「わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来た」
聖書箇所:ルカによる福音書:5章27から32節
牧師 小林智彦

【取税人レビ(マタイ)を弟子として受け入れるイエス】

「この後、イエスは出て行き、収税所にすわっているレビという取税人に目を留めて、『わたしについて来なさい。』と言われた。」(27節)

イエス様がご自分の弟子に加えようと招き入れたレビという人は取税人でした。
取税人という職業は当時のイスラエルの中では、とても非難され、憎まれる仕事でした。イスラエルはローマによって占領され、ローマの属国となっており、取税人はローマに納める為の税金をユダヤ人から取り立てていたのです。
その上、取税人たちはローマが課している税額以上に取り立てて、自分の懐に収めていました。だから取税人はユダヤ人からは外国人の手下とさげすまれ、違法な取り立ての故にさらに憎まれ、嫌われていたのです。
彼らは容赦なく税金を取り立てる、悪徳サラ金業者のようでした。
税金を払わない者には暴力を振るい、脅し取っていました。暴力団とあまり変わりません。これが取税人です。

イエス様はこの取税人レビをご自分の弟子にしようとされたのです。

そして、この箇所を良く読んで下さい。イエス様は一言も「おまえが取税人を止め、罪を犯さなくなり、立派な人物になったら弟子にしてやろう」とは言いませんでした。
つまり、レビが取税人のままで、そのままで弟子として受け入れられたのです。
イエス様はレビを受け入れるために、何の条件も付けませんでした。
無条件で取税人のレビ、悪徳サラ金業のレビ、暴力団関係者のレビを受け入れたのです!

これは驚くべきことだと思います!イエス様にとってはマイナスになることだからです。レビはこの前後の文章からイエス様がご自分の町とされていたカペナウムの町の取税人でした。イエス様はカペナウムの町で活動され、多くの人に慕われていました。
そのカペナウムの町で悪名高い取税人のレビを弟子として受け入れたら、これからは宣教活動がやりにくくなるのでは無いでしょうか?

ローマ法王がイタリアのマフィアと繋がりがあると聞いたら、皆さんどう思いますか?
ヤクザの幹部を教会の役員に加えたりしたら、皆さんはどう思いますか?
でも、同じくらい驚くことをイエス様はされたのです!

イエス様の愛は十字架の愛です!相手を愛するために、自分を失うことを恐れない。
イエス様は人の顔色を恐れない方、いつも人の目よりも天の父の願うことを行われます。

イエス様はご自分が町の人からどう思われるよりも、レビを愛し受け入れることの方がはるかに大切なことと思われたのです!

「レビという取税人に目を留めて」とあります。
イエス様はレビの何に目を留められたのでしょうか?
彼が取税人であると言うことに目を留められたのでしょうか?
イエス様にとっては職業や、地位、学歴、財産、ルックス、人脈、そのようなものは表面的なものであり、関心は無かったようです。イエス様が目を留められるのは上辺ではなく、私たちの心です。神の前に砕かれ、救いを求めている心、愛に飢え乾いている心です。

イエスはレビの心をご覧になり、無条件でレビを赦し、愛し、受け入れました。

【愛されて、赦されて、受け入れられて、悔い改めは起きる】

「するとレビは、何もかも捨て、立ち上がってイエスに従った。」(28節)

レビは何もかも捨てて、イエスに従いました!
レビはイエスの捨て身の愛、無条件の愛と赦しに全身全霊で応えました!
今まで一番求めていた愛に満たされ、そして愛に押し出された彼の本音でした。

レビは取税人としてローマの権力を借りて、人々の上に威張り散らしていました。
それは自分の存在を誰も認めてくれなかったからでした。

レビはお金をまき散らすことで、自分のまわりに上辺だけの友達を集めていました。
それはお金がなければ、ありのままの自分では誰にも愛されない、認められないと恐れていたからです。一人になって自分の惨めな姿を見つめたくない。

だから取税人という仕事は、悪いと知りつつもやめることが出来なかった!
自分の居場所を奪われるくらいなら、死んだ方が良いと彼は思っていた。

でもイエスはレビの心に気付いてくれた!
愛され、赦され、受け入れて欲しいと叫び続けるレビの心にイエスは気付いてくれた。
イエスはレビを無条件で赦し、愛し、受け入れた。
レビにとっては取税人の職業も、お金ももう必要では無くなった。
最も必要なものが与えられたから。彼の心はイエスの愛で満たされたから!

