「ダビデの子よ。私をあわれんでください。」
ルカによる福音書18章35節から43節
牧師 小林智彦

【ダビデの子よ。私をあわれんでください。】

「イエスがエリコに近づかれたころ、ある盲人が、道ばたにすわり、物ごいをしていた。群衆が通って行くのを耳にして、これはいったい何事ですか、と尋ねた。ナザレのイエスがお通りになるのだ、と知らせると、彼は大声で、『ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください。』と言った。彼を黙らせようとして、先頭にいた人々がたしなめたが、盲人は、ますます『ダビデの子よ。私をあわれんでください。』と叫び立てた。
イエスは立ち止まって、彼をそばに連れて来るように言いつけられた。」
ルカによる福音書18章35節から40節

この出来事が起きたのは、イエスさまがエルサレムに向かう旅の終わりが近づいた頃です。イエスさまは、エルサレムで行われる過越しの祭りに間に合うように旅をされました。
寄り道をしている余裕は無かったでしょう。イエスさまは急いでおられたと思います。

しかし、イエスさまは旅の途中であるにもかかわらず、盲人の男の叫びに足を止められました。群衆の中にもイエスさまに助けてもらいたい人、癒してもらい人も大勢いたと思われます。またイエスさまに対して叫び求める者もいたでしょう。

しかし、イエスさまは盲人の男の叫びを聞き、立ち止まられたのです。
そして、この盲人の男を連れてくるように仰いました。

なぜ、この盲人の男の叫びだけはイエスさまの心に届いたのでしょうか?
なぜ、この盲人の男の願いだけがイエスさまに聞かれたのでしょうか?

「ダビデの子よ。私をあわれんでください。(39節)」

この盲人の男は「私をあわれんでください!」と叫び続けたのです。
神は、このあわれみを求める者をそのままにしておくことが出来ないのです。
なぜなら神はあわれみに満ちたお方だからです。

「あなたがたの天の父があわれみ深いように、あなたがたも、あわれみ深くしなさい。」
ルカに夜福音書6章36節

神はあわれみを求める者を断れません!必ずその者の苦しみ、叫びを聞いて下さるのです。
ですから私たちも、自分ではどうしようもない苦しみや痛みがあるなら黙っていないで主に叫びましょう。「私をあわれんでください」と叫びましょう。

神のあわれみを求める態度、神のあわれみにすがる態度、それが祈りの心です。
同じルカ18章でイエスさまはあわれみに関係するたとえを話しておられます。

「自分を義人だと自任し、他の人々を見下している者たちに対しては、イエスはこのようなたとえを話された。『ふたりの人が、祈るために宮に上った。ひとりはパリサイ人で、もうひとりは取税人であった。パリサイ人は、立って、心の中でこんな祈りをした。「神よ。私はほかの人々のようにゆする者、不正な者、姦淫する者ではなく、ことにこの取税人のようではないことを、感謝します。私は週に二度断食し、自分の受けるものはみな、その十分の一をささげております。」ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。「神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。」あなたがたに言うが、この人が、義と認められて家に帰りました。パリサイ人ではありません。なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。』」ルカによる福音書18章9節から14節

取税人の祈りが聞かれ、義と認められたのは、彼が「神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。」と祈ったからです。

ルカ18章には金持ちの青年の話もありますね。
彼は幼い頃から聖書を読み、そして律法をほとんど落ち度なく守っていた。
しかし、彼は本当の意味で神に出会ったことがなく、救われませんでした。

なぜなら、金持ちの青年の神はイエスではなく、お金であり、彼は自分のプライドの故に神の前にあわれみを乞うことが出来なかったからです。

神に出会う心は、自分が貧しく、弱い者であることを素直に認める心です。
神のあわれみにすがるしか生きられないほど、神の前に謙る者です。
神を求める飢え乾きがなければ、神に出会うことは出来ません!

神のあわれみを求めて祈りましょう。

盲人の男性のように、イエスを求めて叫んで祈りましょう。

【あなたの信仰があなたを直したのです】

「彼が近寄って来たので、『わたしに何をしてほしいのか。』と尋ねられると、彼は、『主よ。目が見えるようになることです。』と言った。イエスが彼に、『見えるようになれ。あなたの信仰があなたを直したのです。』と言われると、彼はたちどころに目が見えるようになり、神をあがめながらイエスについて行った。これを見て民はみな神を賛美した。」ルカによる福音書18章41節から43節

盲人の男性の目はたちどころに見えるようになりました。イエスさまによって癒されたのです。しかしイエスさまは「わたしがあなたを癒した」と言わずに、「あなたの信仰があなたを直した」と言われました。

この癒された盲人の男の信仰とはどのような信仰だったのでしょうか。

@ 「ダビデの子のイエスさま(38節)」

「ダビデの子」とは、ダビデ王の子孫がイスラエルを回復するメシア=キリストとして現れるという信仰に基づく呼び名です。この盲人の男性はイエスさまが神の遣わされた救い主、キリストであることを信じていました。

私たちの癒しは、イエスをキリストと信じる信仰を通して神から来るのです!

