「オネシモの悔い改め」
ピレモンへの手紙
牧師 小林智彦

今週はピレモンへの手紙を分かちあいましょう。
ピレモンへの手紙は新約聖書の中で、パウロが書いた手紙の一番最後に置かれています。
ピレモンという人物はどのような人物だったのでしょうか?

「キリスト・イエスの囚人であるパウロ、および兄弟テモテから、私たちの愛する同労者ピレモンへ。また、姉妹アピヤ、私たちの戦友アルキポ、ならびにあなたの家にある教会へ。」ピレモンへの手紙1章1.2節

ピレモンへの手紙の冒頭、宛先にはピレモンと姉妹アピヤ、そして戦友アルキポの名前が出てきます。姉妹アピヤという人物はピレモンの妻と考えられています。また戦友アルキポはピレモン、アピヤ夫妻の子どもで福音を伝える伝道者の働きをしていたと考えられます。そして「あなたの家にある教会へ」とあるように、ピレモンの家は礼拝のために解放されていたことが分かります。

ピレモンの家は裕福であったようです。なぜなら集会を持つだけの大きな家を持っていたからです。そしてピレモンの家族は揃って主に仕える模範的な家庭でした。

ピレモンは何処に住んでいたのでしょう?彼の家の教会は何処にあったのでしょうか?

「アルキポに、『主にあって受けた務めを、注意してよく果たすように。』と言ってください。」コロサイ4章17節

コロサイ人への手紙の中にアルキポとその働き対する注意が書かれているので、ピレモンの家の教会もコロサイにあったことが分かります。コロサイの教会と言っても、その地域に大きな教会堂があったのではありません。先週学んだテトスでも話しましたが、初代教会時代には教会堂は存在しませんでした。コロサイの教会というのは、コロサイに住む信徒の家々で持たれていた集会のことを指しています。
ピレモンもコロサイ地方の信徒の群れに属する家の教会の一つでした。

コロサイ人への手紙についてはすでに学びました。コロサイ地方でイエスを救い主として信じる者たちが起こされたのはエパフラスの働きによるものでした。
エペソで起きたリバイバルの時にパウロの宣教によってエパフラスは救われ、そして自分の故郷であるコロサイ地方に福音を伝えに戻ったと考えられています。大勢の人々がイエスを救い主として受け入れ救われました。その中にピレモンとその家族もいたのでしょう。

しかしその後、ユダヤ教の背景を持つ異端グループの影響を受けてコロサイ教会全体が混乱します。その解決を求めてエパフラスがローマの獄中にいるパウロのもとを訪ねました。
パウロはその混乱を解決するためにコロサイのリーダーと信徒たちに向けて書いた手紙がコロサイ人への手紙です。パウロは忠実な弟子であるテキコに手紙を持たせてコロサイに遣わしました。

「私の様子については、主にあって愛する兄弟、忠実な奉仕者、同労のしもべであるテキコが、あなたがたに一部始終を知らせるでしょう。私がテキコをあなたがたのもとに送るのは、あなたがたが私たちの様子を知り、彼によって心に励ましを受けるためにほかなりません。また彼は、あなたがたの仲間のひとりで、忠実な愛する兄弟オネシモといっしょに行きます。このふたりが、こちらの様子をみな知らせてくれるでしょう。」
コロサイ4章7節から9節

テキコは手紙を携えてコロサイにやって来ました。そしてコロサイ地方の信徒を全て集めてパウロの手紙を読み上げたと考えられます。そしてローマにいるパウロやエパフラスの様子を伝えました。そしてテキコは「あなたがたの仲間のひとりで、忠実な愛する兄弟オネシモ(9節)」にもローマで行われている働きについて分かちあうように勧めます。

しかし、その時、集まっていたコロサイの信徒の一部から驚きの声が湧き上がったのだろうと考えられるのです。


「え!オネシモだって!何でオネシモがここにいるんだ!忠実な愛する兄弟とは何事だ!」ピレモンとその家族、また彼の家の教会のメンバーにはオネシモに対する特別な思いがあったのです。怒りと苦々しい思いをオネシモに対しては抱えていました。

