「あなたは恵みのゆえに、信仰によって救われた!」
エペソ人への手紙2章から
牧師 小林智彦

今日はエペソ人への手紙2章から、神の恵みをいただきましょう!
エペソ1章ではキリストにあって私たちが、どれほど愛されている者なのかが明らかにされていました。

私たちは、あらゆる霊的祝福によって祝福された者、世界が始まる前から神に選ばれた者、神に愛されるために生まれた者でした!
そして私たちはキリストによって集められ、一つになってキリストの栄光を現すキリストの体となるために呼び集められたのです。これがエクレシア(教会)でした。

1章に書かれてある私たちの姿は、神から見た私たちの姿と言えるでしょう。
これを理解するためには、パウロの祈りにあるように知恵と啓示の御霊の働きが必要です。2章はキリストに出会う前の自分の姿、そして救われた後の自分の姿が書いてあります。自分に起きた実際の救いの出来事を通して、心から神を誉めたたえるためです。
この2章から、私たちに与えられた救いの偉大さを覚え、心から神を礼拝しましょう!

「しかし、あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、 ―― あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。―― キリスト・イエスにおいて、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。」エペソ2章4節から6節

【罪過の中に死んでいた・・・】

パウロは救いを受ける前の私たちを「罪過の中に死んでいた」と表現しています。
この表現は2章の中に、1節と5節で繰り返されています。

死とは、聖書的な意味においては「分離」から来ています。
本来は神によって造られ、神とともに生きるように造られた人間が、神のもとから離れてしまった。罪のゆえに関係が断絶してしまった。
肉体は生きているとしても、人間の本質的な部分である霊は神との交わりを失ったことにより死んでしまっていたのです。

心の一番深い部分、霊の部分は神との関係によってのみ生きるのです!

私たちが最も必要とする心の深い平安、喜び、生きる目的や意味は、すべて私たちを愛をもって創造された神との深い交わりの中から与えられるのです。

【あわれみ豊かな神は、私たちを愛された】

神との交わりを失い、人生の意味も目的も分からず彷徨っていた私たちを、神は見捨てず、救いの道を、一方的な愛によって開いて下さいました!

神との関係を修復し、再び神との生ける交わりを持つために、神が私たちに与えられた救いの手段、それがイエス・キリストなのです!

イエスは神が私たちに遣わした救いの道です。イエスご自身がこのように言われました。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。(ヨハネ福音書14:6)」

神が私たちを憐れみ、愛し、一方的に私たちに与えた救いがイエス・キリストです。
誰でもイエスを救い主として信じるなら、失っていた神との関係を取り戻すのです!

私たちが救われるためにすべきことは、ただ一つ、イエスを救い主として受け入れるだけです!私たちが救われるために必要な全てのことは、キリストが私たちに代わって成し遂げて下さったのです。私たちはそれを受け取るだけで良いのです!

キリストは私たちの身代わりに十字架の上で罰を受けられ、身代わりに私たちの病と死を
受けられました。私たちは信仰によって、キリストの死と、そしてキリストの復活に結びつけられたのです!

私たちは神から離れ、罪過の中に死んでいた者です。
しかし、イエス・キリストによって神と和解し、関係は修復されました。
罪も死も、キリストによって葬り去られ、神のいのちが今、私たちに注がれています。

【ともに天の所にすわらせてくださいました】

「キリスト・イエスにおいて、ともによみがえらせ、ともに天の所にすわらせてくださいました。」エペソ2章6節

これがイエス・キリストを信じている私たちの姿です!
イエスを信じたあなたは、キリストとともによみがえった者です!

お隣の人に言って下さい、「あなたはキリストとともによみがえった者です」と。
また、自分にも言って下さい「私はキリストとともによみがえりました」と。
これがあなたの本当の姿です!あなたは神と二度と失われない命の関係を持った者です。
この霊的な命は決して失われることなく、肉体の死も勝利に飲まれてしまいます。

そしてさらに驚くべきことが書かれてあります!
「ともに天の所にすわらせてくださいました。」

これが私たちの姿です!私たちは、今地上に居ますが、キリストと一緒に天に座ってもいると言うのです。感覚や常識では理解できないことですが、私たちは確かにキリストと結び合わされたのです。

この真理はコロサイ人の手紙の中でも繰り返しパウロは教えています。

「こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神のうちに隠されてあるからです。
私たちのいのちであるキリストが現われると、そのときあなたがたも、キリストとともに、栄光のうちに現われます。」コロサイ3章1から4節

私たちの本質的な部分は、既にキリストとともに天にあると言うのです。
私たちの肉体は不完全であり、やがては滅びる物。キリストの再臨の時、栄光の体が与えられる時が私たちの完成の時なのです。

それならば、キリストを信じた時に霊だけでなく体も天に移して欲しいと願うのですが、同じことをパウロも言っていますが、地上に体が残っているのは何故でしょうか。
地上で果たすべき大切な役割があるからなのです。
このあわれみ豊かな神、愛と恵に溢れた神とその救いを知らない人々に示すためです!

私たちはキリストの体の部分であり、私たちがキリストに在って一つになる時、私たちの間には神の愛と恵が流れるのです!私たちが互いにキリストの愛で結ばれること、これこそが真の神を表すのです。

私たちはキリストと一緒によみがえり、キリストと一緒に天に座っています!
キリストと私が結ばれているように、キリストを信じる私たちもキリストによって結ばれています。私たちはキリストにあって一つです!

私たちの間に流れるキリストの愛と恵を地上に示しましょう!
神を知らない人々が、神を知るために、また神に希望を持ち、イエスを受け入れるために。

【あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです】

「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。」エペソ2章8.9節

私たちは一方的に神に愛され、一方的な恵によって救われました。
全ての罪が赦され、神の子とされる特権が与えられ、永遠を天で神と過ごす者にされました。これらは全て神からの賜物、プレゼントなのです。
この神からのプレゼントを、ありがとう!と言って受け入れるだけで救われるのです。
私たちのすることは、宅急便の受け取りにハンコを押すように、アーメンと信じるだけです。救いに関して、誰も自分を誇ることは出来ません。

これは自分の誕生と全く同じです。自分は苦労してお母さんのお腹の中で成長して、辛い思いをしてお腹から出てきたと言う人はいません。みんなお母さんが苦労してくれたのです。だから母親、父親はありがたいのです。

救いも全く同じです!神が救いに必要な全てを成し遂げて下さいました。
私たちがただ天の父、御子イエス・キリスト、聖霊なる神を誉めたたえるためです!
神の恵みと無条件の愛を覚える時、私たちは心から神への賛美が溢れ出ます!
私たちはキリストにあって与えられた自分の新しい姿を覚える時、感謝せずにはいられなくなります。

神の恵みを覚えましょう!神の愛をいつも覚えましょう!
神にある自分の姿を覚えて、この新しい一週間も賛美と感謝の中を歩みましょう!