「バルテマイの救い」
マルコによる福音書10章46節から52節
牧師 小林智彦

【ダビデの子のイエスさま】

「彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群衆といっしょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲人のこじきが、道ばたにすわっていた。ところが、ナザレのイエスだと聞くと、『ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください。』と叫び始めた。」マルコ10章46.47節

バルテマイという盲目の人がエリコの町外れに住んでいました。
エリコの町はエルサレムの手前にあります。長い坂道を上っていくとエルサレムです。
イエスさまが病を癒し、悪霊を追いだし、奇跡を行う評判は、エリコの町に届いてました。
エリコの住民はひと目、イエスさまを見ようと、大変な騒ぎになっていたのでしょう。

イエスさまの評判を、バルテマイもしっかりと聞いていたようです。
多くの群衆は、その評判から、興味本位でイエスを見ようとしていました。
しかし、バルテマイは違いました!
イエスさまのなさった奇跡、癒しが、彼の心に信仰を生じさせたのです!

聞くことは大切です。なぜなら信仰は聞くことから始まるからです。
福音を聞き、神のことばを黙想するうちに、み言葉は私たちの心に信仰を生じさせます。
神のことばから生じた信仰には命があります。私たちを動かす力になります。

バルテマイが聞いたのはイエスさまについての噂であり、評判でした。
しかしその噂を通して、バルテマイの中に信仰と希望が生じたのです。

エリコの群衆はイエスさまのことを「ナザレのイエス」と呼んでいました。(47節)
「ナザレのイエス」とは、「ナザレ村出身」の「イエス」という意味です。
イエスはギリシャ語読みですが、ヘブル語で読むと「イエシュア=ヨシュア」です。
旧約聖書ヨシュア記のヨシュアです。ヨシュアの名前は有名なので、当時多くの人が勇者ヨシュアにあやかろうと自分の子どもにヨシュアの名前を付けていました。
あまりに多いので、ナザレ出身のヨシュアとイエスを呼んだのです。

しかし、バルテマイはイエスを「ダビデの子」と大きな声で叫びました。
「ダビデの子」とは、当時のユダヤで、世の終わりに神が遣わす救い主を指す表現でした。
「ダビデの子」とは救世主、つまりキリストを指しているのです。

エリコの群衆はイエスを「ナザレのイエス」と呼びました。
一目見ようと集まってきましたが、ただの興味本位であって、信仰ではなかったのです。しかし、バルテマイには信仰がありました。
イエスを「キリスト」、「ダビデの子」と信じる信仰が彼の中にはありました。

大勢の群衆がイエスを取り巻いていました。口々に様々なことを叫んでいたでしょう。
しかしバルテマイの叫び声だけが、イエスの耳には届いたのです!
十字架の運命が待っているエルサレムに向かって、一心に歩み続けるイエスさまの足を止めるほどの叫びでした。バルテマイの叫び声があまりに大きかったからでしょうか?
そうではありません!イエスをキリストとする信仰の叫びがイエスの耳に届いたのです!

「神は私の祈りを聞いておられるのだろうか?クリスチャンは地球上に20億人もいるけれど、神は他の人の祈りは聞いても、私の祈りは聞かれないのでは?」そのように思ってはいませんか?

大丈夫です!あなたの中に、イエスはキリスト、救い主と信じる信仰があるなら、あなたの祈りは聞かれています。あなたの心の叫び、痛み、苦しみ、心配も神には届いています。
群衆の中からバルテマイの叫びを聞き分け、エルサレムを目の前に急いでいても足を止めて下さったイエスさまは、あなたの心の叫びを聞いて下るのです!

【私をあわれんでください】

「私をあわれんでください。(47節)」とバルテマイはイエスさまに叫びました。
イエスさまは「あわれんで下さい」と言う、祈り、願いを無視できないお方です!

イエスさまはパリサイ人に向かっては、お前たちの祈りは聞かれないと教えられました。
なぜならパリサイ人たちは自分の正しさを神の前に誇るだけで、神の前にあわれみを乞うことを忘れていると指摘されたのです。(ルカ18章9節から14節参照)

パウロは、神の力は私たちの弱さの中に現されると言いました。(第二コリント12:9)
神の力は私たちの強さの中に、誇りの中に、自慢できる何ものかの中には現れません。

神の御前に自分の本当の姿をさらし、自分ではどうにもならない自分の弱さ、問題を正直に神に申し上げましょう。「神よ、私をあわれんでください!」
心からの叫びが、神とあなたを結び合わせるのです!

