「 放 蕩 息 子 」
聖書箇所:ルカによる福音書15章11節から24節

小 林 智 彦


【放蕩息子のたとえ話】

放蕩息子のたとえ話はとても有名な話です。何回も聞いたことがあるかもしれ ません。
しかしこのイエス様が語られた喩えほど、父なる神の愛を表しているものはあ りません。
まさに「父のふところにおられるひとり子の神が、神を解き明かさ れた」とあるように、
イエス様だけが語り得る、父なる神の私たち人間への大 きな愛の物語です。

「神は愛である!」これが私たちの信じる神です。これが原点です。
真の神を知りたいと望んでいる方は、この喩えに登場する父の姿を良く見てく ださい。
この父こそ、天と地を創造され、御子イエスを私たちに与えられた父なる神の 姿です。
そして、この喩えに登場する放蕩息子こそ、私たち一人ひとりの姿なのです。

【父のもとを離れた放蕩息子】

15:11 またこう話された。「ある人に息子がふたりあった。
15:12 弟が父に、『おとうさん。私に財産の分け前を下さい。』と言った。
   そ れで父は、身代をふたりに分けてやった。
15:13 それから、幾日もたたぬうちに、弟は、何もかもまとめて遠い国に旅 立った。
   そして、そこで放蕩して湯水のように財産を使ってしまった。:ルカ15章11から13節

弟は父が生きているにもかかわらず、父の財産の分け前を求めました。
父に対してこんな失礼な態度はありません。あまりにも自己中心、自分勝手な 要求です。
莫大な財産を手にした弟は、愛する父や家族と離れ、遠い国に旅立ちました。
弟には自分で自由に出来るお金の方が、父の愛や家族よりも大切に思えたので しょう。

皆さんにとって、いちばん大切なものは何ですか?愛ですか?それともお金で すか? 仕事ですか?
それとも家族ですか?皆さんは何を目標に生きていますか?
私たちが人生で一番大切にするもの、それが私たちの人生を導きます。 何を目標に生きるのか?
それは必ず自分の人生に大きな影響、結果を与えま す。 弟は父や家族と一緒にいることよりも、
お金を、快楽を優先しました。 多くの人が決して一番にしてはならないものを人生の一番の目標にしていま す。
その結果、家庭が崩壊し、行き場を失ってさまよっている人が何と多いでしょ うか。

弟は決して人生の目標の一番にしてはならない快楽を一番にしたため、
また決 して頼りにしてはならないお金を頼りにしてしまったため、直ぐにその結末を 見ることになりました。

【放蕩の結果】

何もかも使い果たしたあとで、その国に大ききんが起こり、彼は食べるにも困 り始めた。
それで、その国のある人のもとに身を寄せたところ、その人は彼を 畑にやって、豚の世話をさせた。
彼は豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいほ どであったが、だれひとり彼に与えようとはしなかった。
:ルカ15章14か ら16節

聖書はこう言います「人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになる」ガラ テヤ6:7

弟は父や家族よりも快楽、お金を愛し信頼したのでその結果を刈り取ることに なりました。
食べるのにも困り始め、豚の餌で腹を満たしたいほど貧しく、落 ちぶれてしまったのです。
イエス様はこのたとえをユダヤ人に語りました。ユダヤ人は豚を嫌い、決して 食べません。
ユダヤ人にとって豚を飼う仕事というのは、決してやりたくない 仕事だったのです。

放蕩息子の落ちぶれた姿を見ると、この様にはなりたくない!と思います。 しかし放蕩息子は幸いでした。
なぜなら自分が間違っていたことが分かったの です。
私たちは壁にブチ当たって初めて自分の間違いを悟ることが出来るのです。
どん底にまで陥って、初めて自分の生き方が、目標が間違っていたことを悟れ るのです。

悪賢い人は、悪い結果を刈り取らないように刈り取りを逃げている人がいま す。
しかし、それは長い目で見たら一番愚かな生き方です。
この世で刈り取らなかったら、あの世で刈り取ることになるからです!

