を吟味して下さい。
自分の心の中に、キリストの愛が輝いているか?
神の愛が泉のように、み言葉の確かさとともに心を新鮮に潤しているか?
その愛が溢れて、神と隣人を愛する生き方に自分を押し出しているか?

もしキリストの愛が心に輝いていないなら、愛が溢れていないなら、祈りましょう。
自分の姿をありのまま認め、神に告白して下さい。愛を示して下さいと祈りましょう。
キリストの愛を深く体験させて下さいと、心から求めて下さい。
神は必ず聖霊によって、神の愛をあなたに示し、愛であなたを満たして下さいます!

【むしろ、それを明るみに出しなさい】

「そのためには、主に喜ばれることが何であるかを見分けなさい。実を結ばない暗やみのわざに仲間入りしないで、むしろ、それを明るみに出しなさい。」エペソ5章10.11節

主が喜ばれる生き方、光の子どもとして相応しい生き方は、暗やみのわざに仲間入りすることではなく、それを明るみに出すことです。

「それを明るみに出す」とは、他人の行っている隠れた罪を暴露することと理解するよりも、自分が過去に行っていた生き方を明らかにすると理解した方が良いでしょう。

キリストに出会う前、自分が愛を求めて彷徨っていた頃の空しい暗やみの生き方。
正しくない愛の形では、決して心の満足は得られなかったことを明るみに出すのです。
キリストの愛によって、自分がどれほど変えられ、満たされたかを明らかにすのです!

キリストの愛を受けて、変えられた人生、満たされた証しは主に栄光を帰します!
キリストの愛をあかしする人生は、主に喜ばれる生き方です。
自分の変えられた人生を通して、キリストを証しすることは、暗やみに愛を求めて彷徨っている人には希望を伝えることになるのです。

本当の愛を求めて多くの人が偽りの愛に救いを求めています。
愛のない人生の辛さを誤魔化すために、多くの人が薬物、酒、中毒に逃げています。
そこには本当の救いがないこと、本当の愛も安らぎもないことを伝えられるのは、同じ暗やみから救い出された私たちしかいないのです!

私たちは宗教を伝えるのではありません!生ける真の神、私たちを愛して、私たちの為に十字架でいのちを投げ出されたイエス・キリストの愛を証しするのです。

あなたの回りにいる多くの人は、あなたの証を必要としています!
キリストの愛によって変えられた自分を明るみに出して下さい!

イエスさまによって本当の愛を知り、変えられたサマリヤの女性は直ぐに証を始めました。

「来て、見てください。私のしたこと全部を私に言った人がいるのです。この方がキリストなのでしょうか。」ヨハネ福音書4章29節

村八分にされていたスキャンダラスな一人の女性を通して、サマリヤの町に救いが訪れました。暗やみが濃いほど、キリストの愛と希望の光は強く輝くのです!

あなたが救われたことは、あなたの家庭、職場、学校、地域の救いの希望なのです。
自分の証を通して、救いの希望をまわりの人に伝えましょう。


【御霊に満たされなさい!】

「また、酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさい。
詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。」エペソ5章18から20節

皆さん、聖霊に満たされましょう!聖霊に酔いましょう!決して悪い酔いはしません。
私たちは絶えず何かに心が満たされることを求めています。
心が満たされない状態も辛いのです。
正しいもので満たされないなら、悪いものででも心を満たそうとします。
酒で心を満たそうとしても、健康を害し、お金を浪費し、酔って他人に迷惑を掛け、物事を正しく判断出来なくなり、性的な罪を犯しやすくなります。(アルコールを全て禁止しているのではない。酒に支配されることを禁じている)

聖霊に満たされましょう!神の霊に心を満たしていただきましょう。
聖霊に満たされるには、神に心を開き、神を賛美することです!
神を誉めたたえ、キリストの愛を賛美しましょう。
私たちの人生を守り、導いておられる主を信じて、全てのことを主に感謝しましょう。

神の霊に満たされる時、私たちの心はキリストの愛に満ち溢れます!
神の霊に満たされる時、私たちは偽りの愛や、酒、薬は要らなくなります。

心に神のみ言葉を蓄え、賛美と感謝で神を誉めたたえましょう。
聖霊が神の愛を溢れんばかりにあなたに注ぎ、愛に押し出されて歩むようになります。
-----------------------------------