私たちは愛され、赦され、受け入れられるとき、罪から離れることが出来るのです!

罪から離れたら赦され、受け入れられ、愛される宗教では決して誰も救われません。
条件が付いている愛や、赦しなら、人は本当には変わりません。

イエスにある無条件の赦し、愛、そして受け入れられることを通して、私たちは罪から解放されていくのです!

先ず始めに、何もしていないのに赦されたレビは、本当の悔い改めができました。
何もしていないのに、何も出来ないのに愛されたレビは、生涯イエスに従いました。

悔い改めは決して私たちの努力や頑張りなんかじゃ出来ません!
私たちの努力や頑張りで罪に勝てるほど、罪は簡単なものではありません。
もし私たちが努力や頑張りで罪に勝てるなら、イエスが十字架の上で死ぬ必要はありませんでした。

罪に打ち勝つ力は愛と赦し、無条件に受け入れられる体験です!
だからイエスは十字架で私たちのために命を注ぎだして下さったのです。
キリストの十字架の死と復活により、私たちはありのまま神に受け入れられているのです。

レビが取税人のままで、先ず赦され、愛され、受け入れられたように、皆さんも、何をしなくても、出来なくても、ありのままで赦され、愛され、受け入れられているのです!
イエスは皆さんの上辺ではなく、その心を見つめ、抱きしめて下さるお方なのです。

これが恵みです。恵みとは無条件に赦され、愛され、受け入れられていることです。
この恵みの中に留まり続けて下さい!そこから命の変化が生まれるのです。

【愛されると、愛せるように心が変えられていく】

「そこでレビは、自分の家でイエスのために大ぶるまいをしたが、取税人たちや、ほかに大ぜいの人たちが食卓に着いていた。」(29節)

レビは取税人の仲間、税金を取り立てるために使っていた暴力団、また売春婦や酒飲み友達を集めてパーティーを開きました。イエスに愛された喜びを分かち合うためです!

イエスに愛され、赦され、受け入れてもらうと、自発的に救われた喜びを分かち合いたくなるのです!自然にスモール・グループ、コイノニアが生まれてくるのです。
(レビが開いたパーティは転職祝いのパーティーでしたが。)

イエスの愛を受けることです! 愛されるとき、私たちは愛せるように変えられます。
赦されると、人を赦せるように変えられます。受け入れられると、人を受け入れられるように変えられます。 これが人間の心なのです!

【パリサイ人・律法学者はどうして生まれるの?】

「すると、パリサイ人やその派の律法学者たちが、イエスの弟子たちに向かって、つぶやいて言った。『なぜ、あなたがたは、取税人や罪人どもといっしょに飲み食いするのですか。』」(30節)

せっかくの楽しい、喜びに溢れていたパーティをぶち壊しにする人たちが登場します。
パリサイ人・律法学者と呼ばれる人たち、つまり宗教家たちです。
イエスに受け入れられた喜びを純粋に分かち合っていたレビや、その知らせを聞いて、神の愛に心を開いていた人を踏みにじる人たちです。

でもこういう人たち、パリサイ人・律法学者のようなクリスチャン、いませんか?
クリスチャンでもパリサイ人・律法学者に簡単になってしまいます。

なぜパリサイ人・律法学者が生まれるんでしょうか?