しかし、自分の間違いを悟り、人生をやり直せるのは生きているとき以外には 無いのです。
ですから!いま人生に行き詰まりを覚えている方、どん底を体験されている方 は幸いです。

自分を導いてきた価値観、目標が間違っていたことを身をもって 体験した方は幸いです。
やり直すことが出来ます!この喩えの中に、私たちが 帰るべき場所が記されています。

【悔い改める放蕩息子】
15:17 しかし、我に返ったとき彼は、こう言った。
   『父のところには、パンの あり余っている雇い人が大ぜいいるではないか。それなのに、私はここで、
   飢 え死にしそうだ。
15:18 立って、父のところに行って、こう言おう。「おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を
   犯しました。
15:19 もう私は、あなたの 子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。」』
:ルカ 15章17から19節

私たちが帰るべき所は、放蕩息子と同じ父の所です!天地を造られた父なる神 の所です!そこが原点です。
父の所にはパンの有り余っている雇い人が大勢い るのです。 無くなることのないもの、神の愛と喜び、
平安と安らぎが満ちている場所で す。
しかし、多くの人が帰るべき場所を知りながら帰ることが出来ないで終わって しまいます。

特に日本人に多いのです! 自分の過ち、失敗を認めることが出来ないからな のです。
私たち日本人にはサムライ精神があります。これは腹切りの精神です。 間違いを最後まで認めようとしない、
認めたら最後、腹を切らなくてはならな い。

自分の価値観が間違っていて、壁にブチ当たり、どん底にいても認めようとし ない!
自分が間違っていることを認めたら終わりだ! 
皆さん!自分が間違っていたことを認めることは決して終わりではありませ ん。

確かにつまらないプライドはそこで終わるかもしれません、しかし救いは始ま るのです。
自分の今まで持ってきた価値観、目標、プライドを捨てて、天の父なる神に向 き帰ること、
これが救いの始まり、悔い改めなのです。悔い改めること無くして、救いはあ りません!

そして悔い改めとは、天国に相応しい聖人に修行してなることではありませ ん。
自分の価値観、目標が間違っていた!これからは天の父なる神さまを第一にし ます!
父なる神さまの方に向きを変えること、それが悔い改めなのです。

【家に帰る放蕩息子】

15:20 こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ 家までは遠かったのに、
   父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼 を抱き、口づけした。:ルカ15章20節

キリスト教は宗教ではない!ティム牧師も私も言い続ける理由はまさにここに あります。

宗教ならば、難行苦行して、天国に相応しい者に自分で成らなくて はならないのです。
沢山の善行をおこない、聖人に成らなくては天国にたどり着けないのです。
しかしイエス様が与える救いはそうではないのです!

父なる神さまの方が、豚臭い、泥だらけの罪にまみれた息子に走り寄って下さ るのです!
私たちの努力で天にまで帰ろうとしたら、何時までたっても帰るこ とは出来ません。

しかし、天の父なる神は御自身が走り寄って私たちを迎えて下さるのです!
ここに、まことの神の愛が現されています。 家まで遠くても、父なる神は私たちを見ておられるのです。
父は私たち放蕩息子が罪を犯して家を出た時から、私たちの帰るのを待ってい たのです!
私たちが父の方に向き返り、一歩踏み出すだけで、父の方から迎えに来て下さ るのです!

【救いは恵みである!】

息子は言った。『おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪 を犯しました。
もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。』ところ が父親は、しもべたちに言った。
『急いで一番良い着物を持って来て、この子 に着せなさい。それから、手に指輪をはめさせ、
足にくつをはかせなさい。そ して肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうではないか。
この息 子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだか ら。』
そして彼らは祝宴を始めた。:ルカ福音書15章21から24節

イエス・キリストが私たちに与える救いは恵みであると言われます。
恵みとは受けるに価しない者が、何の行いにもよらず一方的に与えられるもの であります。

放蕩息子は自分でも言うように、再び子供として認められる資格 はありませんでした。
しかし、父が与えた一番良い着物、手の指輪、靴は全て子供としての特権を現 しています。
父は資格や行いが無いにも関わらず、放蕩息子をもう一度自分の子としたので す。

恵みです!私たちも、神の子として認められる資格も行いも無いにも関わら ず、
ただキリストによって神の子供として受け入れられるのです。

「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分 自身から出たことではなく、
神からの賜物です。行ないによるのではありませ ん。だれも誇ることのないためです。」:エペソ2章8.9節

私たちは恵みによって救われるのです。しかし恵みは決してタダなのではあり ません! 私たちが支払うべき、罪の代価をキリストが代わりに十字架上で支払われたの です。