神の御前に、出来る自分、よい子の自分を演技しないで下さい。
神が求めるのは、善人のフリをしている人ではありません。
イエスさまが来たのは善人ではなく、罪人を招くために来たと言われました。

神はありのままの私たちを求めておられるのです!
生きるのに辛く、不安を抱え、同じ失敗を繰り返してしまう。自分の弱さに自分で嫌になるような自分でも、イエスは私たちを愛し、受け入れて下さるのです。

「ありのままのあなたで良いよ!」、そう仰って下さるイエスさまに出会って下さい!
私たちは弱いまま、罪あるまま、そのままで受け入れられるから、神の中に愛と平安を見いだすのです。

【彼はますます・・・叫び立てた】

「そこで、彼を黙らせようと、大ぜいでたしなめたが、彼はますます、『ダビデの子よ。私をあわれんでください。』と叫び立てた。」マルコ10章48節

バルテマイが信仰の叫び声をあげた時、回りの人は彼をたしなめたとあります。
神に向かおうとすると、それを押しとどめようとする邪魔が入ることがあります。
特に日本では、宗教の違い、家族の反対、仕事や学びの忙しさなどが私たちの信仰生活を妨げる時があります。

しかし、バルテマイは「ますます・・・叫び立てた」とあります。
私たちもバルテマイを見習いましょう。

大切なことは、神を呼び求める叫びを止めないことです。
神に期待することを止めないことです!

確かに日曜日の礼拝に毎週通い続けることは大変でしょう。
健康がそれを許さない場合もありますし、仕事、学校の試験、家族が病気になったりと、様々な事情で礼拝に来られない場合があると思います。
でも皆さん、大丈夫です!日曜日の礼拝だけが礼拝ではありません。
大切なのは、心から神に向かって叫ぶ、叫び声です!
神に期待し続ける心の姿勢、神を求め続ける心の姿勢、神を愛する心の姿勢なのです!
これを決して失ってはならないのです。

神に向かって叫ぶ心の叫びを押しとどめるものは何もありません。
どんな迫害や苦難も、私たちの神への心の叫びを止めることは出来ないのです。

外にあるものは私たちの心の叫びを止めること、邪魔することは出来ません!
しかし、実に私たちの心こそが、信仰の一番の妨げになることがあります。
神への無関心、神に期待しなくなること、神よりも他のものを信頼すること。
多くの人が、外からの迫害や邪魔によって神を求めなくなるのではなく、実に自分の心が信仰心を妨げてしまうのでないでしょうか?

本当の救い、解決、解放は神から来ます!
もし神に対する情熱が冷め、神に期待する心が弱くなっているなら、それを主に告白して下さい。そして聖霊様の助けを求めましょう!
バルテマイのように、ますます叫び立てるように、聖霊様に信仰を注いでもらいましょう!

「御霊を消してはなりません。」(新改訳)第一テサロニケ5章19節
「"霊"の火を消してはいけません。」(新共同訳)第一テサロニケ5章19節

パウロは御霊を消すな、霊的な情熱、熱さを失ってはならないと注意しています。
神への情熱は、聖霊様が私たちの心に注いで下さるのです。
今、心から聖霊様に、神への情熱、神への期待を注いで下さいと祈りましょう!

【あの人を呼んできなさい】

「すると、イエスは立ち止まって、『あの人を呼んで来なさい。』と言われた。そこで、彼らはその盲人を呼び、『心配しないでよい。さあ、立ちなさい。あなたをお呼びになっている。』と言った。すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。そこでイエスは、さらにこう言われた。『わたしに何をしてほしいのか。』
すると、盲人は言った。『先生。目が見えるようになることです。』」49節から51節

バルテマイに喜びの時がきました!イエスさまが、彼の叫びを聞き、彼を呼んだのです!
祈りが聞かれる時ほど、嬉しい時はありません!