なぜならピレモンの手紙の中心人物であるオネシモは、かつてピレモンの家の奴隷であり、ピレモンの家で悪事を働いて逃亡した、逃亡中の奴隷だったからです。

驚き当惑しているピレモンにテキコから手渡された手紙が、ピレモンへの手紙なのです。

オネシモはピレモンの家で生まれ育った奴隷であると考えられています。
どのような悪事をピレモンの家で働いたのかは分かりません。逃亡のための資金としてお金、またお金に換えやすい貴重な物を盗んだのではないかと思われます。そして彼は逃亡して国際都市であったローマへと逃げ延びたのです。
しかしピレモンの家で盗んだ金品も底をついたため、奴隷としての身分を隠してローマで職探しをしたのでしょう。そこで身元が怪しくても雇ってもらえるような、囚人の世話係の仕事をするようになったのかもしれません。そこで裁判のためにローマで獄に入れられた、パウロの世話をするようになったと考えられます。

パウロの獄中での生活はかなり自由が認められていました。それはパウロが重大な犯罪を引き起こした犯罪者ではないことが分かっていたからです。宗教の問題で訴えられていただけの政治思想犯として取り扱われていたため、かなりの自由が認められていました。
外出の自由は無かったのでしょうが、家に人を招くことは認められていたようです。
使徒の働きにはユダヤ人のリーダーたちがパウロの家を訪れ、パウロが彼らに福音を語ったことが書かれています。またパウロの弟子たちがパウロのもとを訪ね、また一緒に住んでいる弟子たちも何人もいました。

オネシモはパウロの世話係、また家の雑用係として働きながら、何時しかパウロの語る福音に耳を傾け、心を開いていったと思われます。

「年老いて今はまたキリスト・イエスの囚人となっている私パウロが、獄中で生んだわが子オネシモのことを、あなたにお願いしたいのです。」ピレモンへの手紙1章9.10節

パウロの導きによってオネシモは心の中にイエス・キリストを救い主として受け入れました。彼はイエス・キリストが自分の罪のために、十字架で代わって罰を受け、死んで下さったことを信じました。そして罪と死を滅ぼし、永遠の命をもって復活されたイエスを信じたのです。彼は救われ、新生しました!彼は生まれ変わったのです。

パウロはオネシモを「わが子オネシモ(10節)」「彼は私の心そのものです(12節)」と言ってます。パウロはなぜここまでオネシモを愛し、信頼したのでしょうか?

私はオネシモの悔い改めが心の底から行われた真実な悔い改めだったからだと思います。
オネシモの信仰は口先だけでキリストを救い主と告白するものではありませんでした。

オネシモはキリストを救い主として信じ、自分の内にある全ての罪をキリストに背負って頂いたのです。彼は自分が逃亡中の奴隷であり、主人の家の物を盗んだことをパウロに告白しました。いやパウロだけに告白したのではないようです。この手紙がテモテとの連名であることを見ると、テモテもオネシモが逃亡中の奴隷であったことを知っていたようです。オネシモは自分の罪を言い表し、真実に神の前と人の前に悔い改めたのです。

自分が逃亡中の奴隷であることを表明することは危険の伴うことでした。
ローマ・ギリシャ世界は奴隷があって成り立つ社会構造でした。
そのため奴隷の反乱や逃亡には厳罰をもって対処し無ければなりませんでした。
主人の物を盗み、逃亡した奴隷は処刑されても当然だったのです。
奴隷の人権は認められず、奴隷は家畜と同じに扱われていました。

イエスを神と告白し、救い主として受け入れることは難しくはないでしょう。
しかし自分の犯した罪と向き合い、それに真剣に取り組むことは、その当時において決して許されるはずのない大罪を犯した者にとっては大変難しいことだったでしょう。

