「イエスの文化(世界観)を持つ」
マルコによる福音書6章
牧師 小林智彦

「それから、群衆に別れ、祈るために、そこを去って山のほうに向かわれた。
夕方になったころ、舟は湖の真中に出ており、イエスだけが陸地におられた。
イエスは、弟子たちが、向かい風のために漕ぎあぐねているのをご覧になり、夜中の三時ごろ、湖の上を歩いて、彼らに近づいて行かれたが、そのままそばを通り過ぎようとのおつもりであった。」:マルコによる福音書6章46から48節

弟子たちはイエスの命令に従ってベツサイダという町に行くために、舟に乗ってガリラヤ湖を渡っていました。ところが向かい風のためになかなか前に進めませんでした。

私たちの人生と同じですね。困難があり、なかなか前に進めない時があります。

イエスは弟子たちが漕ぎあぐねているのをご覧になって、弟子たちを助けようとされます。嬉しいですね!イエスさまは私たちをもご覧になっておれます。
そして弟子である私たちが苦しい時、辛い時はいつでも助けるために来て下さるのです。

ところが不思議なことが書かれています!
弟子たちを助けるために、わざわざ湖の上を歩いて弟子たちのところにまで来て下さったのに、「そのままそばを通り過ぎようとのおつもりであった」とあります。

イエスは弟子たちを助けるために湖上の弟子たちのもとに行かれたのにもかかわらず、なぜ「そのままそばを通り過ぎようと」されたのでしょうか?
その理由は弟子の不信仰、また弟子のイエスさまへの間違った認識にありました。

「そして舟に乗り込まれると、風がやんだ。彼らの心中の驚きは非常なものであった。というのは、彼らはまだパンのことから悟るところがなく、その心は堅く閉じていたからである。」マルコ6章51.52節

「その心は堅く閉じていたからである。(52節)」ここに理由があります!
弟子たちは助けに来て下さったイエスさまを見て、何と「幽霊だと思い、叫び声をあげた」と書いてあります!なぜイエスを見て幽霊だと思ったのでしょう?

心が堅く閉じていたからです!イエスを見てもイエスだと認識できなかったのです。
「イエスが湖の上を歩ける訳がない!」と思い込んでいたのです。
なぜイエスが湖の上を歩けないと思っていたのですか?
弟子たちはまだイエスを立派で偉いけれど、ただの人間にしか思っていなかったのです。

イエスはいったいどのようなお方なのか? イエスはいったい誰なのか?
イエスに対する信仰、イエスに対する認識はとても大切です!

イエスは普通の人、決して水の上を歩けない!と思っている人はイエスが助けようとしてやって来ても、その助けを受け入れることが出来ないのです。

イエスに対する不信仰!イエスに対する間違った認識は神の助けを得られなくさせます。
またイエスに対する不信仰、イエスに対する間違った認識は、聖書を正しく読むことを妨げてしまいます。

私たちは同じものを見ても、異なる文化を持った人たちでは理解が異なります。

たとえば「死」についてはどうでしょうか?

私は大学生の時に台湾に旅行に行きました。町中を歩いていたら、爆竹がなり、賑やかな歌声のようなものが聞こえてきました。私はお祭りだと思いました。
ところがそれは葬式でした。台湾のある一部の人たちだと思いますが、葬式はできる限り賑やかにするそうです。そのようにして悲しみを忘れようとするのでしょう。

日本では決してそのような葬儀はしませんね。それは文化が違うからです。

だから文化が違うと、同じ物事に対しても取り組み方が違い、理解も異なります。
文化というのは物事を理解し、受け止めるための考え方なのです。
文化を持っていると言うことは便利であるとともに、自分の文化にない出来事に出くわすと理解できなくなったり、見ているのにもかかわらず、見えない!ことも起こり得ます。

先ほどの葬式の例ですが、日本では葬式の間に嬉しそうな人がいたら、どう思いますか?楽しそうに歌い出す人を見たら、きっと無視するか、頭が可笑しくなったと思うでしょう。その人の行動が日本の文化では理解できないからです。文化の範疇を越えているのです。

これが「その心は堅く閉じていたからである」なのです!