私たちが頑張りや努力によって罪を犯さないようにすると、直ぐにパリサイ人になります。私たちが聖書の知識や宗教的な行為によって、自分の頑張りで正しい人になろうとすると直ぐにパリサイ人・律法学者になってしまうのです!
教会の中で認められようと良いクリスチャンを演じると、簡単にパリサイ人・律法学者になります。

神に愛されていること、赦されていること、受け入れられていることが分からないまま、恵みに押し出されて歩まないで、自分の努力や頑張りで信仰生活を進んでいくとパリサイ人・律法学者になってしまうのです。

愛されている、赦されている、ありのまま受け入れられているのは恵みです!
恵みによって押し出されて歩むとき、自由があり、喜びがあります。

しかし、「○○しなければならない!」「クリスチャンはこうであらねばならない!」で、進んでいくと肩に力が入ってきます。頑張っているから変な所に力が入るんです。
力が入ると不自然な動き、動作が生まれます。
ありのままではなくなる!ありのままじゃないから疲れる!疲れるから楽しくない!
喜んでいるクリスチャンを見るとムカついてくる!
自分と同じように苦労させてやりたくなる!
こうして教会の中にいじめが生まれ、互いにつぶし合い、そして誰も居なくなるのです!

「○○しなければならない!」、「クリスチャンはこうであらねばならない!」、クリスチャンは頑張らなくちゃならない!この考えが教会を、救いの喜びを、キリストの愛を破壊するのです! これは律法主義と呼ばれる態度です。

イエスはこの律法主義を十字架の上で滅ぼしたのです!
「キリストが律法を終わらせられたので、信じる人はみな義と認められるのです。」
:ローマ人への手紙10章4節

イエスはご自分を信じる者をそのままで赦し、愛し、受け入れて下さったのです。
これが恵みの世界です!ただキリストに信頼し、キリストの恵みに押し出されて歩むとき喜びと自由、平安があるのです!

だから「○○しなければならない!」、「クリスチャンはこうであらねばならない!」、クリスチャンは頑張らなくちゃならない!と自分も他人も裁いている人たちがいたら、その考えを捨てて下さい。十字架に釘付けにして滅ぼして下さい。
これは日本の教会に蔓延しているサタンの嘘、教会を破壊する呪いです!

【医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です】

「そこで、イエスは答えて言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。」(31節)

パリサイ人・律法学者ではなく、レビのように愛され、赦され、受け入れられるのに必要なことは、自分が病人であることを認めることです。
自分の力では決して罪の問題を解決出来ない病人であることを認めることです!

パリサイ人・律法学者は自分の努力・頑張りで罪を犯さないようになったと思っている人たちです。だから罪の問題に解決を与えるイエス様が必要だと認めませんでした。

しかし、レビは自分が自分の力では罪に勝てないことを認め、イエスを必要としていることを認めたのです。自分を病人と認めることが、イエスの愛に心を開くことです。

【悔い改めは恵みの中にのみ起きる】

「わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。」(32節)

イエス様の願いは私たちが罪を犯さなくなることです。
なぜなら誰一人、罪を犯して幸せになった人はいないからです。
でもイエス様は宗教家のように、罪を犯さなくなったら受け入れよう、愛してあげよう、認めてあげようとは言われませんでした。
私たちが罪に抵抗出来ない病人、生まれながらの罪人であることを知っていたからです。

だからイエスは私たちの罪を代わりに十字架の上で背負い、罰を受けてくれました。
イエスだけが私たちの罪を赦して下さる方です。イエスはイエスに心を開く全ての者を先ず赦し、愛し、受け入れて下さるのです!

イエスは私たちが恵みの中に安らぎ、癒され、恵みの中で心が変えられていくことをじっと待っていて下さる方です。

愛された者は愛するように変えられていく!赦された者は赦せるように変えられていく!受け入れた者は人を受け入れられるように変えられていく!
これがイエス様の方法です。

イエス様は愛と赦しをエクレシアに委ねました。
エクレシアの中にこそ、無条件の愛と赦しがなくてはなりません。
互いに裁くことを捨てましょう。そこから始めましょう。
頑張りや、努力を押しつけることを止めましょう。