しかしオネシモは自分が犯した罪を隠しませんでした。
その罪を隠したままでは決してイエス・キリストとともに歩むことにはならないと知っていたからです。また自分の罪を隠したままではパウロとも交わりを深めることが出来ないことに気付いたのでしょう。

私たちは罪を隠し、罪を抱えたまま神とともに歩むことは出来ません!
また罪を隠したまま、本当の人間関係を築き上げることは出来ないのです。

ヨハネはその手紙の中で言っています。

「もし私たちが、神と交わりがあると言っていながら、しかもやみの中を歩んでいるなら、私たちは偽りを言っているのであって、真理を行なってはいません。しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」第一ヨハネ1章6節から9節

オネシモはイエス・キリストと光の中を歩むために、自分の罪を言い表しました。
この「言い表す」とは「公に宣言する」とも訳せる言葉です。
神の前にも人の前にも隠し事をせずに生きることです。

オネシモはイエス・キリストとそして神の家族との本当の関係を築くために、彼を闇に縛り付けていた罪を言い表し、それを捨てたのです!自分の犯した罪を明らかにすることにより罰を受けることを彼は覚悟していました。

パウロはオネシモの告白を聞き、その告白の重さを理解しました。
パウロはキリストがオネシモを完全に新しい人に造りかえたことを知ったのです。
犯罪人が罰を受けることを知りながら、自分の罪を公に言い表したからです。
これがイエス・キリストが私たちに与えようとしている救いの実である新生です!
オネシモは確かにイエス・キリストの復活の命に触れて新しく生まれ変わったのです。

パウロはオネシモの変化をこのように表現しています。

「彼は、前にはあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにとっても私にとっても、役に立つ者となっています。」ピレモン1章11節

オネシモは罪を完全にキリストに明け渡し、罪から解放されました。
罪を犯し、罪を隠していた時、オネシモは神の前にも人の前にも役に立たない者でした。
しかし、キリストを信じ受け入れ、罪を告白して光の中を歩み始めたオネシモは神にも人にも役に立つ者に変えられたのです!

私たちを造りかえる力は何処から来るのでしょうか?新しい人に変えられる、その実を結ばせる力は何処から来るのでしょうか?罪の告白から来ます!

多くの人がイエスを救い主として信じ受け入れます。確かに神の約束の通り救われます。しかし、多くの人がその後キリストから離れ、罪深い生活に舞い戻るのはなぜでしょうか?
救われたのにもかかわらず、実を結ばない者、神の前にも人の前にも役に立たない者のままであるのはなぜでしょうか?

罪の告白にあります!ここが鍵です!

イエスを救い主として信じ受け入れても、罪を抱えたまま、隠し続ける生き方は、イエス・キリストの家に招かれても門をくぐり抜けただけで庭で留まっている状態です。
イエスさまの家の庭ですから、さぞかし美しいでしょう。でもやがては飽きるのです。
3年半たつと昔の生き方の方が楽しいので、また門をくぐり抜けて帰っていくのです。
日本人クリスチャンの平均寿命は3年半と言われています。

そうです!私たちは庭に招かれているのではないのです!
イエスさまの家の中に招かれているのです!その家の中でイエスさまと食事をし、語り合い、休息をとるのです。これがクリスチャン・ライフのはずです。
ただし、イエスさまの家に入るには一つの条件があるのです。
家の門をくぐるのは無条件です。しかしイエスさまと実際の交わりを持つのには一つの条件があります。それが罪の告白です。イエスさまの家に入る前には靴を脱がなくてはならないのです。土足厳禁!これが神の家です。(日本人にしか適用できない譬えです)

罪を抱え、罪を隠し、罪を楽しむことを選ぶなら、イエスさまと親しい交わりを持つことは出来ません!罪を抱え続けるなら、聖書を読んでも心に響かず、神さまの御心を知ることも、神さまが心に住んでおられる平安を体験することも出来ません。