あなたが救われた時、神と初めてであった時の喜びを思い出して下さい。
誰からも声を掛けてもらえなかったバルテマイ、誰からも価値を認められなかったバルテマイが、大勢の群衆の中から選ばれ、呼び出されたのです!

私たちも同じではないでしょうか?神に選ばれる、何の良い行いも理由も無いのに、主は私たちを一人ひとり救いに招いて下さったのです。呼んで下さったのです。

バルテマイはイエスさまに呼ばれた時、喜びに溢れました!
上着を脱ぎ捨て、直ぐに立ち上がって、イエスさまのところに行ったのです。
なぜバルテマイは上着を脱ぎ捨てたのでしょうか?
バルテマイにとって上着はとても大切なものだったと思われます。
寒さをしのぐために大切な上着。寝る時は布団の役目を果たし、また物乞いする時は、自分の惨めさをアピールするための大切な商売道具でした。
その上着を、喜びのあまり脱ぎ捨てたのです。

神に呼ばれる喜びは、私たちを日常の全てから解放します!
神との出会いの喜びは、私たちを全ての重荷、苦労から解放します!

私たちを日々、ご自分のもとに招いて下さるイエスさまの、招きの声を聞いて下さい!
この声に、心からの喜びを持って応えること、それが霊とまことによる礼拝です。
そこに喜びがあり、そこに解放があり、そこには癒しがあります。

【あなたの信仰があなたを救ったのです】

「するとイエスは、彼に言われた。『さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。』すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。」マルコ10章52節

救われるのに必要なのは信仰だけです!
バルテマイには確かな信仰がありました。イエスさまは彼の信仰を認められました。
バルテマイの信仰はどのような信仰だったのでしょうか?

第一にバルテマイの信仰は、聞いて、期待する、信仰でした。
期待は、信仰が生きていることを証明しています。
期待のない信仰生活は眠った信仰ではないでしょうか?

聖書のみ言葉を通して、私たちも日々、主に期待しましょう!
主の約束を覚えて、期待しましょう!また主にある期待を持って今日を過ごしましょう。主は、今日、会社の仕事を通して驚くべきことをされる!
学校でも、学びを通して、主は驚くべきことをされる!
家庭でも、昨日とは違う、新しいことを主はされる!
新しい恵が今日もある、新しい出会いが今日もある、問題の解決が与えられる!
主は日々新しい!と主に期待して毎日を過ごしましょう。

第二にバルテマイの信仰は、主が答えて下さるまで叫び続け、待ち続ける信仰でした。
神は私たちが祈る前から、私たちの必要を知っておられる方です。
あなたの祈りは、祈り始める前から聞かれています。
神は最善の時に、最善な方法で、その祈りに答えを与えられます。
そこまで、私たちは待ち続けましょう。

神に失望する人は、神が答えて下さる前に、自分で祈りの答えを出してしまうのではないでしょうか?そこには喜びがありません。疲れるだけです。
もし神に失望感、信仰に疲れを覚えているのなら、神からの祈りの答えをもう一度求めて下さい。与えられるまで、納得するまで、神に求め続けて下さい!
祈りを通して、その答えを通して、神に出会いましょう。そこに喜びと解決があります。

最後にバルテマイは肉体の目が開かれる前に、霊の目が開かれていたことを覚えましょう。
霊の目が開かれている、ちょっと宗教的な表現ですが、とても大事です。
それはバルテマイが、正しくイエスさまを見ていたと言うことです。
バルテマイには、イエスさまだけが彼の問題を解決できることが見えていました。
バルテマイには、イエスさまは真の神であることが見えていました。
バルテマイには、イエスさまはこんな乞食の自分をも愛し、受け入れて下さることが見えていました。見えていたからこそ、彼はイエスに叫び続けたのです!

私たちの霊の目は、イエスを正しく見ているでしょうか?
イエスの驚くべき愛、驚くべき赦し、驚くべき恵を見ているでしょうか?
主イエスの癒しを期待しているでしょうか?イエスが癒し主であることを見ているでしょうか?あなたの問題を解決する主であることを見ているでしょうか?

バルテマイのような期待、心の叫びが湧き上がるように、今、聖霊様にわたしの目を開いて下さいと祈りましょう。私の霊の目を開いて、ありのままのイエスさまを見せて下さいと祈りましょう!