弟子たちは当時のユダヤ人の文化に属していました。
しかしイエスさまはユダヤ人の文化ではなく、天国の文化に属していました。
弟子たちは天国の文化で行動するイエスさまを理解できませんでした。
それは弟子たちの心に恐怖と拒絶を引き起こすものでした。

私たちは素晴らしい日本の文化を持っています。
それでは私たちは天国の文化を持っているでしょうか?
天国の文化を持っていないならば、聖書に書かれてあることを正しく理解できないのです。日本の文化に合わせて、理解してしまいます。

文化というのは、自分の文化を越える出来事に関しては受け入れられないのです。その場合の私たちの反応は「頭が可笑しいんじゃない?」「分からない!」「無視しようです」。

新約聖書の時代も、今の私たちの抱える様々な問題、苦労がありました。
2000年の時代のギャップはありますが、私たちの日常はあまり変わりありません。
今も昔も、人々は病気で苦しみ、精神の病を抱え、自然災害に苦しみました。
不安な政治状況、経済的な格差、人種問題、今日ある問題が同じように聖書時代のイスラエルにも存在しました。


それらの問題に対してイエスは解決を与え、助けを与えました。
しかしイエスは決して日本の文化、また今日の科学万能、物質中心主義の文化に沿った解決を示したのではありません!

イエスは天国の文化、天国の基準によって問題を解決したのです!

よく「聖書を読みましたが、まったく意味がわかりません!」という方がいます。
正直だと思います。その通りだと思います。大学の文学部を出ていても聖書が読めない人が少なくありません。

それは、日本の文化、私たちの文化を通して天国の文化で書かれている聖書を理解しようとしているからです。異なる文化なのです。私たちは異なる文化を理解し、受け入れることは出来ないのです!また、そこから助けを得ることも出来ないのです。

日本の文化にしがみついているのなら、それは「その心は堅く閉じていた」弟子たちと変わりありません。私たちを助けるために近づいて来られるイエスが認められないのです!

私たちは天国の文化を得なければなりません!
天国の文化を知り、天国の文化に従って考え、理解できるようになった時、私たちは聖書を本当の意味で正しく理解し、またイエスの助けを得ることが出来るようになるのです。

この文化(もしくは世界観)の違いにまず気が付くことです!
文化(世界観)の違いを意識しながら、聖書を読み直すことが必要です。

今週の聖書箇所はマルコの5章から8章までですね。ぜひこの文化(世界観)の違いを意識しながら聖書を読んでみましょう。そしてイエスの文化について整理してみて下さい。

【レギオンを追い出すイエス】

マルコの5章にはゲラサ人の地でレギオンと言う名の悪霊に憑かれた人が登場します。
さてここで考えてみたいのは、もし私たちが実際にこのような場面に遭遇した時に、どう考え、行動するかです。


イエスはこの人に会った時、「汚れた霊よ。この人から出て行け。」と言われました。
私たちもイエスさまと同じように考え、行動するでしょうか?

私たちはきっとこのように考えるでしょう。「重い精神病だ!彼には優れた精神科医と投薬が必要だろう!優れたカウンセラーも必要だろう。」
このように考えること自体は決して間違っていません。その人は医学的な治療も受けるべきでしょう。しかし、私たちの理解がそれだけで終わってしまうなら問題です。
その人に優れた病院を紹介し、その人が入院するのを見て愛の実践をした!と満足するだけなら、私たちはまだこの世の文化の範囲内で行動したに過ぎません。