罪を抱え続けているなら、聖書を読んでも戒めだけが目にとまり、神の愛と恵に目が閉ざされてしまいます。

自分の弱さを、自分の罪を主に告白することです。罪から離れる力を下さいと主に願うことです。また罪を犯して傷つけた人に謝罪し、具体的に償うことです。

オネシモは自分の罪を告白し、そして自分が傷つけたピレモン家族に謝罪する決心をしたのです。彼は逃亡奴隷がどのように扱われるかを知りながら、自分の罪を償い、傷つけた人に謝罪する道を選びました。

彼はキリストによって変えられていました!奴隷として逃げ回る人生から、神の子供として義を行う者に変えられたのです。

私も牧師として少なからず信仰者と関わってきました。信仰の告白は確かでも、神さまの命を受けていないとしか思えない信仰者に何人も出会ってきました。

何が原因なのか?難しいことは全くありません。

赦しです! 多くの信仰者は自分の赦しは受け取ります。しかし、人を赦そうとしない。
また自分が被害者であることを強調して、自分が人を傷つけていること、赦してもらう必要があることを見失っている。

私たちは赦してもらうことと、赦すことの二つが必要なのです。

イエスさまも主の祈りの中で教えておられます。

「もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。」
マタイ福音書6章14.15節

オネシモが本当の意味で役に立つ者にまで変えられたのは、オネシモが罪の無いイエスが自分の罪の身代わりとなって死んでくれたことを信じたからです。
罪のない神の子が、自分の罪のために死んでくれた!オネシモはこのことを受け入れたとき、ピレモン家族を赦すことを決心したのでしょう。

オネシモはいくらでもピレモン家族を恨み、自分は被害者であると訴えることが出来たでしょう。オネシモは自分が悪くもないのにピレモンの家で生まれたときからの奴隷でした。差別され、こき使われた。自分が受けた仕打ちを考えるなら、ピレモンの家から盗んだお金ではまだ足りない!と、自分の盗みを肯定することも出来たでしょう。

しかしオネシモは自分の罪のために罪のない神の子が死んで下さったことを信じ受け入れたのです!唯一罪がないことを主張できる方が罪人して自分のために死んで下さった。
このことに目が開かれたとき、彼は自分の中にある被害者意識に終止符を打つことが出来たのです。人を赦せない、罪の奴隷から解放されたのです。

ピレモン家族が自分をどのように扱おうとも、自分はピレモン家族に与えた罪を謝罪しようと決心したのです。

彼の人生の転機はピレモン家族を赦したときから始まりました。

オネシモが神と人に、その名前通り役に立つものと変えられたのは、彼がイエスの十字架の死を自分の罪のためと受け入れ、自分も人を赦そうと決心した時でした。

私たちも自分だけが被害者であると思う被害者意識を捨てましょう!
なぜなら私たちは罪のない神の子を自分の罪のために十字架で殺したのです。
罪の無い人はいないのです。罪人が罪人の罪を責め、裁くことは出来ません。

私たちが人の罪によって傷つけられることは確かにあります!
大きな傷を受けることもあります。その傷の痛みは決して相手を赦さないことや復讐によっては癒されないのです。復讐心によって、さらに神の癒しを遠ざけているのです!
私たちの心の傷は、私たちの傷を背負って下さるイエスによってのみ癒されるのです。
私たちの辛さ、痛み、悲しさをイエスに背負ってもらいましょう。

傷を与えた人の裁きも、唯一罪のないイエスが裁いて下さいます。
だから裁きは主に委ねましょう。私たちのすべきことは相手をまず赦すことです!
赦しことが相手から自由を勝ちとる唯一の手段です。復讐は永遠に相手の奴隷になることへの誓いでしかないのです。

オネシモはピレモン家族を赦しました。オネシモはキリストの恵によって罪に勝利したのです。私たちもオネシモの真実な悔い改めから、キリストに従う道を学びましょう。