「あなたの宝は何ですか?」
マタイによる福音書6章19節から34節
牧師 小林智彦

まず本日の聖書箇所をご一緒に拝読しましょう。

【あなたの宝は何ですか?】

「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」マタイによる福音書6章19節から21節

「あなたの宝は何ですか?あなたの宝はどこにありますか?」、隣の人に尋ねて下さい。

「いやいや!宝なんてありませんよ」と、多くの人は答えるでしょう。
しかし、イエスさまは「誰にも宝はある」との前提にたっておられます。
誰にでも宝はあります。ただその宝を手にしているか、欲しているかの違いはあります。
誰でも、何かを自分の大切な宝としているのです!

ある人にとってはお金かもしれません。「お金のために生きてきた」と言う人は少なくありません。ある人は地位や名声が宝かもしれません。
「自分の家族が宝です」と言う人もいるでしょう。夫が妻が、子どもたちが宝!
小学生や中学生にも宝はあります。プラモデル、携帯電話、パソコンかもしれない。
クラスの中でどれくらい人気があるか?友達が何人いるか?それも宝でしょう。

宝は大切なものです!イエスさまは宝を持つことを否定しているのではありません。
何かを素晴らしいと価値を認めること、それを大事にすることは人間の欲求です。
宝を持つことを否定したら、私たちの人生は詰まらなくなります。

「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」マタイ福音書6章21節

イエスさまは私たちが宝を持つことを願っているのです!
私たちの心は、私たちが宝とするものと結びつけられているのです。
イエスさまは、本当に優れたものを自分の宝としなさいと教えているのです。
優れたものを自分の宝にするなら、私たちの心は優れたものになるのです。
しかし、詰まらないものを私たちの宝にするなら、私たちの心は詰まらないもになります。

宝は私たちの心を変えます。そして心が変わると、私たちの考え方、生き方が変わります。
より優れたものを、自分の宝にしましょう!

【自分の宝は、天にたくわえなさい】

「自分の宝は、天にたくわえなさい。」マタイ福音書6章20節

「あなたの宝は、天にたくわえられる宝ですか?」と、隣の人に尋ねましょう。

また自分の心にも尋ねて下さい。「自分の宝は天に持っていけるものだろうか?」と。

ここで皆さんにお勧めしたいのが、自分の宝を選別することと、グレードアップすることです。まずどうしても天国に持っていけないもの、それを宝にするのは止めることです。天国に持っていけないものを自分の宝にすると、自分の心を不幸にするからです。

その代表がお金です!天国ではお金は必要ありません。お金が必要なのは地上だけです。地上の生活で使えきれないお金を稼ごうとする人がいます。
また億万長者に憧れる人もいるでしょう。その人はお金が宝になっています。
しかし何百億円持っていても、天国には一円も持っていけないのです!

「あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。(24節)」

お金を宝にするどころか、自分のいのちをさえ捧げて自分の主人にする人がいます!
それは一番残念な、あべこべの生き方です。
私たちの宝が、私たちの心を変え、私たちの生き方を変えます。
お金を自分の宝にし、自分の主人したらどうなるでしょうか?

「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。」マタイ福音書6章19節

お金の価値は変動します。去年の株価の下落は驚くべきものがありました。
もしお金を宝にしていたら、それに伴って自分の喜びや平安も失われてしまったでしょう。心の平安、喜びを失うことは、体にも悪影響を及ぼします。

不動産にしても、金(きん)にしても同じです。上がったり、下がったりの連続です!
それらが宝だったら、私たちの心も上がったり、下がったりです。振り回されるのです。

だから皆さん、イエスさまが教えているように、天国に持っていけない物を宝にするのは止めましょう!ましてや天国に持っていけない物を、自分の主人にするのは止めましょう。

お金を自分の主人にするなら、25節に書いてあるように心配に縛られるようになります。

「だから、わたしはあなたがたに言います。自分のいのちのことで、何を食べようか、何を飲もうかと心配したり、また、からだのことで、何を着ようかと心配したりしてはいけません。いのちは食べ物よりたいせつなもの、からだは着物よりたいせつなものではありませんか。」マタイ福音書6章25節

自分のいのちや体よりも、他の何かを優れたものとするなら、それに仕えてしまうなら、私たちのいのちも体も心配に縛られるようになるのです。

お金や、またある人には健康を維持するために必要な薬があります。
それらも必要がありませんと言っているのではありません。
そうではなく、これがなくては生きられない!と心配する必要はないと言っているのです。
なぜなら、本当に私たちのいのちのために必要な物は神が備えると約束しているのです。

「空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。」マタイ福音書6章26節

お金が必要なら、天の父が必ず必要を備えて下さいます!
健康を保つために薬が必要なら、天の父が必ず備えて下さいます!
だから心配してはならないのです。心配してお金の前に自分を跪かせてはならないのです。