イエスの文化を私たちが持つならば、イエスと同じように考え、行動できるのです。

この悪霊に憑かれた人の問題は、実際に彼が悪霊に憑かれていたことにありました。
「レギオン」と言うのは千を意味することば通りに彼には大勢の悪霊が憑いていました。もし彼に精神に作用する薬を投薬しても、内面から彼を縛るだけで、本当の解決にはならなかったでしょう。この悪霊を追い出すことなくして、この人に解決はありませんでした。

このゲラサ人の記事は不思議なことが書かれています。それは悪霊達が豚に乗り移り、悪霊に憑かれた豚が湖になだれ落ちて溺れ死んだことです。
なぜこのようなことが書かれてあるのか?そしてイエスさまが悪霊に豚に乗り移ることを許されたのは何故か?不思議に思っていました。

もちろん私もこの世の文化で考えているから不思議に思えたのです!

しかしイエスさまは何を意図しておられたのか?イエスの文化に立って理解しようとしました。すると私にはこのことの意味が見え始めたのです。
今日でも自由神学の人々は奇跡や悪霊の存在を否定します。自由神学は科学的に証明できないものは認めないとする、人間の合理性に基づく神学です。つまり完全にこの世の文化で聖書を理解しようとする立場です。彼らは聖書に出て来る悪霊憑きをを精神に病を持った人だと理解します。それを聖書は古代人に分かり易いように悪霊憑きと表現したと考えるのです。しかし当時のユダヤにもサドカイ派のユダヤ人のように霊の存在を認めない人たちも存在しました。彼らは天使(悪魔)も霊も復活も否定しました。

弟子たちの中にもあからさまに悪霊の存在を否定する者はいなかったでしょうが、しかし悪霊憑きは単なる精神的な障害や気分の悪さを引き起こすぐらいの存在としてしか考えていなかったかもしれません。もしくは弟子の中にもサドカイ派の影響を受けて、悪霊の存在に対して懐疑的な弟子もいたのかもしれません。

その弟子たち(霊的な存在に懐疑的な私たちも含めて)に天国の文化を見せるために、体験させるためにイエスは例外的に悪霊を豚に乗り移ることを許されたのです!

天使も悪霊も存在しますが肉眼では見えません。
その霊的な存在が確かに存在することを証明するために、イエスは豚に乗り移ることを許されたのです。レギオン(千)と言う名の通り、2千頭の豚が湖になだれ落ちて溺れ死んだのです!

イエスさまは天上に穴を空けてつり降ろされた中風の人の癒しの時も、その人の罪が赦されたことを、肉体の癒しを通して証明されました。罪の赦しは目に見えませんが、その証拠として罪に起因していた中風を癒すことによって罪が赦されたことをパリサイ人達に見せたのです。それを通してイエスは人の罪を赦す権威を持っていることを示されました。

同じようにこのレギオンの記事を通して、私たちは天国の文化を学ぶことが出来ます。
まず悪霊は存在すること。悪霊に憑かれなら、その人は滅びに向かって進み続けます。
人間的な成長、善を行うこと、愛を行うことからはかけ離れた生活を送ります。
この根本的な解決は悪霊を追い出すまでないのです!
私たちは神の国と悪霊との戦いの中にある意味置かれているのです。
敵が分からなければ、戦いには決して勝利はありません。

しかし、イエスの命令、そしてイエスの御名に悪霊は逆らえないのです。
ここに私たちイエスに属する者には勝利があるのです!

皆さん、天国の文化、イエスの文化(世界観)を理解し、私たちもイエスの文化に生きるのなら、イエスのように考え、イエスのように行動するようになります。

しかし、このレギオンの記事を読んで、そして私のメッセージを聞いても、「それが私たちの生活と何の関係があるのか?」「悪霊なんて存在するはずがない!バカバカしい!」
「言っている意味が分かりません!」「恐いので考えたくありません」と言う反応を持つならどうぞ知ってください、その人はまだこの世の文化を頑なに保ち続けていることを。

「というのは、彼らはまだパンのことから悟るところがなく、その心は堅く閉じていたからである。」マルコ6章52節