「正しい人はその信仰によって生きる」
ハバクク書2章4節

小 林 智 彦

「見よ。心のまっすぐでない者は心高ぶる。しかし、正しい人はその信仰によって生きる。」:ハバクク書2章4節
10月31日は宗教改革記念日でした。
1517年にマルティン・ルターがカトリック教会の免罪符に反対する95箇条をウィッテンベルク城内の教会の扉に掲示した日であります。
当時のカトリック教会は堕落していました。福音の真理が覆われていました。
人が義と認められるには信仰だけでは不十分である。宗教的な善行や修行、それでも不十分だから罪が赦されるために免罪符を買いなさいと教えていました。
免罪符の効果を高めるために、免罪符を買うならば悔い改めも必要ない!と教えました。
それ程までにして免罪符を売りたかったのは、カトリック教会がバチカンに建てたサン・ビエトロ大聖堂の建築資金のためでありました。
当時のカトリック教会は、監督の職が金で売り買いされるほど腐敗していました。
教会堂を建築する金集めのために、十字架の贖いを否定して免罪符を売ったのです。

しかし、ルターに代表される宗教改革により福音の真理は再び明らかにされたのです!
宗教改革を二つの言葉で現すことが出来ます。
1.信仰のみ!2.聖書のみ!です。

神が私たちの罪を赦し、義と認め、子として下さるのはイエスを信じる信仰のみです!
何の良い行いも、難行苦行も、もちろん免罪符もいらない!イエスを信じるだけなのです。私たちの罪を代わりに背負い、私たちへの罰と死を身代わりに受けて下さった、神の御子イエス・キリストを自分の救い主として、信じ受け入れるだけで救われるのです!
これが福音です!これが恵みです!これがキリストが成し遂げて下さったことです。

そして私たちが信じ、信仰の土台とすべきは神の誤りない言葉である聖書のみなのです。これがプロテスタント教会の共通の土台です!
そして、この信仰のみ!を支える聖書の言葉の一つとして用いられた箇所が、今日ともに分かち合うハバクク書2章4節の「正しい人はその信仰によって生きる」なのです。

私たちは、この箇所から信仰によって義と認められた私たちがどの様に生きるべきなのかをともに学びたいと思います。

【神の国と神の義を求める生き方】

ハバクク書における義人の生き方とは、まさにハバククの中に見られる生き方です。
ハバククはいったいどの様に生きたのでしょうか?

「主よ。私が助けを求めて叫んでいますのに、あなたはいつまで、聞いてくださらないのですか。私が『暴虐。』とあなたに叫んでいますのに、あなたは救ってくださらないのですか。
 なぜ、あなたは私に、わざわいを見させ、労苦をながめておられるのですか。暴行と暴虐は私の前にあり、闘争があり、争いが起こっています。
 それゆえ、律法は眠り、さばきはいつまでも行なわれません。悪者が正しい人を取り囲み、さばきが曲げて行なわれています。」:
ハバ クク書1章2節~4節

ハバククはユダの中で行われていた暴虐、争い、不正に対して心を痛めていました。
彼はユダの中で神の義が忘れられ、愛が行われないことに心を痛めていたのです。
彼は神の義と神の愛がユダの中で行われるように、心から神の助けを求めて叫びました。

皆さん!私たちもハバククの心を主によって与えて貰いましょう。
新聞、ニュースをみれば心の痛む記事が何と多いことでしょうか?あまりに悲惨な出来事が多い故に私たちの心は麻痺しているのではないでしょうか?
ハバククが嘆いた以上の暴虐と不正がこの日本では行われています!
この日本の為に主に叫ぶのは、私たちクリスチャン以外にはいないのです。
ハバククはユダが神の国となり、神の義が行われることを心から叫び求めていました。
主も、私たちが日本に神の国と神の義がもたらされることを願うように求めています。

神の国と神の義を求めて、神に叫び、心痛め、とりなし祈ることは義人の生き方です。
義と認められた私たちは、義人の心が与えられるように主にまず祈り求めましょう。
義人は決して自分の事だけを祈り、自分の為だけに生きる自己中心の者ではありません。義人として相応しい、熱い心を主に求めましょう!

【どんな時にも、神を疑わない人】

「主よ。あなたは昔から、私の神、私の聖なる方ではありませんか。私たちは死ぬことはありません。主よ。あなたはさばきのために、彼を立て、岩よ、あなたは叱責のために、彼を据えられました。」:ハバクク書1章12節

日夜、神を叫び求めていたハバククに神は答えられました。
神は私たちの祈りに必ず答えて下さいます。答えられない祈りは決してないのです!
もう一度言います!私たちが祈る祈りを神は全て聞いておられ、必ず答えて下さいます!