イエスを偉大な宗教家として認めているだけでは不十分です。
イエスを救い主、キリストと信じる信仰が私たちを変え、私たちを癒し、直すのです。

Aキリストは必ず私を癒してくださるとの確信

この盲人男性はキリストは私を癒すことが出来ると信じて疑いませんでした。
疑っていたなら、キリストに会うまで叫び続けることはしなかったでしょう。
「イエス・キリストは必ず癒してくださる!」この信仰の確信こそ、キリストと私たちをつなぎ合わせるのです。


確信のない祈りは聞かれません。疑いながら祈るのは不信仰です。
祈りにおける確信は、神のみ言葉の約束から来ます。
神が私たちの祈りを聞いて下さるという約束を聖書から学んで下さい。
そして強い確信をもって、自分の課題を神に祈ってください。

B「主よ。目が見えるようになることです。」

イエスさまは「わたしに何をしてほしいのか」と尋ねられました。それに対して男性は「主よ。目が見えるようになることです。」と答えています。

盲人男性は自分の願っていることを明確に答えています。
私たちの願いも明確であるべきです!

もちろん、言葉に出来ない深いうめきもあります。それは聖霊様がとりなしてくださるとパウロが教えています。そのような自分でも何を祈っているのか分からない、心の重荷を主に担って頂く祈りもありますが、明確な祈りの答えが欲しいなら、明確に祈ることです。

神にしかできないことを願うのなら、その願いを明確にすることを進めます。
不明確な願いなら、神さまもどのように答えるべきか分からないでしょう。
また神さまが祈りに答えられても、それが祈りの答えなのかも分からなくなります。

神に明確に願いを伝えましょう。

C盲人男性の願いは、他人や状況を変えることではなく、自分を変えてもらうことだった。

私たちの祈りの多くは、自分ではなく他人を変えてもらうことだったり、状況をかえてもらう願いの場合が多いと思います。これはなかなか聞かれない祈りです。

他人のために祈る場合、それがその人の成長のため、救いのために祈るなら、それはとりなしの祈りと呼ばれます。これは神さまが喜ばれる祈りです。

しかし、自分の都合のために相手を変えようとする祈り、これは異邦人の祈りです。
神さまが喜ばれない祈りです。これは神にあわれみを求める祈りの姿勢ではなく、神を自分の為に使おうとする祈りです。イエスはこのような祈りには答えられません。

他人や状況ではなく、まず自分が変えられるように祈ってください。まず自分が癒され、自分が罪を犯さなくなるように祈り求めてください。

D盲人の願いは赦しに基づく肯定的な願いだった。

盲人の男性は、イエスの問いに対して即座に「主よ。目が見えるようになることです。」と答えています。彼がどうして盲目になったのか、その原因は書いてありません。

生まれつき盲目だったのか?それとも誰かの不注意や事故で盲目にさせられたのか?
栄養状態の悪さから?それとも自分の不注意で?
ハッキリした原因は分かりませんが、多くの場合、私たちの心は他人を責め、過去を嘆き、神を呪うのではないでしょうか?

しかし、この盲目の男性はイエスさまに対して他人を呪うことを願いませんでした。
過去の出来事を変えてもらうことを願いませんでした。
彼は過去に生きず、また他人を妬み恨む、否定的な後ろ向きな生き方ではなかったのです。

私たちは過去に捕らわれ、自分の問題を他人のせいにして生きる時、自分の前を通られるイエスさまに気が付かない時があります。

私たちが抱える問題はそれぞれ違うでしょう。しかし、まず過去を赦しましょう!
その原因になった人たちを赦しましょう。
赦さない心は私たちの心の目までも盲目にしてしまうからです。

E彼は神を崇めながらイエスについて行った。

「彼はたちどころに目が見えるようになり、神をあがめながらイエスについて行った。これを見て民はみな神を賛美した。」ルカ18章43節

盲人の男性は癒されて、神を崇め、イエスに付き従う人世を送りました。
肉体が癒されても神を崇めず、再び罪深い生活に立ち返る人も大勢います。
らい病を患う人が10人癒されても、たった1人しかイエスさまを礼拝しに戻ってきませんでした。神に祈りを聞かれながらも、結局は神を利用するだけの人は少なくありません。

だから一番大切なのは、どんな時にも神を崇め、神に従う生き方なのです!

星野富弘さんは、半身の麻痺は癒されませんでした。しかし、彼は首から下が動かないままで神を崇める人世を送っています。彼を通して神に出会った大勢の人々がいます。

この癒された盲目の男性も、癒されたから神を崇めたのではないと私は思います。
彼は癒される前から、神に感謝し、神を崇める人世を送っていたのだと確信します。
もちろん癒しの奇跡が、神への賛美を更に情熱的にしたのだと思います。

癒されるか癒されないか?それは大きな問題です。しかし、癒されたから神を信じる、癒されないから神を信じない、そのような信仰は持たないで下さい。

私たちの肉体は必ず滅びるのです!必ず衰え、必ず弱くなり、必ず死ぬのです。
この肉体が永遠に生きることは決してないのです。
肉体の癒しだけを求めるなら、誰でも必ず神に失望することになります。
この肉体は、どんなに敬虔な信仰者でもやがて滅びるからです。

最も大切なのは私たちの体が若くて健康を保てるかではありません、最も大切なのは、私たちの人世を通して神の栄光を表すことです!

この男性は癒しを受け、更に神を崇め、それを見ていた人々の信仰を引き上げました。
星野富弘さんは癒されませんでしたが、彼の信仰を通して多くの人が神に出会いました。
私たちがどんな時にも神を崇め、神を賛美するなら、それは奇跡を上回る奇跡です!