お金が必要ない!と言っているのではありません。
そのような極端な教えに走る人がいますが、それは聖書的ではありません。
イエスさまが教えているのは天国に持っていけない物、それは宝にしてはならない、ましてそれらに仕えてはならない!と教えているのです。

それなら神の子どもたちはお金をどうすればよいのでしょうか?
お金を僕にすることです!お金に使われるのではなく、お金をしっかり使ってやることです。お金を厳しく管理し、お金にしっかりと仕事をさせるのです。

お金を主人にしたら、これは恐ろしく厳しい主人になります!
私たちを心配と不安で縛り上げ、やりたくないこと、人間の尊厳を奪うことさえやらされます。多くの人が、「これは仕事だからしょうがない!」と口にするのを良く聞きます。
自分の健康さえ顧みずにお金に仕えさせられます。家族との大切な時間も奪われます。
それは決して主人にしてはならない、お金を主人にする結果なのです。
心配と不安で縛られているので、止められなくなっているのです。

お金を主人にして、仕えるのは止めましょう。
天のお父さんは約束しています。いのちと体に必要な全てを備えると!
天のお父さんは、あなたを養うと約束して下さっているのです。信じましょう。

だから神の子どもたちである私たちは、お金を支配しましょう。お金を僕にしましょう。また会社も支配しましょう。会社に仕えるのではなく、会社を使いましょう!
仕事を、お金を、神の国を拡大し、神の愛を実戦するための手段として使うのです。

天国に持っていけない物は、宝にしたり、それに仕えたりしては決してダメです!
それらの報いは心配であり、不安、絶望です。
天国に持っていけない、お金、ファッション、車、会社、食べ物、それらはみな私たちに仕える物であり、私たちの僕、手段なのです!
お金を厳しく管理し、厳しくこき使って、良い仕事をさせてあげなさい。
それらの報いは喜びであり、繁栄であり、豊かさです。
今回のように、株の大暴落の時は、落胆せずに、しっかりとお金を叱りつけるのです。

あなたはイエス・キリストによって、神の正式な子どもなのです!神の子供は地上の支配者、管理者です!キリストの血により買い取られた恵の立場を見失ってはなりません。

【宝をグレードアップする】

地上の物をすべて否定するのではありません。グレードアップできる宝もあるのです!
「自分の家族が宝です」と思っておられる方もいるでしょう。素晴らしいです!
家族はグレードアップできる宝です。
どのようにグレードアップするか?と言うと、家族が救われることを通してです!
素晴らしい、愛らしい家族が、イエスを信じるなら、それは本当に永遠をともに過ごす家族になります!地上でも一緒、永遠の世界でも一緒に過ごせる。家族は宝です。

友人も同じように、グレードアップする宝です。
同じように友人もイエス・キリストを信じるなら、神の永遠の国においても友人です。
イエスさまは地上の富を用いて、永遠の友を自分のために作りなさいと言われました。

「そこで、わたしはあなたがたに言いますが、不正の富で、自分のために友をつくりなさい。そうしておけば、富がなくなったとき、彼らはあなたがたを、永遠の住まいに迎えるのです。」ルカによる福音書16章9節

家族・親せき・友人、それらはグレードアップできる宝です!
これらのものにはいのちがあります。いのちあるものは皆、イエスに贖われるのなら、天の国に入れるのです。グレードアップできる宝なのです。
これらが本当の宝です!いのちあるものこそ、私たちは本当の宝とすべきなのです。
いのちこそ、喜びと平安を私たちにもたらします。慰め、励まし、希望があります。

また、いのちある行いも天にたくわえることが出来るものです。
誰もが、人からどう思われているか気になるものです。大きく言えば名声です。
誰もが良い名声をほしいと願います。この名声もグレードアップ出来る宝です。
地上の名声は、簡単に失われてしまいます。
また地上の名声を求めると、回りの人々の考えに簡単に振り回されるようになります。
しかし、同じ名声でも天における名声はどうでしょうか?
つまり、天のお父様からの評価です。神から良い評価を得るために生きることは、神の愛と義に生きることです。変わりやすいこの世の評価ではなく、天のお父様の喜ばれることを行うなら、私たちの人生は揺るぎない、また素晴らしい実を結ぶ生き方になります。

最後にもう一度聞きます。「あなたの宝は何ですか?」
天国に持っていけないものは、本当の宝にはなりません。
それを宝にするなら、私たちの心はいつも心配で縛られ、落胆し、振り回されます。
宝に出来ないものは、私たちの僕であって、手段なのです。私たちは管理すべきです。

天国に持っていけるものを、本当の宝としましょう。
あなたの友人、家族はキリストの救いを受けていますか?
あなたの生き方は、天国で評価される生き方ですか?

自分の宝を吟味しましょう!聖霊様によって本当の宝を自分の宝としましょう。

私たちの心は宝に結び付いています。
滅び行く地上のものに目が向いているのなら、暗くなり、落胆します。しかし、本当の宝に目が向いているのなら、私たちの霊と心は輝くとイエスさまは教えています。22.23節