しかし、私たちの求める答えと、神が与える答えとは違うときがあるのです。
私たちが求めていた通りに、神が答えて下さるとは限りません。
しかし、神が与えた答えこそ最善であると受け入れることが義人の信仰なのです。

ハバククはユダが悪から清められることをひたすら叫び求めていました。
その求めに対する神からの答えは、ハバククをひっくり返るほど驚かすものでした。
それは異邦人であるカルデヤ人、新バビロニア帝国による国の滅亡であったのです。

ハバククはユダ国が清められることを願っていました。ユダ国の正しい繁栄を願ったのであって、他国による侵略、また滅亡では決してありませんでした。
しかし、神はハバククの祈りに新バビロニア帝国による滅亡をもって答えられたのです。

神様!祈っていたものと全然違うじゃないですか!

皆さんも、同じような体験はありませんか?
祈り求めていた答えと、神が与えた答えがまるっきり違う。願わなかったことが答えられた。その様な経験はありませんか?私たちはこの様なときにつまずきを覚えるものです。

主は祈りに答えて下さらなかった!主は自分を愛していない!

しかし皆さん、預言者ハバククでさえ、祈り求めていたのとは違う答えが与えられたのです。神は愛してないから祈りと違う答えを与えるのではありません。
私たちを愛しているからこそ、最善の答えを私たちに与えて下さるのです。

「『わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。――主の御告げ。――
  天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」
:イザヤ書55章8.9節

私たちの目から良いと思えることが、必ずしも最善とは限らないのです。
主なる神は私たちの父なる神です。父なる神はいつでも最善を私たちに与えるのです!
「主よ。あなたは昔から、私の神、私の聖なる方ではありませんか。私たちは死ぬことはありません。」:ハバクク書1章12節

ハバククは考えもしなかった祈りの答えを受けたとき、不信仰に受け止めることをしませんでした。彼は答えを与えた神の御性質を思い出したのです。
神よ!あなたは私の神!聖なる方!、神に希望を置く者を決して滅ぼさないお方!

私たちは更にイエス・キリストによって神様の愛の性質を知っている者です。
神は無条件の愛をもって私たちを愛して下さる方。市場で売られている雀の命さえ、気にかけておられる方。イエス・キリストを通して赦しと永遠の命を与えて下さった方。
これほど愛と恵みを与える方が、子供の願いに不真実であることがあり得るでしょうか?

パウロもローマ8章32節でこの様に語っています。

「私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。」:ローマ8章32節

これが私たちの祈りの確信です。神は必ず祈りに最善の答えを与えて下さる。
ハバククは神の御性質を思い起こし、神からの答えを信仰をもって受け取りました。
これが義人に相応しい信仰です。
私たちも、神に祈りましょう!神は必ず最善をもって答えて下さいます。

【神の言葉を求め続ける】

ハバククは神からの答えを信仰をもって受け止めました。しかし彼は不信仰からではなく、その答えが何を意味しているのか、更に深い神の御心を求め続けました。

「私は、見張り所に立ち、とりでにしかと立って見張り、主が私に何を語り、私の訴えに何と答えるかを見よう。」:ハバクク書2章1節

ハバククは神の答えを更に求め、深い御心を求めて見張り所に立ちました。
今日における見張り所は何処でしょうか?何処が神の御心がハッキリ示される場なのでしょうか?
それは皆さん!聖書を開くことです。聖書こそ、神の御心が示される場です。

私たちはハバククのように、神の国と神の義を求めて心から叫んでいるでしょうか?
神からの答えを信仰をもって受け止めているでしょうか?
更に深い主の御心を求めて見張り所、即ち聖書を開いて神の御心を求めているでしょうか?
主は聖書を通して更なる約束を与え、また私たちがなすべきことも示すのです。

「主は私に答えて言われた。幻を書きしるせ。これを読む者が急使として走るために、板の上にはっきり書きしるせ。
 この幻は、なお、定めの時のためである。それは終わりについて告げ、まやかしを言ってはいない。もしおそくなっても、それを待て。それは必ず来る。遅れることはない。」
:ハバクク書2章2.3節

聖書には世の終わりを生きる、義と認められた神の民がなすべき幻で満ちています。
それはただ幻に終わらず、この終わりの時に確実に実現、成就すべきものばかりです。

「これを読む者が急使として走るために」とあるように、私たちは福音の良き知らせと、世の終わりを一人でも多くの人に宣べ伝えることを主は願っているのです。

義人としての相応しい生き方、それは神の義を宣べ伝える為に走るものであります!